衆院選挙2017

 夫です。

 今日は、荒天の中、家族で投票に行ってきました。

 衆議院議員総選挙2017は、荒れに荒れて、最後は台風の中での投票日。

 正に、嵐のような選挙になりました。

 結果は、色んなサイトで見ることができます。

 例えば、ココ

 自民党が大勝するという結果になり、野党は惨敗でした。

 その野党の中でも、立憲民主党は善戦し、希望の党が伸び悩み。

 この立憲民主党と希望の党は、「党首の姿勢」がどう映ったかが分かれ目でした。

 片や枝野さんは真摯に見えましたし、片や小池さんはイマイチに見えました。

 総選挙は「政権選択」だから、「リーダーがどう映るか」は本当に大事ですね。

 希望の党は時間が無かったのかもしれないけど、時間があってもどうだったのかな・・・。

 結局、「小池さんだから」をどこまで汲むことができるか、だったんだと思います。






 そして、今回の総選挙は、他にもありました。

 18歳の選挙権者にとっては、初めての衆院選でした。

 また、期日前投票も多いという報道がありました。

 デパートなどでの投票所も増えて、「ついでに投票」という動きもあったようですね。

 これは良い取り組みだと思います。

 有権者の行動パターンに即して検討しているので、理にかなっています。

 そして、そう考えると、行き着く先は「ネット投票」でしょうか。

 ネット投票については、ココで解説されていました。

 やはり、成りすましなどは課題になりそうですよね。

 ただ、早く結果も出るし、データなので分析もしやすいんじゃないかなぁ。

 それがまた次の選挙活動に繋がれば良いような気もします。






 何にせよ、この選挙の結果を以て次にどう動いていくのか気になります。

 というか、有権者としてウォッチしていかないと。

 安倍政権が固まったことで、改憲論議も進むと思います。

 消費増税、2020オリパラ、憲法改正、北朝鮮問題・・・山積みですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツジムで思う諸々

 夫です。

 最近、ギャップに気づきました。

 スポーツジムに通っているんですが、思ったより効果が出ていない!ということ。

 私 「結構、筋肉がついてきたと思わない?」

 妻 「いや、別に・・・」

 このやりとりが何往復もするんですが、妻の回答が変わらず。

 おや、これはおかしいなと。




 スポーツジムに通い始めたのは、去年6月。

 フルマラソンに再チャレンジしたいという想いからでした。

 そこから1年4ヶ月。

 途中、2回の挫折がありました。

 今年3月は仕事が忙しすぎて通えず、今年6~7月はニカ誕生で行ってる場合でなく。

 それ以外は、週1回のペースで通っているので、習慣化してきました。

 思ったより効果が出ていないのは、原因として2つあります。

 ①中断してしまったら、積み上げてきたものが振り出しに戻る。

 ②週1回では少なすぎる。

 というわけで、原因は自覚しているので、ここを改善していかないと。

 ただ、筋肉が付き始めるのは一定期間が経過してからなので、これからですよね。

 (自分に)期待しています。





 ジムに行く時は、トレーニングをした後で大浴場に入るのがルーティンです。

 最近は、サウナにも少し入って、汗を出すようにしています。

 大浴場だと、当然ですが皆さん裸なので、どこを鍛えたか一目瞭然です。

 そして、どこを鍛えているのが一番かっこいいのか、考えたりもします。

 「男性は胸板が厚いほうが良い」「女性は脚が細いほうが良い」

 様々な好みがあると思います。

 私は、お尻がキュッと締まっているのが一番かっこいいと思います。

 どうしても年齢が上がってくると、お尻の肉は下がってきますね。

 そこを鍛えることで、シルエットも安定して、かっこいいと思います。

 また、私は腸頸靭帯炎(ランナーズニー)のため、臀部強化が必要です。

 ですので、なおさらトレーニング&ストレッチが必要だと感じる今日この頃。





 というわけで、「筋肉をしっかりつける」と妻に宣言して約10年。

 そろそろ本気を出したいと思っています。

 (妻は信用してませんが・・・笑)

 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィン@池袋

夫です。

気づけばもう10月。

ハロウィンの季節に入りました。

この季節は、あちこちでイベントがあります。

ということで、我が家も池袋のイベントに参加。




セラは、ウサギの耳をつけて出発。

大人だったらコスプレの世界ですかね。

子供だからまぁ許されるんです。

池袋サンシャインに着くと、早速会場へ。

まずは菓子を入れる箱を作りました。




これが完成すると、箱を持って各店舗へ。

ただ、全店舗ではないので、地図を見て探します。

しかも、意外と参加店舗が少ない…。

セラはグイグイ行けない人間ですが、敢えてリリース。

店に入って、1人で「trick or treat」を言ってこいと。

意外にもセラはうんと頷き、店に入って行きました。

レジで店員に「trick or treat」と言っています。

店員からお菓子をもらうと、喜んで出てきました。

あら、意外だけど良いことです。

他の店でも、スイスイ入って行き、お菓子をゲット。

あっという間に終わってしまいました。




これからハロウィンイベントが続きます。

その度にお菓子が増えていく季節ですね。

低血糖の時にはコッソリ頂こう。




ちなみに、ニカはエルゴで大人しくしていました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

4人で初の荒川遊園

 夫です。

 少し前になりますが、先日、初めて4人で荒川遊園に行ってきました。

 まだ3人の時は、何度も行っていました。

 (アンパンマンショーもあったので・・・)

 小さい子供が多い遊園地なので、のんびりできるんじゃないかと考えたわけです。



 が、当日が「都民の日」(10月1日)であることを忘れていました。

 荒川遊園が無料開放=多くの人が来る→混雑→ゆっくりできない・・・

 そんなことを現地に着いてから気づくのでした。

 「すごい人数だ・・・」

 とはいっても、来た以上は入らねば。

 ということで、いざ荒川遊園の中へ。


20171001_5_2

20171001_6






 まずは、セラが「ジェットコースターに乗りたい」と言うので、イモムシコースターへ。

 うむ、私はこの高さでも十分怖い。

 というわけで、私がニカをエルゴ抱っこしたまま、妻とセラで行ってらっしゃい。

 長蛇の列でしたが、 出番がやってきて、妻とセラが向かっていきました。

 妻、なぜか敬礼(笑)。
 余裕の高さのようですが、それでもキャーキャー言いながら楽しんでいました。

20171001_7

20171001_4







 その後、広場で妻手作りの弁当を食べて休憩。

 (意外とのんびりできました。ここが荒川遊園の良いところ)

20171001_9

20171001_8


 が、その後の動物ふれあいコーナーで悲劇が待っていました。

 ヤギのコーナーに行ったんですが、ビビりのセラは「触れない」と。

 「いやいや、触ってみなよー」「セラ、触れない」なんてやりとり中に・・・

 目の前をクジャクが静々と歩いてきました。

 それを見たセラ、絶叫。

 「ギャーーーー!!」

 確かに、結構大きくて、(もちろん)閉じていても分かる鮮やかな羽。

 それが妙に威圧感があって、しかも至近距離なものだから、ビックリしました。

 セラは腰砕けのようになり、さすがに退散しました。

 ま、あれは確かにビックリしたね。

 とはいえ、セラが大号泣していて苦笑いするしかないのでした。

20171001_10








 その後、「檻の中にいる」動物にエサをあげたりして、何とか持ち直しました。

 そして、セラの要望で、観覧車。

 (今度は高所恐怖症の私が絶叫したいくらいでした・・・)

 最後は、イモムシコースターの2回目。

 並んでいる途中で水ゲームを挟んで暇潰しをしていました。

20171001_1


 この最後のコースターも、もちろん妻とセラだけで乗りました。

 (あぁ、この楽しさは分かち合えないな)

 妻、2度目の敬礼。

20171001_2
20171001_3


 笑いあり、涙あり(違う意味で)の荒川遊園は、やっぱり楽しい場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園最後の運動会

 夫です。

 今日は暑かったですね。

 我が家は、セラの運動会でした。
 幼稚園最後の運動会。

 年長ともなると、できることが増えました。

 当然、幼稚園でも最高学年なので、出し物も面白くなります。

 パフォーマンスだけでなく、リレーがあるのがメイン競技です。
 セラのクラスは人数が多いということで、2回走る選手にセラが立候補。

 気合いが入っています。







 妻は、5時起きで弁当作り。

 私は、7時過ぎに起きて、念のため両膝にテーピングを巻いておきました。

 セラは、既に気合いが入っていました。

 ニカは・・・特になく、いつもどおり(最近はリビングで寝返り中)。

 それぞれ準備をして会場に行くと、もうかなりの人数が集まっていました。

 そして、暑い。

 この暑さに今日は終始苦しめられるのでした。

Img_1046

Img_1028







 セラの出番はすぐにやってきて、パラバルーンのパフォーマンス。

 皆でバルーンを回したり膨らませたりします。

 よくトレーニングされていて、そつなくできていました。

 年長になると、こういうことができるんですね。

Img_1003




 そして、午前中は、セラのクラス対抗リレーがメイン競技としてありました。

 個人の競争でなくチーム対抗なので、運動会の中でも一番盛り上がります。

 しかも、年長は全員走るので、親も必死。

 セラのクラスは、練習では勝ったり負けたりしていたようです。

 そのため、セラも走る前は緊張していました(本人談)。

 応援する親も「ここが勝負どころ」と思っていたので、気合いを入れ直し。

 が、スタートしてみると、第1走からセラのクラスがトップ。

 良い感じで足の速い男の子がリードを広げていきます。

 そして、セラの番。

 1本目はこれまた良い感じでリードを広げる快走。

 私たちの前を通るときは、私も妻も叫んでいました。

 「セラーーーーーーーーーーーーー!!!!」

 (後でビデオを見てみると、いかに声が大きかったか知りました)

 その後も1位のまま進み、セラ2本目。

 これもまた1位のままバトンを受け、そのままトップを譲らずに走り切りました。

 最終走者がリードを詰められヒヤヒヤしたものの、結局、トップでフィニッシュ。

 完勝でした。

Img_1041







 午後は、セラはもう1つのパフォーマンス。

 パイレーツ・オブ・カリビアン。

 これは衣装がポイントで、背中に自分の名前のイニシャルを貼るんです。

 が、見本はあるもののオリジナルOKということで、私と妻で考えました。

 「S」を無数に描き、深夜作業でオリジナルフォントを作った成果。

 今日ついにお披露目でした。

 他にもかっこいいフォントの子はいたものの、セラはちょうどいいオリジナした。

 そして、パフォーマンスは皆ノリノリでした。

 園長先生自らデイヴィ・ジョーンズをやっていました(こういうノリ大好きです)。

 セラたちも剣を持って海賊の踊りをしていました。

Img_1094

Img_1089






 というわけで、セラは、幼稚園最後の運動会で完全燃焼しました。

 反面、私は保護者の障害物競争で惨敗。

 課題は残ったものの、セラが小学生に上がったら運動会の保護者リレーでリベンジ。

 スポーツは勝つこともあれば、負けることもありますね。

 (運動会でそこまで真剣になる必要ないかも・・・笑)。

Img_1020





 暑さに苦しんだ1日でしたが、両家の親にも囲まれ、セラ大活躍で終了しました。

 ニカも暑い中、よく頑張りました。

 (4人で撮った写真、ニカが剣を見て泣いています、笑)。

20171008


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローリング・ニカ

夫です。

ニカは生後4ヶ月になりました。

そして、寝返りをするようになりました。

ちょっと早いですかね。

最初は勢いで転がったように見えました(妻が発見)。

が、一度できてしまうと何度もできますね。




そして、重くなってきました。

今、何キロあるんだろう…。

明らかにセラの時より重いんです。

お腹が膨れた餅のようになっています。

しかも、主張が強くて、構ってもらえないと泣きます。

それでも構ってもらえないと、泣き続けます。

イヤイヤ期になったら、どうなるんだろう…。

セラが育てやすかったので、あまり免疫のない私達。




とはいえ、周りの方々にも可愛がってもらっています。

「抱っこさせて〜」で、たらい回しの毎日(笑)。

セラも抱っこしたがるのですが、まだ少し難しそう。

見ていておっかない感じがします。

が、よく面倒を見てくれて、小さいお母さんです。

妻も、かなり助けられているようです。




ニカ、次はハイハイかな。

子供の成長って、本当に早いですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選挙2017

 夫です。

 選挙戦が大変なことになっていますね。

 いつにも増して、目まぐるしい展開になっていて、毎日ビッグニュースが出てきます。

 今までと異なるのは、落ち着いている軍が1つもないこと。




 自民党:圧勝のはずだったのに、小池新党が出てきてウカウカしていられない。

 民進党:小池新党に合流、と思ったら「選別」されることになってしまった。

 小池新党:準備が間に合っておらず、過半数の候補者も立て切れていない。

 小池さん:国政に出るか、都政に残るかで、いずれもデメリットのジレンマにある。

 社民党・共産党:野党連合からは外されてしまった。

 その他政党:存在感がますますなくなってしまった。

 そんな中で、枝野氏が立憲民主党を立ち上げたのは良いことですね。

 民進党議員にとっても、国民にとっても、受け皿ができたということですから。

 ただ、希望の党の選別に耐えられないぶら下がり議員がここに入りそうな気がします。

 いっそのこと、そういう議員は今回で議員を辞めれば良いんですが。

 そういえば、上西氏は選挙に出ないということで安心しました。

 (上西氏なんかは、正に国会議員の恥だったので、政治生命が終わってほしいですね)


 今、この激動の中ですが、選挙の争点が見えにくいと思います。

 元々、「選挙の大義がない」と言われていますし、自民/希望は共に保守。

 でも、選挙戦をする中で、論点を明確にしてほしいと願っています。

 違いがないのであれば、もう人気投票でしかなくなってしまいます。

 そうなると、「こっちの方がマシ」という基準になってしまいます。
 



 選挙は大金を投じておこなうものなので、有意義なものにする必要があります。

 急な選挙ということで、祭りを初めとして全国の行事にも影響が出ている模様。

 それほどの犠牲を出しながらも敢行するのであれば、それだけの価値が必要です。

 ですので、国民の私たちも、しっかりと投票したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニカお食い初め

 夫です。

 昨日のブログで少し書きましたが、今度はニカのお食い初めの話。

 両家の両親が揃うということで、セラ誕生日会と同日にしました。

 いやー、お食い初めって、セラの時は6年前だからほぼ忘れています。

 どんな順序だったっけ。

 ということで、妻がネットで調べてくれました。
 ごはん→お吸い物→ごはん→魚・・・
 
 「それを3回繰り返す」って、めちゃくちゃ工程が多いな!

20170909_11

20170909_4

20170909_10

20170909_9

20170909_8

20170909_7





 まぁ、とはいえ、スピードアップしながらも完遂。
 儀式なので、そこら辺テキトーな私と違って、妻はきっちり進行していました。
 工程ごとに担当を替えたので、両家の両親やら私たちも代わる代わるでバタバタ。
 当の本人は涼しい顔をしていました。
 (確か、セラの時も同じだったけど)箸を近づけると、口を開けるニカ。
 このまま本当に食べてしまうのではないか、と盛り上がりました。


20170909_12




 ニカは、セラの時よりも成長スピードが早く、体重増加中。
 この前は、妻が周りの人に「うちは5か月だけど、同じくらい?」と言われたそうです。
 (※ ニカは生後3か月です)
 膨れた餅のようなお腹をしていますが、他の子より大きいんだろうなぁ。
 その証拠に、今の時点でバンボに座ると太ももがキツそう・・・





 最近は、ようやく私のことも認識したようです。
 ただ、私の方がまだニカのことをうまくハンドリングできないことが多くあります。
 色々やって、それでも泣かれて、最終的にエルゴに入れて寝る、とか。
 「あー、はいはい、眠かったのね」
 と、結果から遡って泣いていた理由が分かることがザラです。
 ま、仕方ないか。
 
 そうそう、最近、友人のSNS経由で見た記事が不愉快でした。
 うーむ、誤解しているし、自分の意見を無理やり押し付けている気がします。

 こういう記事をよく平気で公開できるよな、と信じられない気持ちです。

 自分は自分でマイペースでいこうと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラ誕生日会

 夫です。


 少し早いですが、週末にセラの誕生日会をしました。

 当日は、チアリーディングのステージ@夏祭りもありました。

 その後に誕生日会ということで、なかなかハードスケジュール。

 (実際には、ニカのお食い初めもあるという詰め込んだスケジュール)




 セラは、既に誕生日プレゼントを買ってもらっていましたが、解禁は我慢していました。
 子供なのに、よく我慢できるなぁ・・・と感心します。
 普通は我慢できずに見ちゃいますよねぇ。
 その分、誕生日会では、プレゼントを一気に上げて喜びを爆発させていました。

 そして、セラは「おもてなし」なのか、皆にプレゼントを用意していました。

 アイロンビーズでコースター作りを当日ギリギリまでやっていました。

 こういうおもてなし精神と製作大好きなところは、妻似ですね。

 (写真は私がもらったもの。ちなみに、ニカの分まで作っていました)

20170909_1



 両家の両親もそろって参加したので、当日は賑やかでした。
 皆に祝ってもらえるのは、幸せなことですね。
 今年の壁装飾は、昨年よりも更にハードルが上がり、私も妻も苦戦しました。
 (ここたまは良いとして、プリパラとかアイカツとか・・・もう難しい)
 ただ、例年とは異なり、前日の夜にヒーヒー言わないように少し早めに準備。
 そのため、苦戦しつつも、精神的には余裕を持って準備することができました。
 (とはいっても、前日が飲み会のため、飾り付けは妻に任せましたが・・・)

20170909_5

20170909_6





 セラもそろそろ6歳。
 来年には小学生になります。
 ニカの面倒をよく見てくれる優しい子になりました。
 内弁慶の所をなくして、もっと外向きに楽しく活動できれば尚良しです。
 さて、どんな1年になるのか。
20170909_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸上新時代

 夫です。

 ついに、桐生選手が「日本人で初めて」100mで10秒台の壁を破りました。

 9秒98。

 為末大さんのブログにも書かれているように、これから周りの意識は変わります。

 今まで破られることがなかった「壁」が、「目標」というものに変わる。
 そして、その後には「基準」くらいになっていくでしょう。
 今、日本男子の短距離界には、かつてないほどスプリンターが揃っています。
 サニブラウン、ケンブリッジ、多田、山縣・・・
 これから更に増えていくと思います。
 勝負という意味では、日本選手権という国内最大の大会がステージでしょう。
 ただ、それとは別に「記録」という点でも、これから更に10秒を切る選手が出てきます。
 「記録」だと、全員がバラバラの場所にいても競うことができます。
 だから、日本選手権を待たずとも、色んな大会で勝負しているんです。





 それにしても、今回、10秒を切ったのが桐生選手で良かったと思う人も多いはず。
 今まで「最も9秒台に近い男」と言われながら、切れない日々が続きました。
 「悔しい」という言葉だけでなく、「すみません」というのは皆の思いも背負っていたから。
 それだけ期待され続けてきました。
 しかし、そのうちに他の選手の台頭もあり、序列が変わってきたのが今年。
 今年は、世界陸上で100mの出場権も逃していました。
 そんな中での9秒98は、「やっぱり桐生」という復活を予感させるもの。
 気の毒なくらい背負い続けてきた彼が最初に9秒台を出したのは、ホッとしました。






 そして、これからが本当の闘い。
 世界的にもボルトが引退して、どうなるんだという雰囲気に包まれています。
 日本は競歩やリレーだけでなく、短距離でも世界で勝っていきたい。
 そのためには、9秒台はスタートラインでしかありません。
 それを選手自身が良く分かっているからこそ、競争は激化します。
 見ている方は、更に楽しみが増えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«絵を描きまくる