ゲーム

初ポケモンGO

 夫です。

 日本でも、ついにポケモンGOがスタートしました。

 オフィシャルサイトはこちら
 アプリインストールしている人も多いですよね。

 そして、特定のスポットには、ポケモンGETを狙って多くの人が訪れます。

 スマホ片手にうじゃうじゃ集まっていると、「ポケモンね」と思っちゃいます。

 普段そんなに集まらないはずの場所であれば、なおさらです。

 ただ、見知らぬ人が沢山入ってくると混乱する場所は、予防線を張っています。

 神社とか、病院とか、公的機関とか。

 その断り方でちょっとユーモアが入っていると、「うまいね!」と評価が上がったり。

 まぁ、そんなわけで、日本中がポケモンブームになっています。








 ゲームといえばツムツムくらいしかしない私も、インストールしてみました。

 そもそも、イングレスで全く楽しさが分からなかった私にできるのか・・・。

 しかも、ポケモンのカードゲームでも甥っ子にコテンパンにされているし・・・。

 とはいえ、どこでも話題にはなるので、とりあえずやってみないことには。

 






 インストールから設定までは、結構スムーズでした。

 自分のアバタ―(といっても選択肢はかなり狭い)を作ってスタート。

 GPSを使っているので、架空の地図のように見えて、実は自分が歩いている道。

 その道を歩きながら、ポケモンキャラが近くにいると、表示が出てきます。

 そして、見つけると、スマホ画面上でボールを投げて、キャラをGET。

 ほほう、意外と分かりやすいですね。






 そして、自己に繋がる恐れというのも、何となく理解できました。

 道を歩いていてポケモンキャラが出てきたり、ポケストップに向かっていったり。

 そんなことをしていると、確かに、スマホ画面ばかり見てしまいます。

 だから、行った場所でアプリを開いてみて、たまたまいればGETする。

 それくらいであれば問題ないんですね。

 ただ、そこがゲームのうまいところで、「コレクション→ランクUP」がポイントです。

 これがあるために、のめり込んでしまう人が出てきてしまうのかなと。

 怪我をする人は自己責任なので同情の余地はないけど、迷惑になると別問題。

 その点は、まだこれから出てきそうです。







 ただ、これを使ったウォークラリーというのは面白そう。

 また、イベント会場でポケモンがいるなら、客寄せにも使えます。

 うまく構築すれば、運動不足解消にも繫げていけるなんて意見もあります。

 要は使い方ってことですね。

 技術は進歩するので、それをどう使うかは人間次第なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がゲームにハマった理由

 夫です。

 私は、昔、ファミコンを持っていました。
 
 しかし、実際にはほとんど使うことがありませんでした。
 ゲームは自分の思いどおりに動くことがないので好きではありません。
 室内でゲームしているよりも、外で走っている方が好きな人間でした。







 しかし、今やスマホやオンラインゲーム、SNSもあり、裾野が広がりました。
 
 私も簡単なゲームのアプリ(もちろん無料)をやるようになりました。
 
 それでも、会社の帰りにもう頭を使いたくないときにやるくらいです。
 基本的には、昔と変わっていません。
 パズドラもやっていないし、格闘ゲームもやっていません。
 
 それどころか、スーパーマリオを見ても特に懐かしい思い出すらなく。








 そんな私ですが、最近、会社の友人の勧めでアプリのゲームをするようになりました。
 
 無料の範囲内で遊んでいますが、サッカーのゲームアプリです。
 
 サカつくというタイトルです。
 http://sakatsukushoot.sega-net.com/
 
 これが結構面白くて、頻繁にやっています。
 今までゲームを敬遠してきた私がなぜこれほどまでに・・・自分でも不思議です。
 
 というわけで、なぜハマるようになったのか、少し考えてみました。
 ■ 実在の選手が出てくる。
 ■ 選手の育成ができる。
 ■ ゲームだけでなく、選手の育成や売却など、その他のこともできる。
 ■ ログインするだけで、ボーナスがもらえる。
 ■ 選手の貸し借りができる。
 ■ 得点するごとにアイテムが当たる。
 ■ 節分カップやバレンタインカップなど、イベントが多い。
 ■ イベント・ワールドツアー・リーグ戦と、カテゴリーが分かれている。
 
 ■ リーグ戦も放っておくと順位が下がるなど、動きがある。
 正直、改善してほしいポイントも沢山あるんですが、今は面白いです。
 スマホで手軽にできるようになったということは、大きいと思います。
 
 私と同じようにゲームユーザーが増えていくことは、今なら納得できます。
 ただ、無料の範囲内でしかやらないことが、提供者側の今後の課題。
 もちろん、有料にする仕掛けはありますが、今のところ心奪われず。
 
 そこをどう有料に引っ張り込むか、と逆の立場を考えてしまいます。
 もちろん、サッカーだけではなく、子供用にゲームを探したりもします。
 ただ、まだ2歳のセラには難しいかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーセット×スーパーマリオ

 夫です。

 ついに、マクドナルドのハッピーセットにスーパ-マリオがやってきました。

 http://www.mcdonalds.co.jp/happyset/hs/index.html

 このNEWSに反応した人も多かったです。

 いつもは子供の為に買う親も、今回は懐かしさから自分の為に買う人も多いはず。

 









 というわけで、既に後半になっていましたが、私も注文してみました。

 特に指定しなかったところ、もらったのはブーメランマリオ。

20131207_2

 










 ・・・とそこまで書いたところで、実は私はゲームをやりません。

 そのため、スーパーマリオもあまりやったことがありません。

 友達の家で2,3回くらいやった程度。

 ファミコン世代ですが、ゲームよりも外で遊ぶ方が好きでした。

 ゲームの話はほとんど付いていけません。

 知っているのは高橋名人とゼビウスくらい。

 ま、それでも良いんです。








 そのうち、サッカー関係のものが出てこないかな。

 (とはいっても、イナズマイレブンとかでは全く分からず・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲームショウ2013

 夫です。

 昨日は、東京ゲームショウ2013@幕張メッセに行ってきました。

 会社で出展しているということもあって、是非、参加したいということで。

 http://tgs.cesa.or.jp/index.html







 とはいっても、私は現場の人間ではないので、営業の話はできません。

 また、技術的な話ができるわけでもありません。

 人事採用として、学校のブースを回ってきました。

 そう、専門学校もゲームクリエイターの卵が作品を展示しているんです。

 そこで、声かけに回ってこようということで行ってきました。







 結果的に、会場にいることができたのは1時間ほどでした。

 が、色んな人がいましたねぇ。

 幕張メッセには、よくテレビで見るコスプレの人も多くいたり、業者やお客さん。

 私が行って来たのはビジネスデイだったので、一般ユーザ向けではありません。

 代わりに、ビジネスマッチングのコーナーもあり、その場で商談というのもあります。

 私も自社のブースに顔を出した後は、専門学校のブースを回っていました。










 専門学校のブースを回ってみて気づいたのは、就職課の担当が必ずいること。

 各校とも、採用担当者が回ってくることは想定済みなんですね。

 そのため、私もパンフと名刺を持って挨拶回りをしてきました。

 みなさん、就職課の担当が出てきて、話をする事が出来ました。








 あとは、会場全体の印象では、多くの来場者がいたということ。

 ゲームを体験できるようになっていて、すごいゲームには長蛇の列。

 画面も、展示会場なので特大のものを用意して、大音量で流していました。

 ゲーム関係のブースは回りませんでしたが、アプリやスマホ対応もありました。

 世の中、そういう流れになって来ているんですもんね。

 木金とビジネスデイ、土日は一般デイ、と区分けされています。

 この土日は、多くの一般ユーザが来場していることでしょう。

 その様子はTVでも知ることができると思いますが、結果が楽しみです。

 どれくらいの人数が来場し、どこのブースが人気だったのか。

 今後を占ううえでも、楽しみにしています。

Img_3400

| | コメント (0) | トラックバック (0)