« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

十条ラーメン「流」

 夫です。


 週末、十条のラーメン屋さんに行ってきました。

 元々は、東十条の「ほん田」に行きたかったんですが、臨時休業。

 そのため、もう少し先にある十条で有名な「流」に行くことになりました。

 


 食べログ3.6の高評価店舗。

 それだけの高評価であれば、さぞや行列になっているだろうと覚悟していました。
 
 が、行った時間が良かったのか、それほど混んでいませんでした。
 (それでも外で15分間以上並びましたが・・・)



 家族で行ったので、私はセラと大盛りラーメンを分けて食べることに。
 
 妻は、久しぶりに「辛いものが食べたい」ということで、辛つけ麺です。
 
 この店は煮干しラーメンで有名だそうで、店の中は煮干しの良い香りでした。
 シンプルな味ですが、煮干しがきいていて飽きない感じ。
 ネギがちょっと辛いのがいいアクセントになっています。
 一人で来ていたら、一気に食べてしまうラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランプ大統領の就任演説

 夫です。


 トランプ大統領がついに始動しました。

 先日、遅くに帰宅したんですが、TVをつけたらちょうど就任式の様子をやっていました。

 トランプ大統領の就任演説が注目されていました。

 大統領の方向性が示されるため、世界中の注目を集めています。
 
 それはもうアメリカのみの問題ではありません。
 私も他人事ではない気がして、そのままTVで見ていました。



 内容としては、選挙中と変わらないものでした。
 
 具体的な国名などは出なかったものの、何を指しているかは分かる内容。
 
 もっと抽象的な内容になることが通常のようです。
 
 だからといって具体的なスケジュールが出てきたわけでもありません。
 そのため、どっちつかずの中途半端なものでした。
 とはいえ、選挙中に話していた内容は繰り返されていました。


 この就任演説に対する反応は様々。
 投資家は反応するにできない内容だったこともあり、大きな変化はなし。
 メディアは、概ね批判的だったと思います。
 演説後すぐにTTP離脱にサインしたので、これまた批判の的になりました。
 
 就任式の外ではデモも起きていたようですし、しばらく落ち着かないでしょう。




 日本は早めに安倍首相がトランプ氏に会っていました。
 
 早めに手を打っていたことが吉と出れば良いんですが。。。
 保護主義によりまだ見えていない影響も時期に明らかになると思います。

 また、中間にいるリーダーによりいくらか中和されるという期待もあります。

 日本からもきちんとウォッチしていく必要がありますね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のパン祭り

夫です。

先日、セラとパン作りをしました。

いつかにやったことがあるので、今回が2回目。

セラは2回目開催を心待ちにしていました。

ただ、4時間くらいかかるので面倒だなぁと(笑)。

ですが、急に開催が決まりました。



今回は、買い出しから。

分量を計るのは妻に任せて、強力粉1kgで挑戦。

うむ、結構多いな。

まずは、イーストや卵などと一緒に混ぜます。

ベタベタするので手にまとわりついて苦戦。

この段階から、セラがうるさい…

でも、なるべく自分で触らないと意味がないですよね。

というわけで、あれこれ言いながらもセラも挑戦。

まとまってきたら台の上で捏ねてドン、捏ねてドン。

何となく形になってきました。

その後、60分間置いて膨らませます。

が、思ったよりも膨らまず。

後には引き返せないので、丸めたり切ったり続行。

成形するときは、セラの想像力が爆発しました。

メガネとか、亀とか、ケーキとか。

なせ今ソレ?と聞きたくなるチョイスです。

対して、私はなんの変哲も無いものばかり。

自分の創造力のなさを痛感する時間です。














その後に40分間置いてから、焼きに入りました。

焼き上がったときのあのパンの匂いは、最高です。

膨らんだらあちこちくっついてしまいましたが…。

食べてみると、中身ぎっしりの感じ。

思ったほど膨らまなかったのは、なぜだ…

イーストが若干古かったのかな…

中身ぎっしりのため、すぐに腹一杯になる…








ま、今回も楽しくできたので良し。

チョコやレーズンを使うことを覚えました。

次回は、コーンなども使って惣菜パンもできないかな。

そして、もっと軽いパンにしたい(切望)。

自分で作るのって良いですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにゃくパーク

 夫です。



 前回エントリーでロックハート城のことを書きましたが、続きがあります。



 ロックハート城の後に、「こんにゃくパーク」に行ってきました。



 というか、最初はこんにゃくパークに行く予定でした。

 

 こんにゃくパークのHP



 (カーナビ設定の注意点も書いてあり、このサイトは親切だなと思います)




 このこんにゃくパークは、見どころ沢山なので楽しみにしていました。



 まずは、こんにゃく料理のバイキング。



 なんと無料のバイキングです。


 食材はこんにゃくだけで、色んなものを似せて作っています。



 中でも面白かったのが、から揚げ・ラーメン・レバ刺し、でした。



 「へぇ~、これもこんにゃくでできているのか!」とお決まりのリアクションばかり。



 





 でも、本当にそう言ってしまうほど面白い(美味しい)ものばかりでした。





 そして、その隣には(予想どおり)販売エリアがありました。

 無料バイキングで食べて、おいしかったものを買って帰る、という流れですね。

 が、妻のここでの目的は、「こんにゃく詰め放題」でした。

 先日のクッキーに続いて、今回は群馬まで遠征して詰め放題をするんです。

 セラは、完全に応援モード。

 妻は、完全に戦闘モード。

 でも、よく見ると、こんにゃくの種類が少ない!



 と思ったら、台の向こう側にいた女性が「今日は良いのがないわねぇ~」と。

 妻 「先輩!そうなんですか?」

 女性 「そうよ。いつもはこんにゃく板とか、ラーメンこんにゃくもあるのに」

 妻 「なるほど」

 女性 「あなた、もう少し詰めれば入るわよ」

 妻 「え、もう10袋入れてますけど・・・」

 女性 「中に入れ込めば大丈夫。レジまで持っていけば落ちても良いから」

 妻 「そうなんですね!やってみます!あ、入った!ありがとうございます!」

 といった具合に、なぜか初めて会った女性を「先輩」と呼んでいました。



 そして、「先輩」からアドバイスをもらい、11袋詰め込みゲット。


 それでも「先輩」は最高13袋いったそうで、妻は「まだまだか・・・」と悔しい顔。

 ま、こちらは十分楽しめました。




 残念だったのは、工場見学が既に業務終了でつまらなかったこと。


 そして、外は雪が降ってきて帰らざるを得ず、足湯に浸かれなかったこと。

 産直パークなる建物もあり、妻は再チャレンジを誓っていました。

 お土産も両家に喜ばれたので(勿論、こんにゃく)、めでたしめでたし。

 まだ行ったことない人は、是非行くことをお勧めします。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックハート城

 夫です。





 連休中に、群馬のロックハート城に行ってきました。

 城が関東に!?


 というのも、本屋で雑誌を見ていたら、セラが「これをやりたい!」と志願。


 見ると、「お城でプリンセス体験」という情報が載っていました。

 見つけたセラも凄いですが、よくそんな体験があるなぁ、と。


 
 でも、セラ志願のものなので、行ってみることにしました。






 当日は少し早目に出発。

 連休中でしたが、意外にも道は空いていて、SAに寄りながらのんびり行きました。

 途中に寄った道の駅(昭和村)では、妻がスパーク。

 足湯もあったので、この道の駅だけでも満足モノでした。









 そこから少し離れたところに、目的のロックハート城がありました。

 行くまでは、「本当にこんな場所に城があるの・・・?」と不安が募る一方。

 城ということはかなり高い建物のはずなのに、一向に見えてこなかったからです。

 城に着いてみると納得。

 そんなに広い敷地ではなかったんですね。

 敷地内の案内図を見るとかなり広そうですが、1つ1つの建物がこじんまり。

 外は雪が降っていて寒いので、さっさと入ろうということで入城しました。



 




 プリンセス体験は60分間しかないので、先にランチをすることに。

 (道の駅の農園レストランで食べてくれば良かった・・・と後悔しながら)

 寒いせいか客もまばらでしたが、エビフライを食べながらセラはワクワクしていました。


 「これから私はプリンセスになるんだ!」

 そんなワクワク感が伝わってくるようでした。








 ランチが終わると、いざ、ロックハート城へ。




 中に入ると、意外にもプリンセス体験をしている人が既に数組いました。

 外には撮影スポットが沢山あるのに、何で城の中で写真を撮ってるんだ・・・。

 と思ったら、受付での注意で言われたのが次のこと。

 ・着替えや片付けも含めて60分間。

 ・外は残雪があるので、写真撮影は城の中だけ。

 ・60分間で着ることができるのは1着のみ。

 淡々と話しているけど完全に運営側視点で、よくこんなの平気で言ってるなぁ・・・。

 ま、よしとして、セラは早速ドレス選び。

 予想とは違って、セラが選んだのは赤のドレスでした。

 中森明菜にしか見えない(笑)。

 私の頭の中では「ミ・アモーレ」が流れ始めました。

 が、セラ本人は満足そう。

 であれば、早速、写真をどんどん撮らないと。

 ということで、城の中のあちこちで写真を撮り始めました。

 時には、表情作りで妻の指導を受けながら。

 時には、見知らぬおっちゃんにブレブレで撮ってもらいながら。

 時には、(本人曰く)クールに決めながら。

 片づけも入れると、あっという間の60分間でした。













 終わってからは、ロックハート城の中にあるチャペルを覗いてみました。


 ここで、「いつかそのとき」をイメージして写真をパチリ。

 まだ5歳ですが、ワタクシ、一瞬だけ感無量になりました。

 いつかそのとき、正気で立っていられるでしょうか。

 (妻からは、「号泣するね、きっと」といつも言われています。)








 そんなこんなで、ロックハート城は終わり。

 あまり楽しんでいなかったけど、春になれば城の外でも撮影できるので良いかも。






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田英寿がIFAB入り

 夫です。

 今日入ってきたニュースですが、中田英寿さんがIFABの委員に任命されたようです。
 
 http://news.livedoor.com/article/detail/12507380/

 このIAFBは、FIFAの一部とされています。

 そのIFABの中に、アジア代表として中田英寿さんが任命されたとのこと。

 理由は、やはり現役時代の実績と知名度でしょう。

 それこそ最強時代のセリエAで活躍したプレーヤーでした。
 (匹敵するアジアプレーヤーと言えば、マンUで活躍した朴智星くらいです)

 中田英寿さんは私と同じ学年なので、常に注目していました。

 29歳で現役引退すると、「自分探し」のためか世界を回る旅へ。

 その後、日本の伝統技術を知るために、日本全国を回る旅へ。

 そして気づいた「日本を世界に知らしめる」ことのため、日本酒を広げる活動。

 その一方で、TakeActionという活動でサッカーと関わってきました。

 とはいえ、チャリティマッチくらいしかプレーしておらず、明らかに距離を取っていました。

 サッカー界の将来を担うと期待されながら、敢えて外にいるような存在。

 (逆に、期待通りに中核を担っていきそうな宮本恒靖とは逆の動きに見えました)

 それが、引退から10年以上経って、ようやくサッカー界のど真ん中へ。

 意外であると同時に、うれしいニュースでした。




 
 ただ、気になるのは、①IFABがどんな機関なのか②中田英寿さんの発言力は?、です。

 ①については、まだ一般にはあまり知られていないように思います。

 ルール改正にも関わっていくようですが、諮問機関であれば決定権はなし。

 ただ、知名度ある選手出身の委員がいれば注目されるはず。

 ②については、発言力は意外と大きいのではないかと思います。
 
 国際機関で大事なのは、英語を話せることと、自分の意見を出せること。

 中田英寿さんは、そのどちらも兼ねています。
 



 国際機関(IF)でアジア(そして日本)の委員がいるのは、とても大事なことです。

 日本にとって不利になるようなルール改正も今まで多くなされてきました。

 (例えば、水泳でバサロの制限などです。)

 そういう世界のルール決めの中にいることは、不利に働く力を阻止できます。

 諮問機関でそこまで力はないかもしれないですが、今後に期待です。

 http://theifab.com/#!/structure
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年の初めに

 夫です。

 あけましておめでとうございます。

 といっても、我が家は喪中なので、年始の挨拶を控えていました。

 年賀状も作っていません。

 (が、年賀状を多数もらっているので、今日、急ぎで寒中見舞いを作っていました)





 2016年大晦日までは、自宅で過ごしていました。

 家族3人、あちこち歩きに歩きました。

 そして、年始の2日間は、両家の実家へ。

 私の実家では、甥っ子2人が全開モードではしゃいでいました。

 夕方には、グラウンドに行ってボールを蹴りましたが、それでも元気は収まらず。

 最後の最後まで走り回っていました。
 当然、セラは付いていけず。

 いつもどおり、最後になってようやく一緒に騒いでいました。

 その後、妻の実家に泊まらせてもらい、翌日は姪っ子2人とセラ。

 こっちは女の子同士だからか、最初からセラも一緒に遊んでいました。

 お姉ちゃん達に交じって遊んでいると、時々、セラも発言している模様。

 「ちゃんと片付けよう!」って、優等生発言が聞こえたたときは笑えました。



 三が日のラストは、セラの冬休みの宿題を手伝っていました。

 テーマを「門松」に定めて、道具を買うところから制作まで。
 結局、終日かかってしまいました。
 しかも、何だかんだで一番ハードだった気がします・・・。

 そんな年末年始休暇も、あっという間に終わりです。

 明日からは、私も仕事に戻ります。

 って、すぐに3連休がやってきますね。

 休みが多いのは嬉しいけど、その分営業日が少なくて業務は詰まり気味。

 そこが社会人にとっては痛いところ。

 恐らく最初から飛ばしていかないと、月末が苦しくなってくるような気が・・・(怖い)。

 40代に突入したので、色々と変えていこうと思っています。

 働き方も、もっと朝方にシフト。

 体作りを見直して、年間100km以上ジョギング。

 仕事は、外との交流を増やしていく。

 自分のため、会社のための他、「社会のため」何ができるかを考えていく。

 



 そして、我が家にとっては、今年2人目の子供が生まれる予定です。

 妻のお腹も分かるようになってきました。

 セラは、妻の手伝いをよくしていて、もうすっかり「お姉ちゃん」風です。

 まだ性別は分からないものの、少しずつ準備をしていかなければ。

 というわけで、今年は(も)忙しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »