ニカお食い初め

 夫です。

 昨日のブログで少し書きましたが、今度はニカのお食い初めの話。

 両家の両親が揃うということで、セラ誕生日会と同日にしました。

 いやー、お食い初めって、セラの時は6年前だからほぼ忘れています。

 どんな順序だったっけ。

 ということで、妻がネットで調べてくれました。
 ごはん→お吸い物→ごはん→魚・・・
 
 「それを3回繰り返す」って、めちゃくちゃ工程が多いな!

20170909_11

20170909_4

20170909_10

20170909_9

20170909_8

20170909_7





 まぁ、とはいえ、スピードアップしながらも完遂。
 儀式なので、そこら辺テキトーな私と違って、妻はきっちり進行していました。
 工程ごとに担当を替えたので、両家の両親やら私たちも代わる代わるでバタバタ。
 当の本人は涼しい顔をしていました。
 (確か、セラの時も同じだったけど)箸を近づけると、口を開けるニカ。
 このまま本当に食べてしまうのではないか、と盛り上がりました。


20170909_12




 ニカは、セラの時よりも成長スピードが早く、体重増加中。
 この前は、妻が周りの人に「うちは5か月だけど、同じくらい?」と言われたそうです。
 (※ ニカは生後3か月です)
 膨れた餅のようなお腹をしていますが、他の子より大きいんだろうなぁ。
 その証拠に、今の時点でバンボに座ると太ももがキツそう・・・





 最近は、ようやく私のことも認識したようです。
 ただ、私の方がまだニカのことをうまくハンドリングできないことが多くあります。
 色々やって、それでも泣かれて、最終的にエルゴに入れて寝る、とか。
 「あー、はいはい、眠かったのね」
 と、結果から遡って泣いていた理由が分かることがザラです。
 ま、仕方ないか。
 
 そうそう、最近、友人のSNS経由で見た記事が不愉快でした。
 うーむ、誤解しているし、自分の意見を無理やり押し付けている気がします。

 こういう記事をよく平気で公開できるよな、と信じられない気持ちです。

 自分は自分でマイペースでいこうと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラ誕生日会

 夫です。


 少し早いですが、週末にセラの誕生日会をしました。

 当日は、チアリーディングのステージ@夏祭りもありました。

 その後に誕生日会ということで、なかなかハードスケジュール。

 (実際には、ニカのお食い初めもあるという詰め込んだスケジュール)




 セラは、既に誕生日プレゼントを買ってもらっていましたが、解禁は我慢していました。
 子供なのに、よく我慢できるなぁ・・・と感心します。
 普通は我慢できずに見ちゃいますよねぇ。
 その分、誕生日会では、プレゼントを一気に上げて喜びを爆発させていました。

 そして、セラは「おもてなし」なのか、皆にプレゼントを用意していました。

 アイロンビーズでコースター作りを当日ギリギリまでやっていました。

 こういうおもてなし精神と製作大好きなところは、妻似ですね。

 (写真は私がもらったもの。ちなみに、ニカの分まで作っていました)

20170909_1



 両家の両親もそろって参加したので、当日は賑やかでした。
 皆に祝ってもらえるのは、幸せなことですね。
 今年の壁装飾は、昨年よりも更にハードルが上がり、私も妻も苦戦しました。
 (ここたまは良いとして、プリパラとかアイカツとか・・・もう難しい)
 ただ、例年とは異なり、前日の夜にヒーヒー言わないように少し早めに準備。
 そのため、苦戦しつつも、精神的には余裕を持って準備することができました。
 (とはいっても、前日が飲み会のため、飾り付けは妻に任せましたが・・・)

20170909_5

20170909_6





 セラもそろそろ6歳。
 来年には小学生になります。
 ニカの面倒をよく見てくれる優しい子になりました。
 内弁慶の所をなくして、もっと外向きに楽しく活動できれば尚良しです。
 さて、どんな1年になるのか。
20170909_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸上新時代

 夫です。

 ついに、桐生選手が「日本人で初めて」100mで10秒台の壁を破りました。

 9秒98。

 為末大さんのブログにも書かれているように、これから周りの意識は変わります。

 今まで破られることがなかった「壁」が、「目標」というものに変わる。
 そして、その後には「基準」くらいになっていくでしょう。
 今、日本男子の短距離界には、かつてないほどスプリンターが揃っています。
 サニブラウン、ケンブリッジ、多田、山縣・・・
 これから更に増えていくと思います。
 勝負という意味では、日本選手権という国内最大の大会がステージでしょう。
 ただ、それとは別に「記録」という点でも、これから更に10秒を切る選手が出てきます。
 「記録」だと、全員がバラバラの場所にいても競うことができます。
 だから、日本選手権を待たずとも、色んな大会で勝負しているんです。





 それにしても、今回、10秒を切ったのが桐生選手で良かったと思う人も多いはず。
 今まで「最も9秒台に近い男」と言われながら、切れない日々が続きました。
 「悔しい」という言葉だけでなく、「すみません」というのは皆の思いも背負っていたから。
 それだけ期待され続けてきました。
 しかし、そのうちに他の選手の台頭もあり、序列が変わってきたのが今年。
 今年は、世界陸上で100mの出場権も逃していました。
 そんな中での9秒98は、「やっぱり桐生」という復活を予感させるもの。
 気の毒なくらい背負い続けてきた彼が最初に9秒台を出したのは、ホッとしました。






 そして、これからが本当の闘い。
 世界的にもボルトが引退して、どうなるんだという雰囲気に包まれています。
 日本は競歩やリレーだけでなく、短距離でも世界で勝っていきたい。
 そのためには、9秒台はスタートラインでしかありません。
 それを選手自身が良く分かっているからこそ、競争は激化します。
 見ている方は、更に楽しみが増えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵を描きまくる

 夫です。

 最近、家に帰ってくると絵を描いています。

 1つは、そろそろセラの誕生日が近づいていること。

 セラの誕生日には、毎年、壁に飾り付けをします。

 いつの頃からか、セラが好きなキャラクターを描いて飾るようになりました。

 私と妻の共同作業です。
 両家の両親が来る誕生会が近づくと、私と妻の共同作業が始まります。
 年々、要求レベルが上がってるのがポイントです。
 最初はアンパンマンだったのに、最近だとアイカツスターズ。
 もう絵のレベルが一気に上がってしまって大変です。




 そして、もう1つは、セラの卒園アルバムです。
 卒園アルバムで、クラスごとのページがあるらしいんです。
 セラのクラスは、「将来なりたいもの」がテーマ。
 過去の制作物を見ると、顔写真に絵の胴体を組み合わせたものが多そう。
 そこで、過去作品を上回るものを・・・と考えていたら、妻が一言。
 
 「うちの旦那、絵が描けるよ」
 これですべての方向が決まってしまいました・・・。
 そして、それを後で知った私ですが、(以下省略)結局受けることにしました。
 ただ、クラスの子全員分ということで、21体描くことになります。
 これはこれでなかなかのハードワークになりそう。
 会社からの帰りの電車でも、いろんな職業の制服やポーズをネットで研究しています。
 (この前は、アイドルの衣装やポーズばかり検索して変人と見られたかも・・・)
 まぁ、担当役員も「良いものを作りたい」という気概があるので、とことん付き合います。




 今夜も、これから描かないとな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片道6キロの散歩道

 夫です。

 今日は、家族で北千住まで行ってきました。

 歩きで。

 歩きって、我が家から北千住まで片道6キロあります。

 もうすぐ6歳になる長女と、生まれてちょうど3か月の次女。

 さすがに次女はベビーカーに乗せるとしても、なかなかの距離。

 google mapで調べても、当然大人の足を前提にした時間が出てきます。



 でも、今日は天気のいい日で、正に散歩日和。
 私も妻も散歩が好きで、セラが生まれたときもよく歩いていました。
 片道2時間半なんてザラですからね。
 となると、あとは長女セラがどれだけ歩くことができるか、です。
 幸い、晴れていると、荒川沿いは気持ちが良いんですね。
 妻は、思わず「3年B組~!」と叫んでいました。
 セラは、それに対して、「きんぱつ先生~!」と(笑)。
 (確かに、昔、「3年B組金髪先生」というロック講座の深夜番組がありました)

20170903_2




 水分補給をしながらですが、荒川沿いの土手を歩くのは気持ちのいいものでした。
 私は、荒川沿いでやっている野球やサッカーなどを見ながら。
 セラは、運動会が近いからか、何かと走りたがっていました。
 途中でバスに乗ろうと考えたこともありましたが、セラが頑なに固辞。
 「北千住まで歩き通したらサーティーワンのアイスを食べてOK」という約束からでした。
 それがあっても、子供ながらによく歩きました。
 荒川沿いから宿場通りに入ると、面白い店も多くて寄り道しながら。
 
 たまたま見つけた団子屋さんは、美味でした。

20170903_3




 そんなこんなで無事に北千住に到着。

 約束どおり、セラはサーティーワンのアイスをGETしていました。

 歩くのは健康にいいと言いますが、1人だと億劫になりがち。

 皆で歩くと意外と長い距離でも歩けちゃうもんですね。

20170903_1

20170903_4
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏祭りの季節もそろそろ終わり

 夫です。



 今日は、マンションの夏祭りと実家マンションの夏祭り。





 セラは、もう何年も祭りを楽しんできているので慣れてきました。

 が、人前に出るとウジウジしてしまうのが難点。

 家にいると、口が達者なんですが・・・

 外に出ると私の手を握って、なかなか離れないんです。

 さすがにゲームは「ほら、行って来い」と背中を押しますが、自信なさそうな背中。

 それでも、おずおずと祭り用の券を出して、なんとかゲームをやっています。

 終わると「楽しかった」と言うけど、単にルーティンで言っているような・・・





 そんな中、今日は妻が射的で大当たりでした。

 子供がいるので、最初は遠慮していました。

 が、実際に鉄砲を握ると、一番良い商品(dyson掃除機)を狙っていました。

 結局、dysonは外したものの、小物をいくつも当てていました。






 


 ニカは当然まだよく分かっていないので、エルゴに入れて移動。

 エルゴの隙間から見ていました(笑)。







 そろそろ8月も終わり。

 セラは来週から幼稚園です。

 夏祭りもそろそろシーズンが終わり、9月以降の秋はフェスの季節かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ島で貝殻拾い

 夫です。



 有休をもらった先週金曜は、家族で江ノ島に行ってきました。



 始まりは、セラの「きれいな貝殻を拾いたい」というオファーでした。



 どうせ海に行くなら・・・ということで、最初は小田原を目指していました。



 (小田原にはお魚センターという場所があり、浜焼きBBQが楽しめるんです)



 が、いざ出発してみると天候が悪いうえに、小田原まではかなり遠い。

 ということで、海老名SAで方針変更して、江ノ島に向かうことにしました。





 


 江ノ島に着いてみると、すっかり晴れていて人出も多く、賑わっていました。

 平日ですが、夏休みということもあって、若い人も多かったように見えます。

 私たちも早速車を停めて、ニカをベビーカーに乗せて出発です。





 


 まず、江ノ島のメインストリートを散策。

 妻が「たこせんべいの作るところをセラに見せよう!」というので店を探索。

 すぐに見つかるも、大行列になっていたので、とりあえずスルー。

 上の方まで行くと、江ノ島神社に続く階段が見えました。

 左にはエスカー(ケーブルカーかな)も見えましたが、迷わず右の坂道を選択。

 が、ベビーカーには急すぎる斜面を登るはめになるのでした・・・。

 噴き出す汗を拭いながら登り、行き着いた先には喫茶店(魚見亭)が!!

 なんと、ここは海が見える絶景スポットでした。

 座席の一部が張り出していて、正に絶景のパノラマビュー。



 さすがにここまで来る人はこの日は少ないらしく、良い席を確保できました。

 うむ、ここで飲むアイスコーヒーは格別ですな。







 満足して坂を降りると、行きで見たたこせんべいにはまだ行列が・・・。

 ここは並ぶべきか、と思いきや、普通に売っているたこせんべいを発見。

 なるほど、出来たてアツアツのせんべいを欲しい人たちが並んでいるだけか。

 店のおばちゃんも、「同じものよ~」と言っていました。

 ということで、たこせんべいをGET。







 その後、もう夕日が出ていたので、急いで橋を渡って貝殻拾いへ。

 妻とニカを置いて、私とセラで海岸に走っていきました。

 それほどきれいとは言えない海ですが、よーく見ると貝殻が落ちています。

 欠けている貝殻もありますが、きれいな貝殻も少しありそうです。

 これをセラと拾って、海水で砂落とし。

 と思って足首くらいまで水に浸かっていると、セラは波でずぶ濡れになっていました。

 が、セラはこれが相当面白かったようです。

 貝殻を拾っては海へ行き、洗っては自分もずぶ濡れになっていました。

 おいおい・・・着替えを持ってきて良かったよ・・・。

 結局、これを飽きるまで繰り返し、なのにそれほど数も拾えずに終了。

 ま、セラは満足したので良しとしよう。










 そもそも、この日は昼出発だったので、帰りもかなり遅くなってしまいました。

 それでも、思いつきで出発した割には充実したプチ旅行になりました。

 こういうことが意外とずっと思い出に残るものですよね。

 今年はニカも生まれたばかりで遠出ができないですが、少しずつ出かけています。

 その中でセラも楽しい思い出になればいいなと思っています。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

1人焼き肉

 夫です。

 平日ですが、今日は妻たちが実家に帰っているため、夕食は一人。

 思ったよりも早くオフィスを出ることができました。

 そこで、迷った挙句、人生で初めての1人焼き肉に挑戦することにしました。

 会社から少し歩いた先にあった表参道の「富士家」です。


 前から「1500円 焼肉食べ放題」の看板が気になっていたんです。







 元々、おひとりさまが苦手な私。


 以前にも1度、1人焼き肉に挑戦しようとしたことがあります。


 が、行列の中、入り口付近の4人席に通され、周りの目が怖くてキャンセル。


 そんな私の中では、「1人焼き肉はかなりハードルが高い」ことだったんです。


 当然、今日も店の前を2往復しました。


 でも、1人用のカウンター席もあるし、店も空いていたので「これはイケる!」と決心。


 通されたのは、一番奥のカウンター席でした。





 最初に、肉のセットと前菜の数種。


 そこに、ライスとスープを足し、アルコールはなしでお冷を注文。


 うーむ、1人だとスペースが広く使えて良い。


 そして、いざ肉を焼き始めると、結構ペースを考えながらになることに気づきました。


 肉を焼く→食べる前に次の肉を焼く→肉の焼き具合を見ながら食べる


 そんな感じで、2手先を考えながら、焼いたり食べたりの繰り返し。


 ペースが掴めてくると、楽しくなってくるほど効率的。


 空いた皿を片付けに来た時にお代わりを注文。


 でも、「食べ残し、飲み残しは別請求します」という注意文言にケアが必要です。


 何せ一人で食べているので、自分が食べきれなければ終わり。


 ちょうどいい腹具合に持っていくのもまた考えながらで面白い。


 というわけで、なかなか良いペースで食べていました。










 通常、1人で食べるときって手が空くので、スマホを見ながらだったりもします。


 が、「焼く」という行為が入るので、手が空くことはなく、結構忙しいものです。


 というわけで、テンポよく食べ、45分でフィニッシュ。


 と思いきや、最後にソフトクリームが出てきました。


 (これを計算していなかったので、実は「う・・・」となりましたが)






 でも、90分間コースだったんですが、半分くらいの時間でちょうどよく終わりました。


 店員さんもよく気が付く人だったので、注文に困ることもありませんでした。









 味はよく分からない私ですが、ひとまず念願の1人焼き肉をクリアしました。


 一度クリアしてしまえば、次からは抵抗がなくなるかな。


 (とはいえ、頻繁に行くこともないですが・・・)

 でも、店の雰囲気も含め、おススメです。

 勇気を出して行ってみて良かったです。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー狩り

 夫です。

 今日は、私が休みをもらっていました。

 昼近くになって、「どこに行こうかー」なんて話をしていたら、妻の鶴の一声。

 「そうだ、ブルーベリー狩りに行こう!」

 即決で調べてすぐに出発。

 目指すは、練馬にある加藤農園でした。

 (ここまで展開が早すぎ・・・)

20170807_1



 しかし、気負いすぎたのか、加藤農園に着くのが早すぎました。
 14時半スタートなのに、30分以上も前に到着。
 
 仕方がないので近くを散歩していたら、見かねておじさんが前倒ししてくれました。
 (このおじさん、電話口ではぶっきらぼうだったんです)
 見渡してみると、4区画に仕切っていてネットで上下左右が覆われています。
 何となく区画ごとに種類が分かれていそうなので、全部回ることにしました。
 ブルーベリー狩りは初めてですが、もぎ取るのは本当に簡単ですね。
 むしろ、ちょっと触っただけで落ちてしまうくらいです。
20170807_8
 入口の方は既に結構狩られていましたが、奥の方は房のように沢山ありました。
 耳たぶくらいの柔らかさだと甘いというので、一応、確認しながら1つ1つ。
 ただ、妻は、「柔らかさとか良いから、どんどん取っちゃいな」と言っていました(笑)。
 積んでその場で食べ放題という形式ではなく、取った分だけ量り売りという形式。
 そのため、あまりガツガツはしていなくて、落ち着いた雰囲気でした。
 ブルーベリーは木の下の方に付いている方が実は美味しいそうです(おじさん談)。
 それを聞いてからは、なるべく下の方に付いている実を取るようにしていました。
20170807_5

20170807_7


 後で聞きましたが、加藤農園では19種類のブルーベリーを育てているそうです。
 それを明確に区分けするのではなく、混ぜて木を植えるそうです。
 その方が美味しいブルーベリーができるそうです。
 不思議ですね。
 そして、見た目の違いも全く分かりませんでしたが・・・。
20170807_4

20170807_6



 帰ってからは、最近買ってもらったかき氷マシーンwithブルーベリーで試食。
 色々試したところ、カルピス(ぶどう味)との相性が良かったようです。
 ちなみに、取ったブルーベリーの数は615個。
 これで2,000円ということなので、「体験」と合わせれば良かったかなと。
 フルーツ狩りは、やっぱり面白いですね。
 子供でも簡単に楽しめるので、おすすめです。


20170807_2
20170807_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【提案】ヤキュウレンジャー

 夫です。

 常々思っているんですが、戦隊ヒーローで、そろそろスポーツがテーマにならんか。

 2020が迫ってきている中で、なぜ子供への影響が大きい戦隊ヒーローを利用しないのか。

 2020にやるのではなく、その前にやってムーヴメントを作っておくべき。
 そう思うのです。

 そして、5人のヒーローの中には、もちろんパラスポーツも入れる。

 見ている子供の親にも影響が出てくるので、良いと思うんですけどねぇ。



 そんな話をしていたら、セラが「ヤキュウレンジャーは?」なんて言い出しました。
 なんと。
 今の「キュウレンジャー」に「ヤ」を付けただけですが。
 思いっきりスポーツじゃないか。
 これは面白い、ということで、もう少し膨らませてみることにしました。
 =================
 ヤキュウレンジャーは、最初から9人(←キュウレンジャーと同じ)。
 打順で並ぶことになるので、一番強いのが4番。
 つまり、4番が赤という何とも画期的なポジショニング。
 呼び名は、ポジション+カラー。
 そのため、以下のようになります。

 1番 レフトブルー
 2番 セカンドイエロー
 3番 センターグリーン
 4番 ライトレッド
 5番 ショートオレンジ
 6番 サードパープル
 7番 キャッチャーブラック
 8番 ファーストピンク
 9番 ピッチャーゴールド
 毎年恒例の途中から入ってくるメンバは、DHシルバー(打撃専門)です。
 武器は、各人がバットとボールを持っています。

 ちなみに、左手はグローブのような柄を装着しています。

=================

 うーむ、面白い。
 これ、ストーリーまで膨らませることもできそう。
 ますます「スポーツ」をテーマにした戦隊ヒーローを見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏の帰省(夫は残る)