« 世楽、表参道を闊歩する。 | トップページ | 青空の下でゆるーくピクニック »

夕日を見に行く

 夫です。

 妻が仕事のときは、最近は「私と世楽の2人で留守番」が定番になってきました。

 世楽がようやく私に慣れてきたので、何とかこなしていますpunch







 今日は、これから夜に妻と合流しますが、昼に妻が仕事に行きました。

 私は、昼過ぎから世楽と2人。

 仕事をしようと思っていましたが、なかなかそういうわけにもいかず。

 世楽がどこにでも付いてきます。

 妻がいると、妻の子分であるかのように付いていく世楽。

 妻がいないときだけは、世楽が私に付いてきます。

 それがちょっと嬉しかったりもします。












 夕方近くになって、クリーニングを取りに行くことに。

 家を出て、エレベーターの所までは世楽も積極的に自分で歩きます。

 でも、エレベーターに乗るのはどうも怖いらしく、足がピタッと止まります。

 急いで抱え上げて、エレベーターへ。

 一度担ぐと、もう歩こうとしません・・・shock

 クリーニングをとって、水をもらって、ちょっと買い物をして外へ。

 晴れていて夕焼けがキレイそうだったので、ちょっと寄り道をすることに。

 「世楽、夕焼けを見に行こうかsmile?」









 世楽を抱えながら、近くの川まで歩いていきました。

 マラソンをしたり、自転車で走っている人がいたり、家族がいたり。

 私たちは川の近くまで行って、ベンチで一休み。

 さっき買ったアンパンマンのパンをあげると、世楽は嬉しそうに食べます。

20121007_1

 私もコーヒーを飲みながら、世楽に話しかけたり、川を見たり。

 パンを落としてしまった世楽が即座に拾ったので、3秒ルールでセーフsweat01

 (でも、口の中に石が入ったようで、後から苦い顔をしていました。)









 さてさて帰ろうかというとき、既に世楽は自分で歩くのを嫌がっていました。

 どれだけ言っても嫌がって、ベンチで泣く1歳。

20121007_2

 もうこりゃダメだということで、再び担ぎ上げて出発。

 せっかくだからと、少し川の周りを歩いて、植物観察をしてみました。

 私も不勉強でよく分からないですが、時々世楽を下ろして植物に触らせてみたり。

 臆病な世楽も少しずつ慣れて、ねこじゃらしに触ってみたり。



 英才教育とかIQがどうだとかもあるけれど、正直くだらないなと思います。

 それよりも、自然との関わりを体で感じたり、体を動かすことが大事かなと。

 (そのためには、もっと世楽の臆病が直ってほしいですが・・・)

 結局、夕焼けを見ることができずに帰ってきましたが、楽しい散歩でした。

 

|

« 世楽、表参道を闊歩する。 | トップページ | 青空の下でゆるーくピクニック »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/47345557

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日を見に行く:

« 世楽、表参道を闊歩する。 | トップページ | 青空の下でゆるーくピクニック »