« 那須小旅行(おまけ) | トップページ | コウノドリで泣いてしまう »

電気スタンド

 夫です。

 セラが就学前検診で、「視力が良くない」と判定されました。

 妻は視力がすこぶる良くて、私の方がコンタクトです。

 しかし、まだ幼稚園児。

 高校生になればコンタクトということもあるでしょうが、それまでは眼鏡は嫌かな。

 とはいっても、就学前検診で言われただけだと本当かどうか分かりません。
 事実、セラも「やり方がよく分からなかった」と言っていたそうです。
 
 目を隠している方で見ようとしていたとか。

 というわけで、セカンドオピニオンで他の病院で視力検査。

 しかし、ここでも左目の視力が0.2と出てしまいました。

 ここでの説明がよく分からなかったので、また別の病院でサードオピニオン。

 しかし、やはり左目の視力は0.4で良い結果にはなりませんでした。

 その日の体調などにもよって変わるかもしれませんが、悪いことは悪い。

 そこは事実のようです。






 子供の視力は、8歳程度でピークが決まってしまうようです。

 そこから先は下る一方で、どれだけ落ちる曲線をなだらかにできるかしかできません。

 (レーシック手術や視力アップトレーニングは外して考えます)

 それもあって、今は早い段階で矯正眼鏡というものがあるようです。

 歯の矯正と同じように、目も矯正できるんですね。

 が、それは結局は眼鏡をかけるということであって、うまくいけば眼鏡が外れるかも。

 それを聞いたとき、セラは、「眼鏡は嫌だ」と言って泣いたそうです。

 私は、妻からその話を聞いたとき、胸が苦しくなりました。

 TVを見せすぎたとか、電気スタンドを買ってなかったとか、色々あります。

 しかし、目が悪くて、そのうえ左目は乱視が入っているって、それは私の遺伝。

 そう考えると、何とも言えない気持ちになってしまいます。

 顔が似ているとか、そんなのは笑い話で済むかもしれません。

 が、笑い話では済まない話です。

 目が見えなくなるという話ではないものの、それが自分に起因しているとは。。。







 で、居ても立っても居られなくなり、会社終わりで渋谷の電器屋へ。

 とにかく電気スタンドを買わなくては!

 と思いましたが、電器屋で、「いや、こういうのは自分で選ばせるべきだ」と。

 何でも親が与えれば良いというわけではないですよね。

 どうせなら、自分が好きな電気スタンドを選ばせて楽しんだ方が良いかな。

 というわけで、その日は目を温めるアイマスクだけ買って帰ったのでした。






 そして、今日。

 私は、セラと2人で電気スタンドを買いに行きました。

 色々あって悩むかなと思いましたが、意外とセラはすんなり決めました。

 こういう時に悩まずにすっと選んでしまうセラ。

 見た目もシンプルで、値段も手頃でした。

 自分で選んだだけあって嬉しかったようです。

 帰ってすぐに箱から出して、自分の机の上にセットしていました。

 こういうのが大事なんだな、と実感。

 もし、眼鏡をかけることになったら、眼鏡ケースを自分で選ぶとかさせてあげよう。

 常に親が先回りするのではなく、楽しく一緒に進むことを考えていきたいと思います。

 

 

 

|

« 那須小旅行(おまけ) | トップページ | コウノドリで泣いてしまう »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/72201484

この記事へのトラックバック一覧です: 電気スタンド:

« 那須小旅行(おまけ) | トップページ | コウノドリで泣いてしまう »