KAAT@横浜

 夫です。
 今日は、セラと一緒に神奈川芸術劇場(KAAT)に行ってきました。
 
 妻の友人が舞台監督をやっているということで、キッズプロジェクトの公演です。

 ゲネ(リハーサル)に誘われていましたが平日のため、本番を観覧することにしました。

20170723_1


 

 題材は、「不思議の国のアリス」です。
 
 これなら子供でも知っているストーリーですね。
 (といっても、実は大人の方が記憶があやふやだったりしますが・・・)

 しかも、へんてこなダンスもあるとかで面白そう。
 セラとバタバタ横浜に行って、開演ギリギリに会場入りしました。
 座って少しすると、客席の中央から「ウサギ」が出てきました。
 それにしても、何としなやかな動きのウサギだ。

 
 (もちろん、大人の演者がやっているウサギです)
 それから変な模様のダンサーが4人出てきて、創作ダンスのような動きをします。
 そこにアリス(加藤ローサ似)が出てきたところから物語が始まりました。
 が、まぁとにかくダンサーの動きが軽やかでかつしなやか。
 ほぉー、すごいなー、と見入ってしまうわけです。
 ダンスで表現している部分も多く、子供たちには理解できなかったかもしれません。
 それでも、要所要所に笑いがあり、特にハートの女王の衣装はセラも喜んでいました。
 
 全てを理解する必要は今の段階ではないけど、こういう経験っていいですね。
 私も、芝居を観る空間というものは、(妻と付き合って知りましたが)面白いですね。
 



 
 すごいすごいと思っていたら、ダンサーの一人は新体操の元選手でした。
 しかも、全国優勝している・・・
 その他3人も、経歴がものすごくて、要は私が感心するのも当然ということでした。





 その後は、劇場が近いということで中華街をブラブラと。
 セラは大きめの苺パフェを一人で平らげてしまいました。
 (私に一口もくれなかった・・・)
 せっかくということで中華街で小籠包をお土産に買ってから駅へ。
 今日は雨もパラついていましたが、それでも中華街は多くの人で賑わっていました。

20170723_3

20170723_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24時間働きますか?

 夫です。


 最近は、「働き方改革」がかなり叫ばれていますね。

 働き方でいうと、テレワーク、副業、時差BIZなんてのもよく出てくるワードです。

 「他の会社はどうやっているの?」がとても気になります。




 私がいる会社はIT系なので、比較的働き方についてはフレキシブルです。

 (とはいっても、副業解禁まではいきませんが・・・)

 どちらかというと、勤務時間などについてフレキシブルなんだと思います。

 専門業務型裁量労働制、というものを活用しているからです。

 ただ、これも万能ではなく、色々な問題はあります。

 じゃ、フレックスが良いのかというと、運用側にかなり負担がかかります。

 一長一短で完璧なものはないので、悩みは続きますね。





 そんな中で、ちょっと納得がいかないのが、IT活用における「チャット利用」です。

 働き方改革では、テレワークなどで出てくることが多いですね。

 実際にオフィスにいなくても、チャットであればレスも早いと。

 また、外出した営業マンもいちいちメールを見る必要がなくなる、とも言われます。

 一見すると良さそうですが、これには裏があります。

 「常にチャットを見てすぐに反応しないといけない」
ということです。

 この怖さを実体験として分かっている人はどれくらいいるでしょうか。
 例えば、チャットツールのアプリをスマホに入れていると、常に気になります。

 夜中でも、土日でも、有休でも、関係ありません。

 私も実際に体験していますが、これって精神的なプレッシャーが大きいもの。

 私の周りにもいますね。

 「見ていない方が悪い」

 大抵、そういう人は労働時間が長いんですが、他人への配慮がない。

 相手の状況を考えずに、とりあえず投げてしまう。

 もっとも、「就業時間外は返信義務なし」としている会社もあるようです。

 Slack社の活用例

 しかし、こんなものは稀です。

 【備忘】とか【メモ】とか付けるならまだ良いですが、一度返すと会話が始まる。

 プッシュ通知が結構来ていて、いざ開いてみるとグループチャットで雑談だったり。

 対面だとあまり言わないのにチャットだと雄弁な人もいます。

 私はチャットが嫌いなので、チャットに縛られているのは苦痛です。





 というわけで、働き方改革でIT活用する場合は、注意が必要だと思います。

 ITを使えれば使えるほど、レスのスピードが求められる点が怖いですね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松居一代ブログ

 夫です。

 最近、世間を騒がせている松居一代さんのブログ

 https://ameblo.jp/matsui-kazuyo/
 まぁ、確かに面白いです。

 が、これって要は家庭内の話をおおっぴおげにしているってことですよね。

 家庭内で片付ける話なのに、敢えて外に持ち出して解決しようとしている。

 しかも、「戦う」と連呼しているけど、どう戦うかが分からない。

 今は、「とにかく全部を公開する」ことに全力を注いでいる。

 他人の秘密を知るのは皆好きなので、今は面白がって読んでいますけどね。






 それにしても、HbA1cが9.3だからEDになる、みたいな短絡的な書き方は辞めてほしい。

 (そんなことを言ったところで聞く耳持たないと思いますが・・・)

 流れとしては、糖尿→治療しない→ED→バイアグラを倍使用というのが1つあります。

 これで終わればただの内輪の話。

 ただし、ここに「バイアグラの使用相手は親友女性」という不倫要素が入ってきます。

 それがややこしくしています。

 更に、週刊文春と1年5ヶ月の尾行という、もう1つの流れがあります。

 主にこの2つの流れが(今のところ)あって、色々な方向から打ち出しています。





 この松居一代さんが巧いのは、以下の2点です。

 1)女優だけあって、動画での表現にはやっぱり力がある。

 2)ブログやyoutubeで一方的に配信し、ネット内でシェアされやすい。

 誰か裏でコントロールしているはずですが、巧くやっていますね。

 ただ、「読んでいる」ものの、読者の反応はイマイチだと思います。

 「暇なのか?」「頭おかしくなったのか?」「どこまで本当?」などなど・・・

 松居一代さんが期待する方向には必ずしも進んでいないんじゃないですかね。

 そして、このままどこまで続けるのか。

 毎日ブログ更新なので、ネタ切れがどこかで起こるはず。

 (毎日動きがあるわけでもないので)

 今までの分を全部洗い出した後の手を考えているんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お宮参り

 夫です。

 今日は、本当に暑い日でした。

 が、我が家はこんな炎天下でもお宮参りに行ってきました。

 


 行ってきたのは、西新井大師。

 そういえば、セラのときは明治神宮でした。

 (第2子となると、こういうセレクトになるのね・・・笑)

 とはいえ、西新井大師も賑わっていて、同じようにお宮参りに来ている家族もいました。

20170709_3


 


 我が家は、両家のじじばばも勢揃いでした。

 今回の主役(ニカ)は、病院以外で本格的に外出するのは今日が初。

 ベビーカーに乗ると、コテンと寝てしまいました。

 (こういう所はセラに似ているんですね・・・助かります)

 セラはそのベビーカーの前に乗ったり、自分で押したいと言ったり。

 ただでさえ暑いので、めんどくせーなーと思いながらも西新井大師に到着。

20170709_2




 暑いこともあって、早々に祈祷を済ませましょうというのは自然の流れです。

 扇風機の効いている会場に入り、写真撮影。

 なかなかいい画が撮れました。

 その後に始まった祈祷では、ニカが途中でウン○をするというハプニングがありました。

 祈祷中、泣き叫ぶ方が困るのか、ウン○をする方が困るのか・・・。

 それでも、無事に終わり、休憩室を借りてオムツ替え。

 今日の主役は、オムツを替えてもらってすっきりした表情になっていました。
20170709_1

20170709_5

 セラのお宮参りから早6年。

 第2子のお宮参りに来るなんて、ちょっと自分たちでも想像していませんでした。

 それでも、改めて思うことはどの親も同じ。

 「健康に育ちますように」

 渡る世間は鬼ばかりですが、すくすくと育ってほしいと願っています。
20170709_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手権(陸上)@長居

 夫です。

 少し前ですが、陸上の日本選手権(T&F)@長居に行ってきました。

 タイトなスケジュールですが、セラを実家に預けて日帰り強行軍。

 大阪といっても新幹線で2時間半なので、まぁ無理ではなないんですが。

 でも、どうしても現地に行きたいという気持ちがありました。

20170625_2



 結果的に、行ってよかったなという小旅行でした。
 現地の滞在はわずか3時間。
 でも、スタジアムに入って観戦することができました。 
 
 昨年はリオ予選&100回記念大会のため、盛り上がることは必至でした。 
 
 そこから1年経った今年からが正に勝負。
 
 ただ、100mで役者が揃ったので、注目度が高い大会となりました。
 桐生、山縣、ケンブリッジに加えて、サニブラウンと多田を加えた5人が注目。
 
 私が行った大会2日目は最終種目が男子100m決勝でした。
 
 私は残念ながら最後までいれませんでしたが、観客は増えるばかりでした。
 20170625_1




 
 結局、男子100mでは9秒台が出なかったんですが、サニブラウンが優勝。
 
 昨年のケンブリッジ優勝も驚きましたが、今年もやっぱり驚きました。
 が、それ以上に実はビックリだったのが女子100mでした。
 何度も優勝してきた福島千里が負けてしまうという結果。
 
 さらに200mまで負けてしまい、市川が初の2冠。
 男子と違って、上が崩れたからというのが正直な感想です。
 女子は世界でのメダルが遠のいているので、男子のような下剋上になってほしいです。
 そうやって層が厚くなってくることで、全体のレベルも上がってきますからね。





 
 さて、8月には世界陸上があります。
 
 日本選手の活躍と、ボルトのラストラン、と見どころはあるので楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱かった東京都議選2017

 
 確かに、今回は開票前から都民ファースト優位の状況と見られていました。
 
 これには3つの要因がありました。

 ・自民党が相次ぐ問題により支持が伸びなかった。

 ・小池さん人気により、都民ファーストのグループ自体が好印象を持たれた。

 ・自民党からの支持離れで受け皿になるはずの民進党が全く存在感を出せなかった。

 


 私は、2007年参院選で自民党の選挙のお手伝いをしたことがあります。

 当時は、小泉人気爆発のときでした。

 今回の小池人気も察するところがあります。

 たぶん、現場では押せ押せの雰囲気になっていたと思います。

 行くところ行くところ、とにかく聴衆が集まるので、もう引っ張りだこ。

 とはいえ、時間も限られているので、正に分刻みのスケジュール。

 それでも、終わってみれば大勝利で気持ち良い疲れが残るわけです。




 
 ただ、ここからが勝負です。

 特に、小池チルドレン(と言っていいのか)の新人議員です。

 他党から鞍替えした議員は覚悟を持ってきているはずですが、新人は違います。

 小池さん人気はあれど、それが逆にプレッシャーにもはるはずです。

 「小池人気に便乗しただけか・・・」

 そんなことを言われないように、しっかり活動する必要があります。

 もし、小池さんが代表を交代しても自分できちんと立っていけるように。

 そういうプレッシャーを考えると、喜んで良いのは今日だけ。

 明日から気持ちを切り替えてほしいと願います。




 
 
 対して、自民党は国政の問題のとばっちりを受けたと感じる候補者が多いでしょう。

 でも、それはおかしな話で、今までは自民党人気の傘に入っていたわけです。

 表があれば裏がある(←豊田議員の話ではない)のは当然で、悪い時もあります。
 そのダメージを受けてしまうこともありえるわけです。

 だから、国政での問題にしてもきちんと説明していけば良いはず。

 例えば、加計学園の問題にしても、誰の意向とかよりももっと大事なことがあります。

 獣医が足りているのではなく、偏在が問題の本質です。

 (ペットなど小動物の獣医に偏ってしまうことがあります。 → こんな記事も)

 稲田防衛大臣の失言への謝罪会見でも、執拗な意地の悪い質問がありました。

 メディアで捻じ曲げている部分があるので、そこを適切に説明していくこと。

 それをすることで、もっと勝てる候補者がいても良かったと思います。




 ま、そんなこんなでどの党もこれから大変なわけです。

 が、ここまで都議選が注目されたこともなかったので、良かったと私は思います。

 築地市場の移転、東京オリパラ、待機児童など、課題は沢山あります。

 注目されることで姿勢を正して活動する議員も増えるでしょう。

 私たち自身も関心が高まり、チェックする気持ちが生まれると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフチェックから始めよう

 夫です
 「トーニョーとスポーツ」について何かしたいと思っていました。
 
 が、なかなか動けない現状に気づいたのが2年前。

 それでも、何かやりたいなと思い続けていました。

 今日気づいたのは、まず「現状を把握すること(=セルフチェック)」です。
 まずは、自分についてチェックしてみました。

 こういう取っ掛かりが大事かも。
========================================================

Diabetes Information

Ø HbA1c(平均):6.5

Ø Age:40, Height:166cm, Weight:55kg

Ø Type:2型(26歳から)

Ø 薬剤:アピドラ、トレシーバ

 

【過去】

Ø 小中高とスポーツ系の部活(サッカー、テニス)

Ø 大学は時々スポーツ(サッカー、ランニング)

Ø フルマラソン1

 

【現在(ASIS)】

Ø 筋トレ:週1回(スポーツジム/60分)

Ø ウォーキング:週5回(通勤/40分)

Ø スポーツ:2か月に1回(フットサル/2時間)

 

【理想(TOBE)

Ø 筋トレ:週3回(スポーツジム/60分、自宅/20分)

Ø ウォーキング:週5回(通勤/50分)

Ø スポーツ:月10回(フットサル/2回、ランニング週2回)

 

【原因(WHY) 

Ø 平日は、仕事後にジムに通いにくい(営業時間に間に合わない)。

Ø 休日に外でランニングするのが億劫。

Ø ランナーズニーのため、ランニングができない

Ø 休日に自分だけフットサルに行くのは家族に悪い

 

【対策(WHAT,HOW)

ここをどうするか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラも悩んでる

 夫です。

 妻は帰ってきていますが、まだ出産から1か月経っていないので外出禁止。

 ニカは2時間おきに起きるので、睡眠不足のようです。

 というわけで、私の朝食作りは続いています。

 朝は戦争と言われるように、時間との闘いです。

 いかに効率よく進めていくかが最大の観点で、私は結構好きです。
 
 セラは相変わらずマイペースなので、「早くしろ」を数十回言っています。
 
 まぁ、どの家庭もそうですよね。

 ワーキングマザーって、ここから仕事に行くのですごいなと感心します。



 さて、セラは、ニカのことをよく見ていますが、自分のポジションに悩んでいるかも。

 自分なりに手伝いをしたりしていますが、寂しいと感じることもあるようで。
 
 「自分への愛情が半分になってしまう」と恐れているんでしょうか。

 確かに、対応時間は半分になってしまうけど、愛情が半分になることはないですよね。
 
 でも、それを理解させるのって難しいですね。 
 
 妻は、セラへの対応時間もしっかり作ろうとするあまり、苦しんでいるようです。

 最近、セラが寝る前にシクシク泣いたりすることもあるそうです。

 ホントかウソか、「〇〇が痛い」と言ってくることも多いとか。
 
 (気を引こうとしているだけのようにも感じるレベル)

 自分も幼い2,3歳ならまだしも、約6歳離れると色々分かっていますからね。

 より冷静に見えてしまうこともあるんでしょうね。


 
 妻とは対照的に、私はあまりセラに特別対応をしていません。
 
 男親だからかもしれませんが、ある程度雑な対応のままです(笑)。

 嫌いになったわけではないので、そこは子供が理解しているところかなと。

 寂しいこともあるかもしれないけど、それもまた成長には必要だと思っています。

 本格的に放置したら問題ですが、それとは別次元なので。

 正解が何かは分からないですが、私はしばらく自然体のままでいこうと思います。




 というわけで、色々と考えながら悩みながらですが、なんとかやっています。

 そろそろ新生児の時期が終わり、外に散歩に行くこともでてきます。

 外の空気を吸うことでまた変わっていけば良いなと思っています。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一旦飲み込む

夫です。

最近、仕事をしていて違和感を覚えること。

話を聞いた瞬間に顔をしかめる人が多いこと。

または、顔色がサッと変わってしまう人が多いこと。

これは何なんだろーと考えていました。





多分、「自分の常識」を相手に求めているからですね。

例えば、「法務的にありえない」とか。

例えば、「そんなの営業の常識でしょ」とか。

それが同分野の人なら良いんです。

ただ、異分野の人に同じレベルを求めてしまう。

よく管理部門の人間にありがちですね。

専門知識がない人に、「ありえない」と言ってしまう。

知識が全く不要なことなら確かにアリでしょう。

例えば、電車で寝ていてPCを無くしたとか。

だけど、情報の格差があるときは別です。





じゃ、どうしたら良いのか。

まずは、相手に求めるハードルを下げること。

そして、「ありえない」と思っても一旦飲み込むこと。

この2つかなと思います。

そうでないと、相手もやる気を無くしてしまいます。

その後、相談される機会が減るかもしれません。

そうなってはお互いにとってマイナス。

…とは言っても、実践するのは難しいんですけどね。

自戒も込めて整理してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カジテツ

夫です。

先週、妻とニカが我が家に戻って来ました。

とはいえ、生活のペースを取り戻すのは大変。

いきなり体調全開というわけにもいきません。

ということで、私も家事のサポートをしています。

妻が入院中から引き続きのサポート。

しかし、困ったのはセラのニーズです。

妻と同じレベルでご飯を要求してきます。

・「いつでも腹ペコ」

・「外食より家で食べたい」

うぅぅ、そんな…

思えば、一人暮らしのときは野菜炒めばかりでした。

そんな私がご飯を作る日が来るとは…(笑)。

いや、笑い事じゃないんです。

とにかくレパートリーが少なすぎます。





と、そんな事も言ってられず。

なんだかんだと少しずつ作っています。

とりあえず、味噌汁とハムエッグに始まり、

幼稚園で作ったサンドイッチとか、サラダとか。

昨晩はカレー、今朝はスクランブルエッグ的なもの。

義母が作ってくれたおかずと混ぜながら出しています。

結構、いつも頭の中はご飯のことを考えています。





他にも家事はあるので、できることをやっています。

一人暮らしの時は楽だったなぁ。

何せ仕事がヘビーでなく、時間がありました。

今は仕事もあるし、チョロ助(セラ)もいます。

時間に遅れてはいけないプレッシャーも。

これは「効率」が最重要。

カジテツは忙しいのです。





そして、セラを寝かしつけると一緒に寝てしまう日々。

いかん、これはいかん。

仕事を少し早上がりしている以上、寝ちゃいかん。

シングルの家庭はどうやってやりくりしてるんだ…

生活のペースを掴むまでは、しっかりやらんと。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

«触ってみた