« お台場で大忙し | トップページ | 幼稚園戦争 »

都知事選

 夫です。

 いよいよ、2月9日、都知事選です。

 私たちは東京都民なので、とても大事で身近な問題です。

 今回は、あまり目玉の候補がいないと言われています。

 その中でも、舛添候補、細川候補、など大物もいます。

 ただ1人30代なのが、家入一真候補です。

 http://ieiri.net/#

 この家入候補ですが、私もIT系で働いているということで、以前から知っています。

 知っていますというより、もっと身近な存在です。

 会社に講演に来てくれたこともあり、その後は皆で飲みに行きました。

 そのときは窓口担当だったので、やりとりもしていました。

 講演では相当笑わせてもらいました。

 そんな家入候補が出馬と聞いて、社内でもみんなが話題にしていました。










 さてさて、そんな家入候補、政策の作り方もITベンチャーっぽいですね。

 みんなの意見を集約していくというもの。

 正に、集合知から臨機応変に作っていくスタイル。

 そして、走りながら作り、ダメだったら改変していくというやり方です。

 私にはすんなり入ってくるやり方ですが、他の人はどう受け止めるでしょうね。

 でも、新しいやり方があってもいいと思います。

 民間でも良いやり方があれば、取り入れればベターなわけだから。










 今回の選挙では、比較的年齢の高い候補が多いです。

 それに対しての批判も多くあります。

 とはいっても、年齢が高ければ悪いという偏った見方も直す必要があります。

 問題は、候補個人。

 若い感覚も大事にしている候補であれば、年齢が高くてもいいと思います。

 ただ、論点を絞りつつも、あまりに絞りすぎると危うい選挙になると考えています。

 たしかに、論点が絞られればわかりやすいです。

 が、会社でもそうでしょうが、実際に検討・判断することは沢山あります。

 だから、論点はある程度絞りつつも、広い視野も必要になってきます。

 今のTOKYOでは、東京オリンピック・パラリンピック2020が論点の1つ。

 というのも、色んな分野がある中で、これはゴールが決まっている話。

 そのため、やるべきことも期限を区切って具体化しやすいですね。

 その他にも、原発、景気、防災、福祉、教育、政治倫理などなど・・・。

 http://blogos.com/article/79310/

 検討期間が短いですが、1つ1つ点検していきたいと思います。

|

« お台場で大忙し | トップページ | 幼稚園戦争 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/54866226

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選:

« お台場で大忙し | トップページ | 幼稚園戦争 »