« 宇都宮ロードレース | トップページ | セラ、初の小学校運動会 »

日大の悪質タックル問題

 夫です。

 どうしてこうも負の連鎖が続くのか・・・。

 そう思ってしまう「日大アメフト部の悪質タックル問題」が、連日報道されています。

 特に酷いのが日大で、出てくる人が火消しではなく炎上させているという悪循環。

 せっかの「イニエスタがJ加入」というビッグニュースもかき消されています。



 大前提として、英雄視されがちな宮川選手の責任は決してゼロにはなりません。

 どれだけ追い込まれていたとしても、さすがに後ろからの猛タックルはないから。

 サッカーでも「つぶせ」という言葉はあります。

 が、確かに、元々は「怪我をさせろ」という意味ではないと思います。

 
 タイトにマークをしてボールを持たせるな、という意味合いで使います。

 「怪我をさせろ」に近いニュアンスは、「削れ」じゃないかな(経験上)。

 それに、前からのタックルでオーバー気味ならまだしも、後ろからは弁解の余地がない。

 もちろん、それを宮川選手も自覚していると思います。





 が、日大側の対応の方が数十倍も悪かった。

 多くの人が論じていますが、私も以下の2点だと思います。
1)最初に謝罪の徹底がなかった

 いきなり「指示はしていない」という全否定から入ってしまいました。

 この指示については第三者委員会などで調査をしてもらえば良いことです。

 それよりも、まずは謝りまくることが必要でした。

 最大の被害者は関学の選手だったから。

 それに、本人のところに出向いて謝罪することも遅かったですね。

2)部分的な否定を続けている

 先に宮川選手が全体のストーリーを謝罪会見で話しました。

 聞いている人からすると違和感のないストーリーでした。

 これを日大側が部分的に否定するので、ちぐはぐな感じになってしまいました。

 コーチは半落ち状態なのに、監督は全否定。

 だから、全体を通してみると、あちこち矛盾してしまいます。

 かといって、全体ストーリーをひっくり返すほどのネタも持っていないのでしょう。

 ルールを遵守し、反則指示をしていないなら、なぜ退場時に叱らないのか。

 矛盾点が多すぎて、むしろ見ていて可哀想になります。





 まだこの問題については尾を引きそうですが、残された学生のケアも必要。

 でも、肝心の日大側ではまだコントロールできていない気がします。

 学生生活は短いから、(特に4年生は)早くプレー再開してほしいと思います。




 そして、宮川選手は今後どうなるのでしょうか。

 もし、本当にアメフトを辞めるとしても、スポーツはしてほしい。

 「フェアプレイ」を深く考えた今回の経験を活かしてほしい。

 アメフト以外の非接触の競技でも良いと思います(アスリート発掘にもなるし)。

 とにかく、スポーツで得られることは沢山あるので勿体無いと思っています。

|

« 宇都宮ロードレース | トップページ | セラ、初の小学校運動会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/73557960

この記事へのトラックバック一覧です: 日大の悪質タックル問題:

« 宇都宮ロードレース | トップページ | セラ、初の小学校運動会 »