« 日大の悪質タックル問題 | トップページ | セラのニュー自転車 »

セラ、初の小学校運動会

 夫です。



 昨日は、セラが小学校に入って初めての運動会でした。



 

 初めてというのは情報がいくらあっても不安なものです。



 私にとって不安だったのは、場所取りのための朝の行列。



 元々、行列に並ぶのが嫌いなのに、世間一般では朝早くから並ぶのは父の役割。



 嫌だなぁ、と思いつつ、開門の30分前に行くと、(やっぱり)長蛇の列。



 100番目くらいでしょうか・・・。



 それでも、入ってみると日陰の良い場所が取れました。



 (というのも、セラ友の家族の傍に場所を取らせてもらうことができたからです)



 ※ 行列の先頭は、なんと夜中の2時から並んでいたそうです・・・。




 そして、義父母も来てくれて、いよいよ運動会がスタート。



 皆と同じように、私もカメラを持ってセラを撮れる場所を探索。



 正面テントの後ろからは、意外にもセラの顔が見えました。



 何だか日光がまぶしそうな表情です。



 隣にいた妻友に、「セラは地味な顔だから探しにくいんですよねぇ」と言うと、



 「パパにそっくりなんでしょ!」と突っ込まれてしまいました。

 

 

 校長先生の話で感動したのは、児童席のテント。



 最近は5月でも日差しが強いので、学校が児童席にテントを2梁購入したんだとか。



 すると、その趣旨に賛同した保護者会が6梁購入して寄付。



 まだ係の児童の席にはテントがないが、来年はもう1梁購入して完備すると。



 ありがたいし、皆で児童を守ろうという動きに感動しました。




 セラの出番の前に、保護者の綱引きがあったので、最初の出番はワタシ。

 結構、本気を出しました。

 それが終わるとすぐにセラの40m走。

 セラは、2位スタートながらトップを追い抜いたものの、ゴール手前で失速。

 そこで交わされて2位でフィニッシュ。

 ゴールを駆け抜けていれば確実に1位だったので、悔やまれるレースでした。

 セラも、走り終わって2位の旗の下で座りながら、納得できていない表情でした。




 しかし、ダンスの演目では、さすがにチアをやっているだけあって完璧。

 良い表情で踊っていました。

 

それにしても、昔に比べてダンスの振りが増えましたね。

 ダンスが中学から必修科目になったことと関係がある気がします。

 ダンスと言えば、「チェッコリ玉入れ」という不思議なタイトルの演目がありました。

 「あの」チェッチェッコリを踊り→玉入れ、を繰り返すというもので笑えました。

 なつかしのチェッチェッコリが、こんな形で使われるとは。





 そうそう、昼の弁当は、妻が前日から仕込みをしていました。

 出来上がると、「私は天才だ」と言っていました。

 そこから興奮してよく眠れなかったそうです(小学生か)。

 




 そんなわけで、楽しく過ごした運動会。

 私は保護者リレーがないためにテンション低めでしたが、結果的に楽しめました。

 小学生は、皆、一生懸命でした。

 赤だ白だと、得点が動けば一喜一憂していました。

 歌も大きな声で歌っていたし、応援団も頑張っていました。

 負ければ本気で悔しがり、それでも勝者に拍手を送っていました。

 これぞフェアプレイの精神です。

 最近、ニュースを賑わせているアメフト問題からは異次元の世界。

 清清しい。

 願わくば、撮影に夢中の大人たちは、もっときちんと拍手をした方が良い。

 私は、閉会してからの片付けを率先して手伝いました。

 他にも率先して動いている大人が何人もいて、救われた気持ちでした。

 来年の運動会も、今から楽しみです。

 (綱引きでもっと貢献できるように、筋トレがんばろ。

 





 


|

« 日大の悪質タックル問題 | トップページ | セラのニュー自転車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/73564179

この記事へのトラックバック一覧です: セラ、初の小学校運動会:

« 日大の悪質タックル問題 | トップページ | セラのニュー自転車 »