« セラの自由工作 | トップページ | 八ヶ岳旅行(2日目) »

八ヶ岳旅行(1日目)

 夫です。
 22日から夏休みを3日間もらい、山梨に行ってきました。
 まだニカが小さいので、近場で楽しめる場所。
 車の移動時間を考えて、八ヶ岳に行くことにしました。


 妻は、旅行が楽しみすぎて、前日は眠れなかったそうです。
 って、いつものことですが(笑)。 

 1日目は、べるがという親水公園が最初の目的地。
 ここは、親水公園の中に色々なアクティビティがあります。
 最初は、ニジマスの掴み取りです。
 私は、川の中でにニジマスを掴み取るものを想像していました。
 
 が、実際はというと、ニジマスはいけすの中にいました。
 
 なんだ、余裕だな。
 と思ったら、意外と難しいもの。
 止まっているわけではないし、捕まえても逃げてしまいます。
 そして、セラが完全に怖がっています。
 が、何事も経験なので、「がんばってみなさい」と。
 それでも完全に怖がって、全くできず。
 対して、妻はノリノリ。
 すぐに1匹捕まえました。
 私も何とか1匹捕まえることに成功。
 3匹目は、セラと網ですくって捕獲することができました。
 (が、どれも活きのいい魚ではなかったような…笑)
 その後、その場でスタッフが魚をさばいてくれました。
 「命を頂く」ということを見るのは食育の一つ。
 そう思って、さばく所を見せてもらいました。
 が、(もちろん)セラは怖がってあまり見られません。
 その後、串を通して火にかけると、煙が目にしみます。
 すると、セラがフラフラと歩いて吐いてしまいました。
 顔が土気色になり、貧血のような状態。
 こりゃいかん、ということで近くのベンチに座らせ休憩。
 セラにはショッキングだったのか、煙が辛かったのか。
 うーむ。
 結局、セラはほぼ食べられず。
 私たちは美味しくいただきました。

 やがて、セラの顔色が戻ってきたので次のアクティビティへ。
 親水公園内の、ダムを改造したウォータープールです。
 ここの景色は圧倒的です。
 滝と、川原と、滑り台。
 正に水遊びの醍醐味が詰まっていました。
 それがいきなり目の前に広がるので、思わず声が出ます。
 平日ですが、多くの家族客で賑わっていました。
 私たちも下に降りて、滑り台や滝での遊びスタート。
 セラは滑り台が気に入ったらしく、何度もチャレンジ。
 ニカは何度も足を滑らせ、水を飲んでは泣いていました。
 (南アルプスの天然水だから害はなし)
 川原に行くと、私はカメラを水没させ、右足小指を強打。
 楽しすぎて、羽目を外してしまいました。
 ここは何度来ても楽しめそうです。
 唯一失敗だったのは、バッグを持ちながら遊んだこと。
 
 こういう場所は、身軽にして遊ばないといけないですね。



 散々遊んだ後は、ロイヤルホテルに移動。
 しかし、ここからが大変でした。
 大変の原因は、ニカ。
 夕飯はバイキングでしたが、とにかく言うことを聞きません。
 座っていても落ち着かず、うるさい1歳児。
 椅子から降りると、フラフラと歩き回ります。
 ニカを見ながらだと忙しく、何を食べたか覚えていません。
 セラは寿司が美味かったそうですが…。
 
 まぁ、でも、1歳児の親なんてそんなものかな。
 



 夕食では暴れ放題のニカでしたが、風呂では静かでした。
 ニカは私と一緒でしたが、緊張なのか全く動かず。
 知らない人が多いからなのか、大きな風呂だからなのか。
 私は洗いやすくて助かりましが、楽しんでいたのかな…。



 その後、21時までやっている天体観測の会に参加。
 屋上に出ると天体ドームに長蛇の列。
 この日見た月は、東京で見るよりも輝いていました。
 その左には火星が、右には土星、そして木星がありました。
 こんなにはっきり見えると、ちょっと感動します。
 天体ドームの中では、望遠鏡を覗いて土星を観察。
 星もきれいに広がっていました。
 こういうのって、実際に見てみないと分からないですね。


 そんなこんなで1日目が終了。
 最終的にセラもニカも疲れてグッスリでした。
 (その前にさんざん布団の上で遊んだのもあるんでしょうが)
 

|

« セラの自由工作 | トップページ | 八ヶ岳旅行(2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426949/74098524

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳旅行(1日目):

« セラの自由工作 | トップページ | 八ヶ岳旅行(2日目) »