スポーツ祭り2018

夫です。

今日は、スポーツ祭り2018に行ってきました。

国立スポーツ科学センター@赤羽です。

スポーツを知っている人には有名な場所。

各競技の代表クラス選手が来る場所です。

以前から、毎年スポーツ祭りをやっていました。

が、予約制プログラムは小学生からが対象です。

今年、セラが小学生になったので参戦してきました。




2つ申し込んだうち、当選したのはACPです。

ACP=アクティブ・チャイルド・プログラム

日本スポーツ協会にWEBサイトがあります。

受付が早かったので、9時半に現地着。

受付を済ませると、Tシャツに着替えていざ会場へ。

中では既に遊んでいる子たちが沢山いました。

私とセラが参加するので、試しに遊びに参加。

最近、長縄跳びが苦手なセラを誘って縄ゾーンへ。

すると、大学生スタッフが優しく対応してくれました。




さて、いざ始まると、参加者は80人ほど。

色別にチームに分かれ、5種目(×12分間)を回ります。

1. 長縄跳び

いきなりの長縄跳びで、「大波小波」でした。

志願で回す役をやったものの、よく分からず失敗。

見かねた妻が出てきて、女性2人で回しました。

うーむ、昔やった気がするけど覚えてなかった…。

セラは、なんとここで跳び方を覚えてしまいました。

2. 大根抜き

うつ伏せで腕を組んだ円形の人の足を引き抜きます。

パワー系なので、私は苦手な分野。

が、大人も子供も喜んで引き抜いていました。

腕を組んだことで、一体感が生まれました。

3. ネズミ逃し

円形に手を繋いだ3人のうちネズミが1匹。

猫がネズミを狙い、2人がブロックして守ります。

これがかなり瞬発系で息が上がります。

私は得意分野ですが、張り切りすぎました。

セラは、楽しそうにグルグル回っていました。

4. 風船リレー

親子ペアで風船を挟んだリレー。

セラの高さに合わせて走ると、なかなかのスピード。

が、その後、チームで輪になった風船リレーは惨敗。

策を練りすぎて策に溺れました。

5. 氷鬼(バナナ鬼、レンジでチン)

もはや5種目になると、親はバテバテ。

私は得意分野なので、元気でした。

セラも氷鬼は知っているから、と張り切っていました。

子供相手に容赦せず、タッチしまくりました。




というわけで、5種目全て終了。

かなりハードでしたが、楽しく遊べました。

親子参加なので、セラも安心して楽しめました。

本格的なスポーツでないのでハードルも低め。

セラにはちょうど良いプログラムでした。











その後は、昼食をとり、あちこちのブースへ。

ニカは、相変わらず地面に座って泣いていました…。

妻とセラは、マンカラという遊びに出会いました。

レクリエーション協会のブースでやっていたもの。

2人で対戦するボードゲームです。

頭を使って駒を動かすらしく、熱中していました。

こういうのもスポーツに入っていて良いですね。







というわけで、14時半まで目一杯遊びました。

スポーツを色んな角度から楽しめた一日。

正に「体育の日」に相応しいイベントでした。

来年もまた参加しようと思います。
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラのバースデーパーティー

 夫です。

 昨日、セラのバースデーパーティーでした。
 誕生日が平日なので、皆が集まれる土曜日に開催。
 
 しかも、この日には、バトンとチアのステージがありました。

 (※ セラは小学校に上がってからバトンも始めました。)





 バトンとチアは成功。

 多くの観客(といっても90%が親)が集まり、セラも一生懸命踊っていました。

20180907_2
20180907_3






 私たちは、ステージ間で昼食をとっていたので、家に戻ってからは休憩。

 最近は、ニカがチョロチョロ動き回るので、目が離せません。

 可愛いんだけども。

 可愛いんだけども・・・(笑)。

20180907_6

20180907_5
 そして、今回も、壁には多くの絵を飾りました。

 年1回の夫婦の共同作業なんですが、これがまた大変。

 サプライズなので、私たちが描いたのではなく、キャラが勝手に来たことになっています。

 これを全員で統一するのは難しくて、うっかり喋ってしまいそうになります。

 「これ絵を描くの大変だったんじゃない?」

 「・・・え。いや、キャラが勝手に来たんだよ。」
 「・・・・・・・あ、そうそう、そうだよね!」

 みたいなやりとりが何回も出てきます(笑)。

20180907_4






 そんなことをやっている間に時間が経ち、皆で夕食となりました。

 この日に届いたふるさと納税の返礼品であるシャインマスカットを食べたり。

 そして、その後には、バースデーケーキの登場。

 今年も、セラがリクエストしたアイスケーキでした。
 ミニオン、全然見ていないけど(笑)。
 ともかく、セラは大喜びでよかったです。


20180907_1



 セラも、もう7歳になります。

 子供の成長は早いと言いますが、本当に早いと感じます。

 今ではニカがいるので、ニカを見ているとその当時のセラを思い出します。

 つまり、そろそろ7歳の新しいセラと、1歳のときのセラ。

 上の子を育てるというのは、そういう2つの像を見ながらになるのが面白いです。

 とはいっても、ニカは性格的にはセラと全く違います。

 だから、ニカを見ていても、「セラは違ったなぁ」という意味で思い出しています。



 




 セラはセラで、少し人見知りが直っているように感じます。

 親のそばを離れない子だったので、小学校に行って大丈夫かなと心配していました。

 でも、意外にも楽しそうに通っています。

 「早く土日が終わって学校に行きたいんだぁ。」
 なんて言っているので安心しました。

 このまま楽しく学校に通って、何事も一生懸命取り組んでほしいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳旅行(3日目)

 夫です。
 夏休みの八ヶ岳旅行3日目。
 普通であれば帰るだけですが、我が家はそんなことは無し。
 まずは、クララ館の向かいにあるフラワーパークへ。
 ハイジの村ということで、ハイジの世界と連動しています。
 
 花畑が広がる世界です。
 曇りだったので客も少なく、回りやすい状態でした。

 園内を周遊するトレインは、15分間かけて回っていました。
 キッズの店では、インスタ映えするセットがありました。
 こういう場所の横に土産店があるって、巧いな…。
 結局買いたいものがなかったので、手ぶらで店をあとに。
 実はホテルに良いグッズがあったので、急いで戻りました。
 そして、1時間かけて笛吹市に移動。
 ここでは、桔梗屋の工場見学&信玄餅の詰め放題。
 「詰め放題」が趣味の妻にとっては、メインイベントです。
 セラも娘として鍛えられているので、楽しみにしていました。
 信玄餅の工場見学が終わると、13時集合。
 詰め放題は大人気で、予約券のために行列ができるそうです。
 (私たちはクララ館宿泊の特典だったので並ばずにOK)
 詰め放題は10組ほどいて、専用の小部屋に案内されました。
 信玄餅が箱に無数に入っており、時間無制限でスタート。
 妻は、袋を十分に伸ばしてから信玄餅を詰め込み。
 ギュウギュウに詰め込み、信じられない量…。
 平均12個くらいだそうですが、妻は20個入れていました。
 最後は風船縛りなので、通常の縛りよりも難易度アップ。
 そこは、「コツは『気合い』」と言った妻。
 
 「もはやスポーツ」と言ってのけた妻は満足気でした。
 ちなみに、私は13個で「やる気がないのか」と怒られました。
 そこで帰るかと思いきや、ブドウ狩り@勝沼へ。
 勝沼ではブドウ狩りの場所が多く存在します。
 その中でも妻がセレクトしたのが勝果園です。
 着いた頃には雨も上がっていました。
 勝果園では、ブドウ狩りの前に少し食べることができます。
 そこで選んでブドウ狩りに臨みます。
 最近ではシャインマスカットが人気です。
 そのため、我が家もシャインマスカットを選択。
 下がぬかるんでいるため、ビニール袋を靴のカバーにしました。
 スタッフの方の対応がすごく良かったですね。
 もちろん、シャインマスカットも瑞々しくて大きい房ばかり。
 私はニカを背負い、もぎ取りはセラと妻で。
 大きなシャインマスカットを獲ることができました。
 
 最後は昼食をとっていなかったので、近くの道の駅へ。
 道の駅 甲斐大和。
 こじんまりした場所でしたが、野菜直売所がありました。
 
 そこで食べた蕎麦は、歯ごたえも良くて思わぬ良店でした。
 そこからの帰りは、ニカが泣きわめき、渋滞にはまり大変。
 最後の最後まで大変だった旅行でした。
 ニカがもう少し大きくなれば楽になるのかな。
 車と食事、ここがもう少し落ち着けば…。
 いずれにせよ、良い想い出ができた旅行でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳旅行(2日目)

 夫です。
 夏休みの八ヶ岳旅行2日目。
 この日の朝食でも、ニカは歩き回っていました。
 当然、私たちは何を食べたかよく分からない状態。
 ただ、セラは自分で好きなものを取りに行っていました。
 そんなことができるようになったんだなぁ、と妙に感心。
 その後は、ホテル内でスタンプラリーにチャレンジしました。
 散歩好きの我が家としては、近くを散策したくなりました。
 幸い、ホテルには子供を背負うザックもレンタルしていました。
 台風が迫っていましたが、午前中だけなら持ちそうとの予報。
 であればということで、急いで出発です。
 が、ニカはスタート直後に寝てしまうというハプニング。
 重い…。
 ただの重い塊を背負うことになってしまいました。
 
 とはいえ、妻とセラは楽しんでいました。
 途中、中村農場という有名な直売所を発見。
 そこを抜けると、まもなく広がってきた高原大橋。
 ここも絶景でした。
 500mもの橋と、左右に広がる深い緑と青い空。
 ニカもようやく起きたようです。
 が、そういえば私は高所恐怖症でした。
 橋から下を覗き込むことなんて、到底できるはずもなく。
 なるべく中央に寄って歩いていました。
 それでも、どうにかこうにか渡り切って記念写真をパチリ。
 帰り道は雨が降ってきたので、急いで戻りました。
 
 と言いたかったんですが、別の直売所を発見。
 直売所が好きな妻は、やっぱりその直売所に入店。
 「ここは良い」を連発していました。
 その頃には雨も強くなってきたので、急いでホテルに戻り。
 天候が悪いので、屋内のアクティビティに変更。
 10km離れた場所にあるリゾナーレへ。
 以前も、池の平ホテルからリゾナーレに行ったことがあります。
 
 その時通った道を覚えていて、既視感がありました。
 「この道の風景、何か覚えてる」
 「私も」
 何てことない風景ですが、案外覚えているものですね。
 セラにとっては3回目のリゾナーレ。
 が、子供広場が新設オープンしていました。
 ここの滑り台は面白くて、私も妻もチャレンジしました。
 ニカは、ドングリを転がすスロープがお気に入り。
 ずぶ濡れになりながら、自分なりに楽しんでいました。
 波のプールでは、浮き輪を持って波に揺られていました。
 水も冷たくないし、小さい子供がいると良い場所ですね。
(繁忙期は金額が高いけど…)


 そして、今日の宿は1日目とは別の場所。
 ということで車で移動。
 雨の中着いたのは、ハイジの村クララ館。
 そう、あのアルプスの少女ハイジをイメージした場所です。
 ろくに予習をしていないまま来てしまいました。
 が、入ってみると最初にクララの人形がありました。
 「おぉ、クララ!」
 これくらいは分かるので、さすがにテンションが上がります。
 夕食会場は、ペーター館。
 ここの入り口には、ペーターの人形がありました。
 キャラクターがいると、大人でもテンションが上がりますね。
 残念だったのは、天気が悪かったこと。
 雨が降って風も強く、絶景が望めませんでした。
 が、食事はコースで出てきて満足でした。
 
 それでも、クララ館の部屋は広くてびっくり。
 子供2人がいると、広い部屋の方がのんびりできて助かります。
 部屋の中はハイジグッズが揃っていて楽しいかぎり。
 風呂では、相変わらずニカが固まったまま。
 その後、ゼーゼマンの書斎に寄ってゆっくりしました。
 いや、ゆっくりできなかった(笑)。
 ニカが裸足で歩き回り、目を離せない状態。
 
 セラは、非売品の塗り絵に夢中でした。
 というわけで、2日目も終了。
 恒例の夫婦ビデオを撮りましたが、過去最低の内容…。
 
 特に面白いことを喋ることもできずに終わってしまいました。
 しかし、今回は体力的には何故かまだ余裕があります。
 残るは最終日。
 帰るだけだから余裕だな。
 と思っていたんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳旅行(1日目)

 夫です。
 22日から夏休みを3日間もらい、山梨に行ってきました。
 まだニカが小さいので、近場で楽しめる場所。
 車の移動時間を考えて、八ヶ岳に行くことにしました。


 妻は、旅行が楽しみすぎて、前日は眠れなかったそうです。
 って、いつものことですが(笑)。 

 1日目は、べるがという親水公園が最初の目的地。
 ここは、親水公園の中に色々なアクティビティがあります。
 最初は、ニジマスの掴み取りです。
 私は、川の中でにニジマスを掴み取るものを想像していました。
 
 が、実際はというと、ニジマスはいけすの中にいました。
 
 なんだ、余裕だな。
 と思ったら、意外と難しいもの。
 止まっているわけではないし、捕まえても逃げてしまいます。
 そして、セラが完全に怖がっています。
 が、何事も経験なので、「がんばってみなさい」と。
 それでも完全に怖がって、全くできず。
 対して、妻はノリノリ。
 すぐに1匹捕まえました。
 私も何とか1匹捕まえることに成功。
 3匹目は、セラと網ですくって捕獲することができました。
 (が、どれも活きのいい魚ではなかったような…笑)
 その後、その場でスタッフが魚をさばいてくれました。
 「命を頂く」ということを見るのは食育の一つ。
 そう思って、さばく所を見せてもらいました。
 が、(もちろん)セラは怖がってあまり見られません。
 その後、串を通して火にかけると、煙が目にしみます。
 すると、セラがフラフラと歩いて吐いてしまいました。
 顔が土気色になり、貧血のような状態。
 こりゃいかん、ということで近くのベンチに座らせ休憩。
 セラにはショッキングだったのか、煙が辛かったのか。
 うーむ。
 結局、セラはほぼ食べられず。
 私たちは美味しくいただきました。

 やがて、セラの顔色が戻ってきたので次のアクティビティへ。
 親水公園内の、ダムを改造したウォータープールです。
 ここの景色は圧倒的です。
 滝と、川原と、滑り台。
 正に水遊びの醍醐味が詰まっていました。
 それがいきなり目の前に広がるので、思わず声が出ます。
 平日ですが、多くの家族客で賑わっていました。
 私たちも下に降りて、滑り台や滝での遊びスタート。
 セラは滑り台が気に入ったらしく、何度もチャレンジ。
 ニカは何度も足を滑らせ、水を飲んでは泣いていました。
 (南アルプスの天然水だから害はなし)
 川原に行くと、私はカメラを水没させ、右足小指を強打。
 楽しすぎて、羽目を外してしまいました。
 ここは何度来ても楽しめそうです。
 唯一失敗だったのは、バッグを持ちながら遊んだこと。
 
 こういう場所は、身軽にして遊ばないといけないですね。



 散々遊んだ後は、ロイヤルホテルに移動。
 しかし、ここからが大変でした。
 大変の原因は、ニカ。
 夕飯はバイキングでしたが、とにかく言うことを聞きません。
 座っていても落ち着かず、うるさい1歳児。
 椅子から降りると、フラフラと歩き回ります。
 ニカを見ながらだと忙しく、何を食べたか覚えていません。
 セラは寿司が美味かったそうですが…。
 
 まぁ、でも、1歳児の親なんてそんなものかな。
 



 夕食では暴れ放題のニカでしたが、風呂では静かでした。
 ニカは私と一緒でしたが、緊張なのか全く動かず。
 知らない人が多いからなのか、大きな風呂だからなのか。
 私は洗いやすくて助かりましが、楽しんでいたのかな…。



 その後、21時までやっている天体観測の会に参加。
 屋上に出ると天体ドームに長蛇の列。
 この日見た月は、東京で見るよりも輝いていました。
 その左には火星が、右には土星、そして木星がありました。
 こんなにはっきり見えると、ちょっと感動します。
 天体ドームの中では、望遠鏡を覗いて土星を観察。
 星もきれいに広がっていました。
 こういうのって、実際に見てみないと分からないですね。


 そんなこんなで1日目が終了。
 最終的にセラもニカも疲れてグッスリでした。
 (その前にさんざん布団の上で遊んだのもあるんでしょうが)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラの自由工作

 夫です。

 セラの夏休みの自由工作が終わりました。

 テーマは、「スケボー作り」です。

 最初聞いたときに、「お~、スケボーか、作るの大変そうだね。」なんて言いました。

 が、まさか私が制作部隊に入っていたとは・・・。

 私はこういう工作をあまりやってこなかった人間です。

 が、妻は、工作モノは真剣にやってきたので、ここはマジにやりましょう、と。

 かくして、我が家の夏の自由工作が始まりました。




 まずは、材料がないと始まらないということでハンズへ。

 店の人と相談して、ベニヤ板、糸ノコ、ニス、はけ、車輪、ヤスリなど・・・

 って、おい、これ本気じゃないか(←今さら)。

 


 もちろん、糸ノコを使いましたよ。

 その日は暑かったんですが、家の前で汗だくになりながらベニヤ板を切りました。

 刃をまっすぐに入れないときちんと進まないので、セラが苦戦していました。

 そして、調子が出てくると、妻も参戦。

 曲線を切る部分もあって、なかなか難しかったです。

 この切り口をヤスリがけして、滑らかにしていきます。

 思えば、ここが一番落ち着いていたのかも。

 ここからセラが全体に魚の絵を描いて、絵の具で色塗り。

 色塗りでは、妻が全面参戦して、むしろ私がニカと一緒に見守っていました。

 絵の具の色塗りだけでは水に弱いので、ニス塗り。

 1回だけでは足りないので、2回塗りです。

 専用の薄め液を買い忘れたので、なかなかはけでも広がらずに苦戦。

 それでも、どうにかこうにかニスを塗っては乾かしを繰り返しました。




 この後、裏に車輪を付けるんですが、位置取りに悩みました。

 スケボーといっても、板が広く、車輪4個を台車のように付けます。

 が、端に広がりすぎてもいけないし、中央に寄りすぎてもいけない、というバランス。

 最後はえいやで決めてしまい、一気に付けてしまいました。

 最後に、魚を釣った感じを出すため、口の裏側に金具を付けてロープを通して終了。

 




 こう書くと簡単そうですが、実際には土日を何回か使いました。

 夏の暑い中で外の作業になったので、暑さとの闘いでもありました。
 というか、小学校1年生でここまでやるものなのか・・・・(笑)。

 とにかく、台車のようなスケボーが出来上がり、セラは満足していました。

 そして、早速、ニカを乗せてロープを引っ張っていました(正に台車のようでした)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こども神輿

夫です。

昨年に続き、今年もこども神輿に参加しました。

昨年はニカが産まれたばかりのため、2人で参加。

今年は、ようやく4人で参加です。

今年の猛暑から、天気を心配していました。

が、少し暑さも和らぎ、ちょうどいい天気。

熱中症にならずに済みそうです。




ここの子ども神輿は担ぐのではなく、引くタイプ。

そのため、小さな子でも参加しやすくなっています。

我が家も6歳児と1歳児がともに参加。

が、ニカは初めて触る縄が怖いようです。

チクチクしますしね。

そのためうまく握ることはできず、妻と手繋ぎで歩き。

それでも周りの子に比べると、よく歩きます。

セラの方は2回目ということもあり慣れています。

むしろ、慣れてしまって無表情…。











この子ども神輿は休憩を何回か挟みます。

その際に、アイスやお菓子が配られるんです。

が、今日配られたガリガリくんのアイスをセラが拒否。

ガリガリくんを好きじゃない人間がいるとは!

というわけで、私がほとんど食べました。











そうやって何回か休憩を挟みながら綱を引いて終了。

最後はかき氷までいただきました。

(その他、お菓子や弁当も配布されました)

至れり尽くせりです。

セラやニカも、神輿や太鼓を近くで見れました。

夏祭りがあちこちで開催されるので忙しい季節。

さて、次はどこに行こうかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンバ、サンバ

夫です。

今日は、年に一度のサンバカーニバルでした。

近くの商店街で毎年おこなわれています。

昨年は、ニカが生まれたばかりで行きませんでした。

そのため、我が家としては2年ぶりの参戦。



私と妻は、ブラジルウェアで揃えました。

サンバといえば、ブラジルです。

そして、セラは、リオ五輪のTシャツ。

そう、サンバといえばリオのカーニバル。

ニカは、全く関係ない甚平です(笑)。

ここまでやる気の家族は他にいないでしょう。








行ってみると、ものすごい数の観客。

毎年思うけど、住人以外が結構いますね。

サンバを見るためのカメラ小僧が多く待っています。

小僧と言っても、おじさんばかりですが…。

暑い中、ご苦労様です。

そして、場所取りで小競り合いしている人もいます。

「警察呼ぶぞ」って、大人気ないなぁ。

(この後、アホらしいけど本当に警察が来ていました)

我が家も何とか良い場所に滑り込みました。

カメラ小僧ならぬカメラおじさんに囲まれています。

セラは、ダンサーの格好を見るのが恥ずかしいのか、

テンションが上がりません。

無表情になりました…。

対して、ニカは前にグイグイ出ていきます。

パレードが通るので、前に出ると危ないんです。

が、関係なく前に出ようとするニカ。

姉妹でどうしてこうも違うのかな。







パレードがやってくると、大音響で熱狂の渦。

汗をかきながら踊るダンサー。

打楽器を打ち鳴らす楽器隊。

必死にシャッターを押すカメラおじさん。

ハイタッチをしたがるニカ。

それに気づいて、次々とハイタッチするダンサー。

ジーッと見ているセラ。

いや、もう凄いです。

暑い、いや、暑いからこそ良いサンバのリズム。

来た甲斐がありました。











パレードが通り過ぎると、後ろから追いかけました。

音楽隊の後ろに付くと、意外とフランクに遊べます。

ニカは、タンバリンを叩かせてもらいました。




そのまま肩車をして音楽隊に併走しました。

のちらもラテンのノリになりますね。

が、急に肝心のニカの電池が切れました。

目が虚ろになったかと思うと、パタンと寝てしまい…

あとは、もう完全に脱力です。

ということで、我が家も帰ることにしました。

十分楽しませてもらいました。




というわけで、今年もサンバカーニバルは終了。

私にとっては、ブラジルウェアを着て怒られない日。

また一つ夏の思い出ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃぶ葉

夫です。

先日、家族で「しゃぶ葉」に行ってきました。

しゃぶしゃぶにお寿司付き、というレストランです。

肉も!寿司も!と、誰もが飛び付く組み合わせ。

もちろん、我が家もワクワクで入店しました。



行ってみると、寿司の他にも色々ありました。

まず、カレーや茶漬けといったご飯物。

そして、タレも複数種類で選べます。

アルコールもドリンクバーになっています。

何と素晴らしい空間なんだ。




妻は、こういうのが大好きです。

そして、肉以外は自分で取りに行くスタイル。

アレンジし放題です。

セラも喜んで、あれやこれやと取りに行きます。




しかし、私は気付きました。

結局、肉を食べる量がいつもより確実に少ない!

そりゃそうですね。

寿司も食べてれば。

更に、自分で取りに行くので時間もかかります。

うーむ、これは店の戦略か。




とはいえ、十分楽しみました。

ニカは、ワッフルをクズクズにして食べていました。

自分なりに楽しんでいたので良し。

妻とセラは、「味変」と言ってはあれこれ交代。

カレーを食べては肉に戻り、今度はタレを変える。

よくそんなゴチャゴチャに食べれるな…。




コスパはランチの方が高そうでした。

今度は昼に行こうかな。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー摘み

 夫です。

 大分、更新が空いていました。

 この間に一番大きかったのは、家族で行ったブルーベリー摘みです。

 練馬の加藤農園なんですが、実はここは去年に続いて2回目。

 前回は、加藤のおじさんが最初は感じが悪かったものの、最終的に和解。

 そんな所に今年も行くのか(笑)と思いましたが。

20180716_1





 今年は連休中に行ったからか、お客さんがかなり来ていて賑わっていました。

 こちらは1歳になったニカをエルゴ抱っこで、更にかなり暑い毎日。

 しかし、昨年のブルーベリーの味が忘れられず、ここは頑張るしかない!

 ニカにも摘ませてやろう!

 と思ったのが甘かったんでしょうか。

 粒が大きくて、でも熟していないもの、というのが1歳児には分からない(当然)。

 なので、私が「これ取って」と指定するも、房の中から当てることができず。

 それを中腰でやっていると、なかなか厳しいものがあります。

 そんな私を傍目に、妻とニカは黙々と摘んでいます。

 う・・・今年は楽しいどころか苦行のようだ。

 ニカは、赤い粒とか取っているし・・・。

20180716_2






 それでも、何とかザルに結構な数のブルーベリーを入れることができました。

 この場で食べるのではないのが、ここの農園のやり方。

 確かに、キンキンに冷やした方が美味いんです。

 秤でどれくらい摘んだかを計って、お金を払って終了。

 私は大量の汗をかいていたので、これで限界でした。





 が、今年はここで話は終わりません。

 帰ってから、妻が「どうもおかしい・・・」と納得いかない様子。

 払った金額が摘んだ量からすると高いのではないかという疑惑。

 どうにも納得いかないために、加藤農園に電話してみました。

 すると、秤の横にあった持ち主不明のザルがカウントされてしまったとのこと。

 加藤のおじさんからは、「すぐに超過分を返金します」と言ってもらえました。

 やっぱり何かが起きる加藤農園。

 いや、来年は別の場所に行こうかな・・・。




 ※ブルーベリーは、セラとニカが大半を食べてしまいました。

   よほど美味かったんでしょうね。
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«結婚式、そして七夕会