« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年の終わりに

 夫です。


 2016年の大晦日です。

 今年もあっという間でした。

 毎年そんなことを言っている気がします。



 今年は、私が大学院の社会人課程を修了しました。

 怒涛の1年間が終わり、仕事も通常運転。

 と思いましたが、担当案件が増えたことで、結局、怒涛のまま年末まで走りました。
 
 ただ、夏から週1でスポーツジムにも通い、再び体作りを始めています。
 
 12月には40代に突入しました。



 家族は、セラが年中組になり、女子力が増してきました。

 めばえ教室とチアリーディングに通い、ものづくりが好きな女の子になってきました。

 妻は幼稚園の役員を外れたものの、壁に足の小指をぶつけて骨折。

 ピザ屋のバイトは楽しかったようです。

 家族で春に大阪に行き、夏はプレジャーフォレストと長野に行きました。
 
 
 
 世界を見ると、ブレクジットの衝撃とトランプ旋風。

 不安定感が増し、先行きが不安になりました。

 日本でも熊本の地震があり、再び震災の恐ろしさと備えの大切さを感じました。
 
 そんな中で、年間を通して話題の中心だった「ゲス不倫」。
 
 SMAPの解散も最後の最後まで話題でした。
 
 スポーツ界では、野球が結構盛り上がった年でした。

 カープのセ優勝もあり、それをも凌ぐ日ハムの日本一の立役者はやっぱり大谷選手。
 サッカーでは、代表で原口ら若手が台頭し、年末はアントラーズがCWCで奮闘。

 そうそう、Bリーグも開幕しました。
 そして、何といっても、今年はリオでオリパラがありました。
 
 オリもパラも、日本にとってはメダル数が史上最多で大いに盛り上がりました。
 
 さぁ次は2020だ!と視界が開けた中で、3会場見直し問題がありました。

 
 というわけで、今年もたくさんの人にお世話になりました。
 
 逆に、自分たちがどれだけ他人の助けになったかは、あまり分からず。
 
 1年間、無事に過ごせたことに感謝しきりの2016年でした。
 
 来年も予想外なことがきっと多く起きるでしょうが、根っこの大事なことは忘れずに。
 
 更なる良い年になるように、頑張っていきます。
 
 来る年も、家族ともども宜しくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラおばさんで詰め放題

 夫です。



 ステラおばさんというクッキー屋さんをご存知でしょうか。
 そこで9のつく日は、詰め放題を880円でチャレンジできるようです。

 特に時間制限もないんだとか。
 
 詰め放題が好きな妻がこれを見逃すはずがありません。

 年の瀬ですが「詰め放題にチャレンジしたい!」と意気込んで、皆で行ってきました。


 


 




 が、そんな簡単にできるものでもありません。

 ネット上では、様々な人たちが自分の「作品」を自慢気にブログに載せています。

 その「作品」たちは、もはや芸術の域。

 13枚詰めれば元が取れるというのに、30枚以上詰め込んでいる猛者もいます。

 妻は、ネット上の見知らぬ猛者たちを「師匠」と呼び、研究していました。




 そんなイメトレをしながら、店に到着。

 すでにチャレンジしている若い女性がいます。

 鼻息の荒い妻も店員から説明を受けて、いざスタート。

 ショーケースをざっと見て、表面がザラザラのクッキーを探します。

 そして、まずは袋の中から積んでいきました。

 とはいっても、袋に詰めるのは2列くらいで、すぐに袋からはみ出します。

 勝負はここからで、クッキーとクッキーの間にクッキーを詰め込んでいきます。

 その押し込むパワー、絶妙のバランス、先を読むイメージ。

 いずれも大切ながら、危なっかしい感じになってきて、店員が後ろに控えていました。

 恐らくタワーの崩壊を恐れて、受け皿を持っています。

 妻は、店員のプレッシャーに最終的に負けてフィニッシュしました。

 「あのプレッシャーがなければ、もっといけた」

 そんな言葉を残しながらも、初めてのチャレンジで29枚(2250円分)。
 しっかり元を取りました。





 


 
 帰ってきてからも、また知らない猛者の「作品」を見て研究している妻。

 2017年もチャレンジは続きそうです。

 9のつく日は、クッキーを食べる日が増えそうです。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

 夫です。

 昨日17日は、私の誕生日でした。
 前日から、何かが起きる予感・・・。

20161217_2


 そして、当日起きると、リビングの壁に貼ってあったのです。

 力作。

 セラが描いたんだそうです。

 小さく描いてあるので後で聞きましたが、サンタやトナカイもいるみたいです。

 そして、リンゴや桃なども。

 サッカーゴールもあるとか。

 全体のバランスが面白いですね。

20161217_3




 そして、昼には、誕生日ケーキを・・・

 と思ったら、幼稚園でもらったクリスマスケーキ。

 そこに、ろうそくが3本しかないから・・・とルマンドを4本挿すという荒技(笑)。

20161217_4

 


 今日は近くのスーパーに買い出しに出掛けるくらいで、ゆったり過ごしていました。

 夜はセラも夕食作りに参加したようで、これまた力作ができました。

 「ケーキごはん」だそうです。

 たしかに、見た目がケーキみたいに盛っていますね。

20161217_1

 


 さて、誕生日を迎えて、私も40代に入りました。

 まだ実感はないですが、1つの区切りではありますね。

 「不惑」とも言いますが、寿命が大きく変わったので、一概には同じとは言い切れず。

 むしろ、色々な情報過多の時代で惑うことが増えました。

 「自分は足りない」と思い続けていた30代から、次の40代へ。

 まだまだ足りないことだらけですが、もう少し目を向ける先を変えていかないと。

 その意味で、今の立ち位置や働き方も含めて考え直したいと思っています。

 今のままでは、30代で頑張ってきたことが無駄になってしまう。

 また「焦り」が出てきてしまいました(笑)。

 そして、もう少し外に目を向けたいとも考えています。
 自分の得意なことと苦手なことは分かってきました。

 苦手なことで没頭していると、どうしても内に入ってしまいがちです。

 もっと外に目を向けて発信し、内に還元することの方が得意なはず。

 そういう方向に持っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドベントカレンダーの季節

 夫です。



 今年もクリスマスの時期がやってきました。

 (そういえば、アメリカでは「Merry Christmas」とは最近言わないようですね。)

 我が家も、クリスマスを楽しみにしているセラがいます。

 というわけで!

 今年もクリスマスまでのカウントダウンをすべく、アドベントカレンダーが始まっています。
 今年で3シーズン目に入ります。
 
 セラは、サンタさんがアドベントカレンダーを持ってきてくれたと思っているようです。
 
 実際には、セラの部屋のクローゼットに入れていたんですけどね(笑)。

 この時期になると、アドベントカレンダーに毎日仕込まないといけないんです。

 絶対に忘れてはいけない日次タスク。

 我が家では、1日の箱に、手紙とお菓子を入れています。
 たまに忘れて布団に入ってから気づき、モソモソと起きて仕込んだりもしています。

 箱が小さいので、それに入るサイズの個包装のお菓子が必要です。

 この時期は、私はコンビニやスーパーでお菓子の物色をするのも定番です。

 

 この前は、お菓子の種類が少なくてネタ切れになったので、家にあったお菓子を投入。

 実はそれがハロウィンのときに余ったお菓子だったようで、セラが怒っていました。

 「これハロウィンのお菓子じゃん!」

 めんどくさいな(笑)。

 また別の日には、シュワシュワ系のラムネを入れたのに、セラが怒っていました。

 「これ、セラが嫌いなやつ~」

 そんなところで自己主張が出てきた5歳児。

 そして、妻からは警告のメッセージをもらいました。

 「最近、サンタに対する不信感が出てきているよ。」

 アドベントカレンダーで何故こんなプレッシャーがかかるんだ・・・






 というわけで、段々ハードルが上がってきている恒例行事です。

 とはいっても、セラは楽しみにしているので、今日もあれこれ考えています。

 ちなみに、手紙は、極小の折り紙にメッセージを書いています。

 この前は、「やさしいおねえちゃん」と書いたら、喜んでいたようです。

 「たこやき おいしかった?」というメッセージには、「何で知ってるの!?」と。

 まぁ、すぐ傍で見てるからねぇ(笑)。






 あと2週間くらいありますが、ネタ切れと闘いながら頑張っていこうと思います。

 今夜は何のお菓子を入れようかな。

 知らんわ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレッシュは身体を動かして

 夫です。
 今の会社で恐らく初めての徹夜作業でした。

 その後、朝5時、渋谷の街を写真に撮ってインスタにUP。

 すると、瞬く間に「いいね」がたくさんつきました。

 何の気なく撮った写真なのに、さすがは渋谷。

 



 そして、始発でも人が多いのが、やっぱり渋谷。
 
 フラフラになって帰ってきました。
 
 少し寝てから、久しぶりのフットサルに出掛けました。

 フットサルに参加するのは、2か月ぶりでした。
 
 さすがに息が上がりました。
 しかし、体を動かすのは 気持ちいいですね。
 疲れの取り方は人それぞれですが、私はスポーツをするのが最も良いです。
 スポーツ好きの中には、同じ人が結構多いかもしれません。
 身体が疲れたら頭を使え、頭が疲れたら身体を動かせ、と聞いたことがあります。
 
 一見すると余計に疲れそうですが、逆転の発想かもしれません。




 その後、フットサルを終えてそのまま飲みに行きました。

 さすがに帰りの電車ではずっと寝ていました。

 良いリフレッシュになった1日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働き方を変えよう

 夫です。

 電通の社員が自殺した事件があってから、世の中は働き方改革が進んでいます。

 首相官邸のサイトにも、働き方改革の会議進捗がアップデートされていますね。

 大手だと、朝時間に移行するとか、強制的に電源を消すとか、色々な方法があります。

 安倍首相も力を入れているので、注目されやすくなっています。
 



 私も、働き方については色々と変遷してきました。

 最初の会社では、仕事自体が重くなかったので、残業はほぼありませんでした。

 独り暮らしで時間が余ってしまい、掃除をしたり、ジョギングに行ったりしていました。

 ただ、私自身はもっと経験が積みたくて、早く帰れることにはネガティブでした。





 前の会社では、逆に、業務量が一気に増えました。

 入社後1週間で、23時過ぎまで残る毎日。

 それでも、結婚・子供の誕生で、働き方を考えるようになりました。

 効率化して早く帰りたい。

 ノー残業デーを作り、自らが先頭に立って実行していました。

 朝の出勤時間を早めていましたが、日中は会議が多く、自分の作業は後回し。

 そのため、後半になると終電までいることが増えました。

 今の会社では、業務の中でも特に作業系がさらに増えました。

 PCを常に持ち歩き、スマホにはskypeアプリも入れています。

 ポジティブに言うと「いつでもどこでも仕事ができる」ですね。

 でも、実際には仕事に縛られてしまいます。

 フロントに立つことも増えたので、緊急対応もあるし、手作業も多いし・・・

 働き方という意味では良くない状態です。

 全社視点で負荷分散を検討しているものの、なかなかうまくいかず・・・



 未だ出口が見えていないですが、働き方はそろそろ本気で考えたいです。

 家族がいる以上は、家族との時間を割くべきでないと思うんです。

 土日は土日で何かしらやることもあるので、余力を残しておきたいですね。

 中小企業は大手と違って仕事量を減らしにくい状態にあります。

 でも、トーニョーのこともあるので、そろそろ・・・
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔道グランドスラム2016

夫です。

今日は、セラと一緒に柔道の国際大会を観戦してきました。

柔道グランドスラム2016です。

リオ後の初の国際大会です。

そのため、リオに出た選手もいる注目の大会。

既に2020へのカウントダウンが始まっていますしね。





私たちが会場に着いたのは、12時半頃。

会場は、東京体育館(千駄ヶ谷)です。

天気が良いのと最終日ということもあり、多くの観客。

まずは東京体育館のカフェで腹ごしらえ。

急いで食べて会場に入ったときは、既に多くの人でごった返していました。





中では、2面の畳と多くの報道陣。

選手入場口から畳までは、カメラが追いかけます。

なかなかのエンターテイメントですね。

テレ東のサイトでは、マルチアングル動画もあるようです。

日本選手は、その中で「常に勝つこと」を求められます。

日本スポーツの中でも特殊な環境ですね。

こういう国際大会も、決勝に来て当たり前。

逆に、日本人が決勝にいないと違和感があります。

でも、競争はかなり激しく、メダリストでも安泰ではない模様です。

それがまた競争を生み、良い循環になるんですね。








とはいうものの、会場にいた時間は長くありませんでした。

セラは、早々に飽きてしまったんです。

確かに、どちらがポイントを取っているか、会場では分かりませんでした。

これだと、試合の流れが読めません。

多くの試合数をこなすため、淡々と進行していきますしね。

セラは乗り切れずに、早々に帰ることになりました。

ただ、道着を着たナナナとの写真は撮れました。

子供向けには、やっぱりゆるキャラは強し。





もうちょい残っていれば、決勝やスタジオも観れたのに…

これはまた次の機会に期待します。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »