パソコン・インターネット

みんながウェブサイトを使える世の中に

 夫です。




 最近、webサイトについて調べています。

 今や当然ですが、webサイトはインターネット上にあふれています。
 
 そこでは色々な情報が載せられているし、SNSと連携したりしています。

 何か調べるときは、googleやyahooを使ってwebサイトに行って情報を取りますよね。

 そう、webサイトは、生活でも遊びでもなくてはならない世の中になっています。





 そう考えると、みんながwebサイトを使えるようにする必要があります。

 だからなのか、インターネットでは、「アクセシビリティ」という考え方があります。

 誰でもwebサイトを使えるようにする、というのが大雑把な意味です。

 元は、高齢者や障がい者の人たちがターゲットになっていたようです。

 「webアクセシビリティは誰にとって必要なのか?」

 こんな↑記事もありますね。

 国も前から動いていて、きちんと規格として定めています。

 例えばどんなものがあるのか。

 【具体例】

 ・視覚障害の人→音声ツールでwebサイトの中身を読むことができるようにする。

   ※そのときに、言葉の途中に変なスペースを入れない。「ウェ ブ」など。
 ・聴覚障害の人→動画が勝手に音声付で再生されないようにする。

 ・高齢で視力が落ちた人→webサイトの文字の大きさを変えられるようにする。

 ・指切断のある人→クリックしやすいように、複数ボタンの距離を空ける。








 こういうのって、ホントに大事だと思います。

 が、通常使っていてもあまり意識しないもの。

 「必要だ」と思ってからようやくその人の視点に立って考えることが多いと思います。

 それが良いか悪いかは別として、対応すればいいんですね。

 国(総務省)も、アクセシビリティが備わっているかチェックするツールを開発しました。

 miChecker というもので、フリーでダウンロードできます。

 私も、ダウンロードしてみました。

 が、規格を理解していないと使えないので、私にはまだ早かったようです・・・。

 チェックツールの自動判定だけでなく、自分で判定する項目があるんですよねぇ。

 チェックツールは民間からも沢山出ていますが、なかなか難しいです。

 次の課題は、その理解を助けるための施策かな。








 いずれにせよ、2020東京パラリンピックもあるし、これからは必要なことです。

 ダイバーシティ社会のために、色々とアンテナを張っておきたいですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Slide Share

 夫です。

 最近面白いと思っているITサービスが、「Slide Share」です。

 どういうサービスかというと・・・もうきちんと説明しているサイトがありました(笑)。

 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1409/10/news013.html

 (ありがとうございます、分かりやすいです。) 

 PPTで資料を作ることが多いですが、そのPPT資料を共有している感じ。

 私もPPT資料を日々作りますが、そこまで得意でないのも事実。

 他人はどんな感じで作っているのか、今までは知ることができませんでした。

 そんな中、他人の資料を見ることができるサービスがあるなんて!

 というわけで、結構面白いサービスです。









 そういえば、Flickrという写真共有サービスが、最近使いにくくなりました。

 というのも、今まではGoogleアカウントで使っていたのに、なぜかNGになりました。

 春頃に通知が来ていたみたいです。

 http://daisukeblog.com/?p=2334

 これからYAHOO.COMのアカウントで使ってください、と。

 YAHOO.CO.JPではなく、YAHOO.COMとはややこしい。

 しかし、どれだけ試しても跳ね返され、YAHOO.COMアカウントを作らないと進まない。

 ITサービスって、こういうところが面倒ですよね。。。。









 そして、26日におこなわれた大阪マラソンでは、スマートグラスの実証実験。

 そんなことがおこなわれていたのか!!

 http://www.rbbtoday.com/article/2014/10/26/124813.html

 サングラスをかけてマラソンレースに出る人は多いです。

 が、そこにITサービスがくっつくというのは面白いです。

 SNSのメッセージとか、サングラスの画面に出てくるんだそうです。

 そのうち、タイムとか自分の順番とか、下手したらTVとか(危ないか)。

 いろんな機能が充実してきそうで、未来のマラソンは結構変わりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のインターネット業界2013

 夫です。

 昨年末ですが、中国のインターネット業界の2013年を振り返る記事がありました。

 http://j.people.com.cn/95952/8496614.html

 やはり、日本と同様にモバイルが流行し、あらゆる分野にインターネットが浸透。

 そして、次にはモバイルウェアラブルデバイスが来る、という予想です。






 日本からの報道では、やはりサイバー攻撃の話題がありました。

 それだけではなくて、セキュリティ問題については、世界中で話題になっていました。

 スノーデン氏暴露の事件もあり、もはやセキュリティは世界で話題になります。

 年末には、ついに中国でもiphone販売というニュースがありました。

 http://toyokeizai.net/articles/-/27083

 ただ、中国ではもっと低価格のデバイスがあるので、iphone苦戦も予想されます。

 これからどんどん発展してくるでしょうね。





 日本だけでなく、インターネットはあらゆる分野に入ってきます。

 それは中国でも同じですが、ちょっと特殊な事情もあるのが特異なところ。

 カントリーリスクと言いますが、皆がインターネットを使いやすくなったら良いですね。

 中国の技術ももはやトップクラスと言えます。 

 スパコン技術で世界一をとったことからも明らか。

 http://wired.jp/2013/11/20/chinese-supercomputer-holds-onto-ranking-as-worlds-most-powerful-computer/

 その技術を、安全なインターネット技術に生かしてもらえたら。

 2014年は、中国でももっともっと明るい話題が増えますように。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iphone5Cを2台

 夫です。

 昨日は、池袋に行っていました。

 妻のiphone4の調子が悪いので、サンシャイン内のsoftbankショップへ。

 そこで色々と話をしているうちに、買い替えようということになりました。

 その場で決めてしまったので、かなり急な展開。


 その勧誘をしたのは、ショップ内の研修中の店員さんでした。

 「研修中」のプレートを提げているため、若干の不安。

 でも、同じiphoneでの移行ということもあって、大丈夫だろうと踏み切りました。

 とはいえ、妻の顔には「不安」と書いてありました。




 説明を受けながらも、妻はさっぱり分からないという顔。

 しかも、思ったよりも設定が長引いてきて、セラが飽きてきました。

 私はサインをしたり、説明を受けたり。

 その間に、妻がセラのおむつを替えに外に出たり。

 研修中の店員さんは「ちゃちゃっとやります」と宣言していましたが・・・。

 結局、1時間近くかかりました。






 というわけで、2人とも、今日からiphone4→iphone5Cに移行。

 5Sにしなかったのは、指紋認証と容量くらいしか目立った差がなかったから。

 私はグリーン、妻はピンクです。

 無料のチップを旧iphoneに入れてもらい、データ通信はOFFにして使えます。

 (これはネットは使えないので、単に電話機としての利用ができるとのこと)

 しかし、ここで思わぬ落とし穴が!

 5Cは少し形状に特徴があり、ケースがまだあまり対応していません。

 5Sは形状が5と同じなので、既に流通しているケースが多くありますが。

 というわけで、しばらくは5Cのケースを探す日々になりそうです。

20131015




■メモ(iphone4からiphone5Cへの移行)

1.4を挿して、itunesを起動。

2.左のバーから4のところで右クリックして、バックアップを選択。

3.バックアップの中から、icloudでのバックアップを選択。

 (自動的にバックアップがスタートする。)

4.今度は5Cを挿して、itunesを起動。

 (「新しいiphoneへようこそ」という画面が出てくる。)

5.新規作成ではなく、「このバックアップから復元」を選択。

 (バックアップした日時ごとに一覧で表示されるので、直近のものを選択)

6.itunesの画面にしたがって、設定を進める。

 (私たちはios7.0にupdateしていなかったので、時間がかかりました。)

7.5Cの画面で設定する。

 (「あといくつかの手順で終了です」と出てくる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使いすぎはNGってこと?

 夫です。

 こんな記事がありました。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130714-00000574-bengocom-soci

 LINEの使いすぎがパワハラになるってことらしいです。

 これまた極端な事例だと思いますが・・・。





 でも、最近、若者はメールよりもLINEをするんだそうです。

 確かに、そういう人が増えていると思います。

 手軽というのと、会話がつながっているというイメージがありますね。

 私も結構使っています。

 ただ、私は、スマホではLINEの起動が遅くてイライラすることもあります。








 LINEにせよ、facebookにせよ、無理に使わせるのはいけないことですね。

 最近は、パワハラやセクハラのような新しい言葉で、「ソーハラ」というものがあります。

 ソーシャルハラスメントというもので、SNSでもずっと追いかけるという内容。

 好きでやっている分には問題ないんでしょうけどね。

 色々面倒な世の中ですね(笑)。








 とはいえ、後発ながらこれだけヒットするLINEは、やはりすごいもの。

 プラットフォームという考え方も、もう定番になってきましたね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Uniba Exhibition

 夫です。

 今日は、仕事上がりでUniba社の展示会に行ってきました。

 http://uniba.jp/futuresemaphore/

 以前から誘われていたので、面白そうだなということで。

 渋谷から歩いて着いたのは、みどり荘。






 何か古いアパートだなぁと思いながら入ると、そこは異空間でした。

 クリエイターやデザイナーなどが集まる空間。

 そして、DJブース。

 色んな格好をした人たちが談笑していて、奥の白い空間は賑わっています。

 もう完全にお上りさん状態でキョロキョロしながら戸惑ってしまいました。








 が、友人の顔を見つけてホッとしました。

 少し話をして周りを見ると、結構面白そうなものがありました。

 ディスプレイが何枚かあり、そこでは色々な取り組みが動画で紹介されていました。

 視点も面白いけど、動画の編集も巧い。

 さすがはプロ集団。









 更に、様々な体験スペースがありました。

 PC画面に息を吹きかけると、奥のピストン運動から風車が回ったり。

 スマホでアームロボットを操作できたり。

 ミシンを踏むとDJスクラッチになっていたり。

20130419_2

 専用画面に入り、スマホを画面に向かって振ると手榴弾が出たり。
20130419_1


 いずれもインターネットを使った試みでした。

 私では到底考えつかない発想で、そういうインターネットの使い方もあるのか。

 業務で使ったり、普段の使い方だけではない可能性が広がっていますね。

 そういう新しい発見があって面白かったです。

 入ったときは不安でしたが、終わってみれば相当楽しんでいました。

 たまにはこういうのも必要かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Internet Week2012

 夫です。

 今日は、朝からInternet Week2012@秋葉原に行ってきました。

 私は初参加ですが、Internetに関する様々なセッションがあります。

 私は、リーガル関係のセッションに参加してきました。
Img_1473


 会場受付は8時半ということで、寒風に身を縮めながら到着。

 にもかかわらず、会場セッティングができていないとかで、えらく待たされました。

 ようやく会場に入り、自分のノートPCを起動。

 周りを見ると、スーツ姿でない人の多さにビックリしました。





 今日のセッションは3本立てでした。

 1本目は、サイバー攻撃と国際間のルールについて

 しかし、この発表者(弁護士)があまりに下手くそで、今日来たことを後悔しました。

 自分だけ分かっている風で相手に説明できないというタイプ。 

 やたらと「あれが」が多く、省略しすぎて何を説明しているのか不明でした。







 2本目は、景表法とインターネットについて

 今年、これ絡みでの事件で目立ったものは、以下の3つでした。

 ① グルーポンのおせち事件

 ② 食べログのステマ事件

 ③ ソーシャルゲームのコンプガチャ事件

 どれも「あった、あった」と言いたくなるものでしたね。

 キレイに景表法を適用できないものばかりで、逆に法的に考えるおもしろさ。

 







 3本目は、刑法改正とサイバー犯罪の実態について

 警察の現役の方が話をしてくれましたが、これが結局一番面白かったです。

 技術専門ではないために、説明が平易。

 そして、ほんとに「ここまで言って大丈夫?」と心配するほどあけすけに話す御人。

 出席者もびっくりしている人や、ニヤニヤ笑っている人もいました。

 






 やはり、外に出て刺激を受けることは大事です。

 法務面が業務の中でウェイトが落ちてきているので、こういう機会は有難い。

 自分の原点に戻れる機会はいつでも必要ですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

weibo始めました。

 夫です。

 つい最近、weibo(新浪微博)を使い始めました。

 中国版のtwitterと考えればイメージしやすいでしょうか。

 テキストを買ったのに一向に中国語を勉強しない自分に見切りをつけました。

 勉強しないなら、いっそのこと漢字の世界に飛び込んでしまえ、と。

 





 weiboは、日本でも有名人が使っていますね。

 (中田ヒデsoccerも使っているそうです)

 一番有名な日本人は、あおいそらさんvirgoだそうです。

 最初は日本語や英語や中国語をちゃんぽんにしていたようです。

 が、勉強をしたんでしょうね。今では中国語でtweetしているそうです。







 ただ、日中間の歴史問題には注意するべきで、あおいさんも一度失敗しています。

 そこはどうしても避けて通れないものだと思います。

 だけど、逆に中国の温度を知るという意味では、良い経験になるかなと。

 (実際は、そこまで高尚なことは考えていません。後付けですcoldsweats01。)








 で、やっぱり中国語ばかりのサイトは分からないです・・・。

 漢字は得意な方ですが、とはいえクイズを解いているようなもので。

 ちなみに、クイズはからっきしダメです。

 始めてすぐにコメントをいただいたので、google翻訳chickしてみました。

「我也正计划去日本,做功课时搜到这个日本路书攻略,觉得介绍的挺全的」

「私はまた、日本に行くのは非常に広い道路に説明帳レイダーに宿題の検索を計画」

 ・・・・意味不明ですよ、google先生crying

 クイズ的に考えてみたら、

 「私は日本に行こうと計画しているが、よく分からないので紹介してほしい。」

 ・・・・くらいのイメージ。

 とりあえず、「日本には色々と見るべきところがありますよ。」と返しました。

 せっかくコメントをもらったのに、何という素っ気ない返事・・・・。


 まぁ、とにかく始まってしまったんだから、やってみるしかない。

 やっているうちに、少しは分かるでしょう的なノリですup

 でも、他の文化に触れるなんて、これくらいの感じでも良いのかもしれません。

 そこで開けてくる景色がまたあるかもしれませんよね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

facebookやっています!

 夫です。

 私は、twitterとfacebookをやっています。

 前はmixiも使っていましたが、最近はほぼ見ることがなくなりました。

 (月に1回くらいは開いていますが、覗く程度です。)






 使い分けがわからないので一方だけ使っている、という人もいますよね。

 連動させて、twitterの書込みが自動でfacebookにも上がるようにしている人も。

 私はどうしているかというと、何となく使い分けをしています。

 それも、目的ではなく言語で分けています。

 twitterは日本語、facebookは英語です。

 よく「facebookを英語で書いているなんてスゴイねー。」と言われます。

 が、スペルミスもよくするし、英辞郎アプリをコピペしているだけです(笑)。

 (そのため、一向に英語力が上がりません・・・。)






 最近は、facebookで懐かしい再会がありました。

 同じ団地に住んでいた下の階の男の子を見つけました。

 また、小学校の時のサッカーの先輩も見つけました。

 仕事でお世話になった人もいたり。

 昔好きだったアーティストにも、友達リクエストを承認してもらいました。

 mixiでも同じような感動がありましたが、今、facebookで再燃しています。

 とはいえ、実名主義のfacebookでは、フルネームが分からないといけないんです。

 あだ名とか、名字だけとか、うろ覚えの人は探せていません。






 また、facebookには会社の人も多くいるし、前職の人も増えてきました。

 今の会社で関係する取引先も繋がっておこうと、友達に入れています。

 今後は、採用ターゲットになる学生も捕まえていこうと思っています。

 書く内容には気を付けないといけませんが、新たな広がりを感じています。

 もし、私をfacebookで見かけたら、是非お声掛けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iphoneアプリで血糖値の管理

 夫です。

 iphoneが、アプリを利用した血糖測定値を出すそうです。

 http://ovminfo.com/archives/cat16/ibgstar_iphone/

 会社の同僚に聞いたんですが、思わず「すごーい」と唸ってしまいました。

 公式ページはこちら。

 http://ibgstar.com/web/ibgstar/app





 確かに、iphoneがこれだけ普及してきているのだから、こういうのも出てきますね。

 ただ、測定器を買わないといけないのが面倒ですけど。

 でも、血糖値のコントロールをiphoneでできると、今持っている物が不要に。

 血糖値の測定器は病院から無償レンタルされるものです。

 これを病院に返しても良いってことなのかな。






 ちなみに、今は、iphoneアプリでお小遣い帳をつけています。

 http://pettycashbook.mongoose.jp/index.html

 今知ったんですが、「へそくりさま」っていうのもあるんだ(笑)。








 iphoneを結構活用している私ですが、まだまだ面白いのがありますね。

 最近は、BBC NEWSとかInsight ChinaとかAFP BBnewsなどで情報収集。

 でも、もっと良い情報サイトがないかなと探しています。

 新聞をとらなくなったので、その辺りが一番ほしいところです。

 良い情報アプリがあれば是非教えてください。

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧