« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

年度末は(も)忙しい

 夫です。

 年度末の時期は忙しい、世の常ですね。

 私の会社では、クライアントが3月が年度末のことが多く、今が忙しい時期です。

 (12月も忙しいと言っていた気もしますが・・・)



 私が関わっているプロジェクトが正にそれで、忙しさもピークです。

 (そんな中でも、W杯予選のUAE戦はリアルタイムで見ていました。)

 よく言うデスマーチってやつです。

 今月はとにかく納期がタイトなので、4時間睡眠が続いています。

 うーむ、眠い・・・




 そんな中、こんなことがありました。

 納期がかなりギリギリなうえにあまりうまくいっていないプロジェクトです。

 先日、クライアントに報告(という名の謝罪)に行きました。

 絶対やりきらないといけないので、「土日も含めて対応します」と。

 そういえば、その前の3連休だって仕事していたし、平日も深夜までやっています。

 クライアントもそこは分かってくれていて、「忙しいのにありがとう」と言ってくれました。

 ありがとうと言われてもプレッシャーが緩くなったわけではないんですよね。

 そのため、その日からまた気合を入れ直して対応。

 勿論、そのプロジェクト以外にも仕事は沢山あるわけで。

 こうなったら仕方ないから、やりきるしかないと腹をくくったわけです。

 そして、一緒にプロジェクトをやっている若手も遅くまで頑張っていました。

 ただ、このままだと、どうしても間に合いそうにありません。

 私  「うーん、土日も出勤してやるしかないな・・・。」
 
 若手 「え??日曜は良いですが、土曜は・・・。」

 私  「おいおい、出勤しなくても良いけどさ。このままじゃ間に合わないよ。」

 若手 「土曜は用事が・・・。」

 私  「俺は子供と妊婦の妻がいても連休も深夜もやってんだぞ。」

 若手 「えーと・・・。じゃ、夜だけなら・・・。」

 私  「間に合えば良いよ、家でやっても良いし。作業できるようにしておいて。」

 若手 「分かりました。」







 こんなやりとりがあったんです。

 クライアントからの信頼を失いつつある中で、今はどうしてもやらないといけない状況。

 その原因の一端は、この若手の「仕事に対する意識の甘さ」でした。

 でも、こういう時は個人を恨んではいけないというのが鉄則。

 こういう状況になったことで責任感が生まれてくるという教育的側面もあります。

 そして、その他のメンバも土日対応していて、クライアントも休日出勤していました。

 その中、なぜ「自分が一番頑張ろう」と思えないのか・・・。

 まだ甘さが残っているんだなと痛感しました。






 昔よく言われたのが、「上司が残っているから帰れない」という若手の言葉。

 これ自体はくだらないと思うし、用事があれば帰っても良いと思います。

 ただ、これには「上司とは別の仕事をしている」という前提があると思います。

 同じプロジェクトで正に連携しているのであれば、協力できることはあるはず。

 お互いの負荷を下げるためにできることは絶対あるはずです。

 その意識が欠落している点に愕然としてしまったわけです。






 とはいえ、ハラスメントと教育の境目も気になるこのご時世。

 難しいなぁ、うーむ、難しいなぁ、うーむ、うーむ・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チア頑張ってます

夫です。

最近のセラは、チアを頑張っています。

チアリーディングは団体競技のため気を抜けません。

全体で合わせるには、まず個がしっかりしないと。

なぜか中央のポジションになったセラ。

なのに、周りと全然合いません。

テンポが違うし、そもそも右と左を間違えます。

向かい合う人から踊りを教わるのは難しいんですよね。

今は反転動画がありますけど…。

とはいえ、皆ができているのにセラは間違えすぎ。

コーチからも頻繁に怒られていました。

妻は、もう見ていられないと自宅練習スタート。

そこでもなかなかうまくいかず、悶々とする妻。

しかし、「セラを外してください」とは言えません。

つまり、やるしかない状況なんです。

妻も覚悟を決め、毎日のように特訓が始まりました。

同じチームの子とも合同練習をやってもらいました。

それでもミスが減らず、コーチに怒られるセラ。

最終的に私も「ヤバい」と気づき、少しだけヘルプ。

確かに、「何で?」と思う初歩的なミスをします。

セラ本人は、追い込まれている感覚がないのかも。

それでも、怒られ怒られ、そして泣かされ、また練習。

偉いなと思うのは、「辞めたい」と言わないこと。

自分から練習をするわけでもないですが。

でも、「練習するよ」と言えば、「はい」と答えます。

普通だったら、「もうやりたくない」となりますよね。

打たれ強いのか。

「チアは好き?」と聞くと、「好き」と答えます。

まぁ、このハートは大事ですね。




昨日、チームでビデオ撮影がありました。

ビデオ審査に出すための撮影です。

ココが1つの山場なので、月曜も練習しました。

滑らかな動きはできないけど、ひとまずミスなく終了。

ひと安心。

コーチからも褒めてもらったそうです。




妻は、悶々としています。

元は、伸び伸びと楽しめるように始めたチア。

なのに、上手くできないからと怒ってしまう矛盾。

でも、スポーツはそういうものだとも思います。

苦しいのを乗り越えた先に楽しさがあるもの。

ダラダラやっても達成感はありません。

私も、部活時代があってこその自分だと感謝してます。

私は器用ではなかったので、相当シゴかれました。

器用でないのは妻もセラも同じ。

苦しみ抜いたうえでようやく体得するんです。

私は母に「うちは天才はいない」と言われてきました。

そういうもんです。




というわけで、まだ完成度は低いものの1つ終了。

そして、次がすぐやってきます。

頑張って踊っていきまっしょい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ開幕

 夫です。


 先週末から、いよいよJリーグの2017シーズンが始まりました。

 我が浦和レッズは、VS横浜Fマリノスでまさかの黒星スタート。

 Jリーグの結果はこちら

 むぅ・・・混乱続きだったマリノスに敗れるとは・・・。

 まぁ、まだ1試合目が終わっただけなので、別に慌てる必要もないか。

 ACLを含めて長い闘いなので、これから巻き返していくしかないですね。





 今年のJリーグは、2つの点で注目されています。

【動きの大きかった移籍】soccer

 今年は移籍で大きなニュースが多い年でした。

 中村俊輔選手が、横浜FM→ジュビロ磐田に移りました。

 大久保選手が川崎F→FC東京に移り、代わりに家長選手が川崎Fに加入しました。

 その他、佐藤選手が広島→名古屋に移ったり、清武選手がC大阪に復帰しました。

 そのため、移籍した選手がどう活躍するか注目されています。

 昨年のクラブワールド杯2位の鹿島はうまい補強をしましたが、開幕戦は黒星。

 さて、これからどうなっていくでしょうか。

【DAZNの中継】soccer

 昨年、Jリーグがスカパーからパフォームに放映権契約を乗り換えました。

 その契約金額は、10年で2000億円越え。

 ビックリの大型契約だけに、今期からパフォームのDAZNでの中継が注目されます。
 ただ、スカパーと違って、基本的にインターネットで見ることになります。

 そのため回線不足が心配され、やっぱり開幕戦でその心配が的中しました。

 見ていても「遅い」という不満が沢山出たそうです。

 見ている人のインターネット環境にもよりますしね・・・。

 これからどう改善されていくのかな。

 ※ちなみに、スマートテレビ等を使ってテレビで見ることも可能です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »