« 初カラオケ | トップページ | ようやくニカの誕生日会 »

初ふるさと納税

 夫です。

 昨日は、初カラオケの他に、もうひとつの「初」がありました。

 「初ふるさと納税」です。

 周りでも、ふるさと納税をしておいしい食べ物が送られてきたという声をよく聞きます。

 我が家は出遅れましたが、ようやくスタートです。


 出遅れた理由の1つは、税金控除のシミュレーションをしていなかったという点です。

 ふるさと納税をすると、2000円を超える部分の税金控除がなされます。

 ただ、その控除も上限額がある(=上限を超えた分は税金を払うことになる)のです。

 というわけで、事前にどの範囲でふるさと納税をするか知っている必要があります。

 各サイトにはシミュレーションができるようになっています。

 (シミュレーションも、大雑把にするか詳細にするかの差はありますが・・・)

 昨日、シミュレーションをようやく済ませたので、安心してスタートしました。





 私たちが使ったのは、「ふるさとチョイス」というサイトです。

 (TV CMで有名なのは「さとふる」ですね)

 ふるさと納税には、いろんな意図から参加することができます。

 ・お礼の品が魅力的なので、ふるさと納税する。

 ・使い道に共感して、ふるさと納税する。

 ・その都市を応援したくて、ふるさと納税する。

 我が家は、「お礼の品」を全国から探して美味しそうな特産品を味わいたくて参加です。

 そう、ここには全国の特産品が並んでいるんです。

 これには妻だけでなくセラも大喜びです。

 2人で美味しそうなものを選んでいました。

 今回は、シャインマスカットとさくらんぼを選びました。





 私はあまりそういうのは興味がないんですが、別の楽しみを見つけました。

 実際にお礼の品を選んだときに、納税したお金の使途を自分でチョイスできます。

 これが非常に興味深いことを知りました。

 というのも、「特定の使途目的」と「使途はお任せ」の2種類があります。

 前者について、その都市のサイトに行って、実際に市政をチェックしてみます。

 意外な発見もあって、その市政に参加している気分になります。

 その都市に対するコメント欄があるので、自分なりに考えを書いてみます。

 うん、これは非常に面白い。

 例えば、北海道池田町への納税では、「健康医療先端都市の実現」がありました。

 また、山梨県山梨市では、「林野保全計画の推進」がありました。

 今までそれほど考えたことがない分野です。

 自分の意見が反映されるかは分かりませんが、考えてみることが面白い。





 というわけで、違った楽しみをお互いに見つけたので、これからも続けようと思います。

 それにしても、このふるさと納税のサイトって、要はECサイトと同じ作りですね。

 仕事柄、サイトの作り方がどうしても気になってしまいます。

 というわけで、仕事半分、プライベート半分で楽しもうと思います。

|

« 初カラオケ | トップページ | ようやくニカの誕生日会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/73701432

この記事へのトラックバック一覧です: 初ふるさと納税:

« 初カラオケ | トップページ | ようやくニカの誕生日会 »