« トッキュウジャーのショー&ライブ | トップページ | レッツゴー幼稚園(2) »

レッツゴー幼稚園(1)

 夫です。

 先日、幼稚園の入園のための手続き(?)がありました。

 私たち家族にとっては、久々の戦いだったので、ここで振り返っていきます。









 そもそも、悩みの根源は、この区が11/1一斉申込というスケジュールにあります。

 2つ行きたい幼稚園があっても、併願ができず。

 我が家も2つ行きたい幼稚園があったわけで、ご多分に漏れず悩みました。

 が、そのうちの1つは、10/30に「抽選」があるというのです。

 ここで抽選で残れば、この幼稚園は当確!

 ということで、妻とセラが行ってきたんですが、なんと落選。

 周りに同情されながらも、気丈に振る舞い、帰宅したようです。

 が、悔しさ収まらず、妻は夜中の2時まで寝られなかったとのこと。

 私はというと、2つ目の幼稚園を会社帰りに下見してきました。

 2つ目の幼稚園では、10/31整理券配布→11/1テストという流れだからです。

 この整理券をまずはGETしないと次に進めないわけです。

 むー、大変だな。

 しかも、100人定員のところ、縁故者が幾らかいるようです。

 となると、整理券は、100人-縁故者。

 (これじゃ、縁故者の数が分からないと、整理券配布がそもそも何枚なのか・・・)

 なんと不透明なシステムなんでしょうかpout











 とはいえ、文句を言っても負けたらただの遠吠え。

 ここは、なんとしても絶対に整理券をGETするしかない!

 難しいのは、「15時の整理券配布まで、園の前に並ぶな」という立札です。

 じゃ、どこに並ぶんだよ。

 妻曰く、「自販機の影とか、何となく皆近くにいて狙っているらしいよ。」

 んなこたぁ・・・・・あるの?

 とにかく、園関係者にばれないように、でも整理券はGETする。

 見えない敵と戦うようで、難しいことこの上ない。

 が、そんなときこそ真価が問われる。

 そう、絶対に負けられない戦いがそこにはあるpunch










 というわけで、10/31は、まず7時半に私が園の近くまで行ってみました。

 朝帰り風のふらふらした男を装いながら。

 でも、目はしっかりと周りに潜んでいるかもしれないライバル達を睨みながら。

 異常なし。

 誰もいない。

 ・・・・帰るかthink






 次に、妻が9時に園の近くまで行ってみました。

 出社のOLを装いながら。

 周りを色々と確認するも、やはり異常なし。

 ・・・・一度帰る、との連絡ありthink








 更に、私が10時半に行ってみました。

 異常なし。

 忍びの者もいそうにない。

 とりあえず、裏側も回り、くまなく死角となりそうな場所をチェック。

 ・・・・仕方ない、帰るかthink









 その頃には私の母も来て、セラを見ていました。

 なにせ主役のセラは、鼻水ダラダラの風邪っぴきsweat02

 ま、明日が本番だから、ここは何としても整理券をGETするよ。








 そして、今度は、私と妻で11時半に行ってみました。

 この頃になると、大分怪しい人が園の周りにいますshadowshadow

 ふらふらしているようで、言葉にできない気を放っている輩たち。

 (もちろん、私たちも同じだと思いますけど。)

 開門はいつだと思っていたら、園の前で質問している人がいました。

 「終わるのが12時半です、今日は。」

 何と、この12時半が開門の合図ではないか??

 そう察した私たちでしたが、まだ12時半までは少し時間がありました。

 そのため、近くのコンビニのイートインでランチMTG。

 こんなところで久しぶりのコンビニ弁当を、これまた久しぶりの夫婦水入らずで。

 が、緊張感だけは抜けておらず、妻はそわそわしていました。

 このコンビニからは、外の様子が分からん・・・・crying

 そのイライラから、早めにコンビニを出て、近くを歩くことに。










 園の裏側を歩いていると、同じく昨日1つ目の幼稚園に落選した方と遭遇。

 この方、これから別の幼稚園で、深夜0時の整理券配布を狙うそうな。

 上には上がいるな。。。 

 (というか、区はこの一斉申込の制度をどうにかしろよ。)

 そうこう話しているうちに、時計を見ると、なんと12時半。

 !!!!!

 これはもしかして、もしかするぞ!

 ということで園まで戻ってみました。

 はっ!

 少し遠目からでも分かる人影が園の前にありました。

 並んでる!

 ぬおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおお!!

 と思ったら、妻が圧倒的に前を走っていましたrun

 こういう時の妻は、多分100mを9秒台で走るかのような瞬発力です。

 早い。

 私が列に着いたとき、妻が既に並んでいました。

 グッジョブgood












 結局、私は4度目のアタック(妻は2度目のアタック)で、列に並ぶことができました。

 前から6番目shine

 すばらしい。

 前に何人かいましたが、やはりさっきすれ違った人もいました。

 忍びの者たちめ。

 ま、もはやライバルではないので、険しい目つきはしていませんでした。









 その後、中に通されました。

 運営は何だかいらっとすることが多かったものの、とりあえず順番は確保。

 待ち時間のために買っておいた本を読みながら、待つこと2時間sign01

 途中、何度か寝落ちしながらも、快適に過ごしました。

 しかし、驚いたのは、思ったより入りが悪かったこと。

 50席くらいある中で、最初に埋まったのは12席ほど。

 その後はポツポツと来て、ラスト30分間くらいで集まってきました。

 って、おい。

 全然焦る必要なかったじゃないか・・・coldsweats02

 更に圧巻なのが、「整理券の番号は本番の番号とは関係ない」という説明。

 じゃ、そこまで番号にこだわった案内・誘導は必要ないよね?

 「翌日は8:15~9:00までに来れば大丈夫ですから。」

 なんて悠長なことを言ってくれるんだい。

 怒りでフーフー言っている私を妻がなだめながら、園を後にしました。

 まぁいい、本番は明日だ。

 見ておれ、ぶっちぎりで合格してやるわい。

 面接とか余裕だ、どこからでも攻めてこい。

 闘志がメラメラを沸き、やはりフーフー言いながら寝たのでした。

|

« トッキュウジャーのショー&ライブ | トップページ | レッツゴー幼稚園(2) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/57860862

この記事へのトラックバック一覧です: レッツゴー幼稚園(1):

« トッキュウジャーのショー&ライブ | トップページ | レッツゴー幼稚園(2) »