妊婦

生まれそう、生まれる、生まれた④(ラスト)

 夫です。

 いよいよラストです。

====================================

 妻がヨロヨロしながらも分娩室に入りました。

 私も一緒に入り、妻の頭の方へ。

 妻は、ゆで卵を縦につに切ったような形の分娩台に乗り、いよいよスタート。

 このとき、13:50です(目標は14:30終了と告げられました。)




 簡単なレクチャーから、すぐにスタート。

 Yさんの指示にしたがって、妻がいきみます。

 私は、いきむときは枕を持ち上げて、声を掛ける係。

 妻が休んでいるときは、汗を拭き、水を飲ませる係です。

 隣でも経産婦さんの分娩が始まるみたいで、看護師さんがウロウロ行ったり来たり。

 とはいえ、気が散っている場合ではないので、集中します。




 妻は、いきむときは「いきます!」と声を出し、レバーを強く握ります。

 大きく深呼吸をして、息を止めて力を入れます。

 私は枕を持ち上げ、「頑張れ!頑張れ!もうちょい!もうちょい!」と声出しです。

 立会いで気持ち悪くなるんじゃないかと不安でしたが、そんな余裕もありませんでした。

 妻も私も必死で、Yさんの指示に従います。



 今までの陣痛発生(陣発)の長さがうそのように、急ピッチで進みます。

 ものすごい順調。

 妻も、「いきます!」がなぜか最後は「行くぜ、次!」となっていました。

 気付いたら、15分も前倒しの14:15に世楽が出てきました。

 私も妻もそれまで部分的にも世楽が見えていなかったので、いきなりでした。

 




 私は、不覚にも何も言葉が出ませんでした。

 そして、一瞬で涙があふれ出てきてしまいました。

 見れば、妻も泣いていました。

 (後で聞いたら、Yさんも涙が出てきたそうです。)

 何かもう、嬉しいとか、安心したとか、やっと終わったとか、色々あるんでしょうが。

 言葉にならなくて、ただただ涙があふれ出てきました。

 



 そして、世楽の体重やら身長やらを測るので、隣の部屋に。

 私はカメラを取りに分娩室を出ると、お義母さんとお義父さんがいました。

 自分でもよく覚えていないんですが、泣きながら生まれたことを報告。

 でも、実際は、産声を分娩室の外で聞く事ができたみたいです。

 (ついでに、妻のいきみ声も私の掛け声も聞こえたみたいです、笑。)

 部屋にダッシュで入り、カメラを取ってきて分娩室の隣へ。

 測定中の世楽をひとしきりカメラに収めて、初抱っこさせてもらいました。






 3295gの女の子。

 10ヶ月間待ったけど、何を話してよいのやら。

 まだ目を半分しか開かないままキョロキョロする世楽に、「どうした、どうした?」

 あとは、「世楽、おとうちゃんです。」と何度も名乗るばかり。

 とにかくまだ慣れない抱っこをして、我が子の重みを感じていました。






 その後、お義母さんとお義父さんも抱っこ。

 妻は、初の授乳をさせようにも失敗。

 私の母も駆けつけて、ギリギリの時間で抱っこすることができました。





 ようやくこの10カ月間が終わりましたが、最後はやはり大変でした。

 本当に生まれるのか不安になることも何度もありました。

 元からスマートな人生ではない私たちなので、今回もまた私たちっぽかったかも。

 でも、それを乗り越えることができたのは、周りの皆さんのおかげです。

 声を掛けてくれた人、仕事を代わってくれた人、メールをくれた人。

 親、兄妹、友達、同僚・・・ホントに助けてもらいました。

 そして、その有難みを実感する10カ月間でもありまっした。

 ありがとうございます。

 1人から2人、そして3人の人生が始まりました。

 これからもよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生まれそう、生まれる、生まれた③

 夫です。

 第3弾です。

====================================

 14日(水)は、仕事を1日休むことにしました。

 痛みは段々と出てきていますが問題がいくつかありました。

 子宮口が開いていないこと。世楽の頭が下りてこないこと。

 痛みが長く続かないこと。

 それらをクリアしないと、分娩室には行けません。

 そのため、この日も朝から陣痛促進剤を使うことになりました。





 そして、ようやくOに替わり、Yさんがシフトで戻ってきました。

 Oは事務的な指示のみで、心のない対応でした。

 そのため、私も妻もYさんが戻ってきてくれて、心底喜びました。




 さて、9時半から促進剤がスタート。

 促進剤を使うと、やはり短い間隔で襲ってくる痛み。

 妻は「来る!」と言って、その後は長く息を吐きます。約40秒間。

 私は、フルパワーで妻を押します。

 そのうち、軽い破水が起きました。

 破水が起きると、そこから感染の恐れがあるので、24時間以内に出産することになります。

 そのため、妻はようやくロデオのようなチェアに乗る事にしました。

 これに乗るとお産は進むそうですが、痛みは増します。

 少し乗っていましたが、あまり良くないということで、再びベッドへ。

 チェアに乗っているとき、Yさんは妻の冷え性を気にして、足をお湯に浸けてくれました。





 この日の促進剤の威力はすごかったんです(昨日からの続きもあるんでしょうが)。

 一気に子宮口が開いてきました。

 もちろん、妻の疲労は溜まっているので、ダメージも相当です。

 息を吐くんですが堪えきれずに歯を食いしばる場面もあり。

 それでも、一気に進んできました。

 門前払いの大桃看護師も来て、「おぉ、結構進んだねぇ。」と一言。

 妻は、「あとどれくらいですかねぇ。」とすがるようにYさんに何度も質問。

 Yさんは、その度に丁寧に答え、励ましてくれるのでした。







 この日は、お義母さんが一度八王子に帰りました。

 再び来るのがお昼頃。

 陣痛促進剤が効いてきて、お産は15時頃見込みとなりました。

 13時半過ぎに、Yさんが出て行って、分娩室のセッティング。

 そして、ついに13時45分、妻が悲鳴を上げながらも立ち上がりました。

 いざ、分娩室へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれそう、生まれる、生まれた②

 夫です。

 それでは、第2弾スタートです。

===================================

 13日(火)は、どうしても出ないといけない面接がありました。

 そのため、8:45に病院を出て、一度家に帰宅。

 急いで着替えて出社しました。

 (入れ替わりで、お義母さんが病院へ)






 10時ギリギリに出社して、面接をして、先日の業務ミスへの対応、その他連絡。

 パパパッと済ませました。

 私もほとんど寝ていないので、絶えず喋るか動いていないと寝そうです。

 とりあえず引き継ぎを駆け足でして、12時過ぎには会社を出ました。

 この日は、昼から陣痛促進剤を打ちましょう、ということになっていました。

 それで一気にお産が進む可能性もあるので、なるべく合わせないといけません。

 というわけで、taxiを拾って、急ぎ病院へ。





 ノロノロ運転のtaxiを降りて、ダッシュで病院にIN。

 病室に着くと、促進剤をスタートしたところでした。

 ブドウ糖に少しずつアトニンを入れて、点滴のように腕から流し込みます。

 すると、確かに痛みが引き起こされるようでした。

 ここで、看護師が交代して、(僕らにとっては運命の出会いの)Yさんになりました。

 痛みがくると妻は堪らないようで、マッサージが必要になります。

 ここからは、私の出番です。

 が、マッサージよりも指圧のように腰やお尻を押すことが有効ということになりました。

 ここから、本当の「二人三脚」が始まりました。





 促進剤の流量は段々と増えるので、ピッチが上がってきます。

 そのため、妻は間隔が短くなってくる痛みに耐えないといけません。

 私は、妻の「来る!」という言葉に反応して、フルパワーで妻の腰を押します。

 もうホントにフルパワーです。

 段々と腕がプルプル震えてきます。

 妻もそれは分かっているようですが、とはいえ痛みには勝てず。

 私も、途中でジャージを取ってきて、正に部活のようでした。



 お腹の張りの測定器を見ていると、確かに昨夜よりは大きな数字が出ています。

 お腹が張ると痛みがくるので、その数字を見ながらスタンバイします。

 妻の「来る!」という掛け声で、ギューーーーっと押します。

 妻は、力まないように息を細く長く吐き続けます。

 看護師のYさんは、とても親切かつ丁寧であり、私たちも安心して話していました。






 しかし、促進剤を使っても、真に有効な陣痛は発生せず。

 6時間半程度頑張りましたが、結局この日は終了となりました。

 既に先週の金曜から殆ど寝ていない妻と私。

 痛みの間に妻は力が抜け、私は何度も落ちそうになりました。

 痛みの他に寝不足も大きな敵で、体力がなくなってきました。






 とはいえ、促進剤を夜から始めると朝までコースになるので、終了。

 痛みは若干引きながらも、とにかく寝ることになりました。

 が、まだ来る痛み、焦り、不安から妻は眠ることができず。

 軽い睡眠薬をもらうことにしました。

 私は、仕事を早退したから、PCを開けてまとめてメールを返し始めました。

 が、Yさんから替わった看護師Oさんは厳しかったんです。

 「消灯時間なので、PCは閉じてください。デイルームも消灯です。」

 こんな状況で誰も仕事なんかしたかねーよ!と怒りながら、仕方ないので仕事終了。

 さて寝るか、ということで昨日と同じく妻の横で細ーく寝る事にしました。

 しかし、ようやく私が寝入った頃にOさんが来て起こされました。

 「患者さんの横だと、寝ている間に衝突したりして傷つけることがあります。

 椅子で寝るか、家に帰って寝てください。」

 おぃおぃ、昨日の人と言ってること違うよ、この女。

 「それは明日の朝会で正しておきます。」と言って、出て行きました。

 お産は早くしたいけど、この女が世楽を取り上げるのは嫌だなぁと妻と話をしました。






 結局、私は椅子に座ったまま眠ることに。

 って、ちゃんと眠れるわけがなく(笑)。

 妻は、睡眠薬をもらいつつも、やはり痛みと不安で眠ることなく夜を過ごすのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれそう、生まれる、生まれた①

 夫です。

 今日の14:15に、世楽が生まれました!

 というわけで、やっと帰宅。



=====================================

 日曜は、夜になってから1時間に6回ペースで腹が痛くなりました。

 そのため、taxiを呼んで病院へ。

 といっても、明け方の4時ごろになっていました。




 私は荷物を担いだまま。妻はクッションを持って夢遊病者のよう(笑)。

 あくせく病院に入り、産科のある病棟へ。

 しかし、大桃美代子に似た看護師から洗礼を受けることになりました。

 「あー、これはまだね。でも、一応、数値はとっておきましょうか。」

 えぇ!1時間に6回のペースで痛みが来てるんだぜ!?

 とはいうものの、放置気味に陣痛室のベッドに寝かされ、約30分後。

 出直してこい、という結果になりました。

 大桃看護師は、「ママ、クマがすごいから、ちゃんと寝なね。」と一言。

 そう、痛みと不安から、妻は殆ど寝ていなかったのです。









 とはいえ、痛みが頻発している妻。

 妻のお母さんが来てくれるということで、何だか後ろ髪を惹かれる思いで出社。

 自分が家を出たのとお義母さんが来るまでのタイムラグは2時間半。

 ・・・・と思ったら、電車が止まって大幅に遅れました。

 心配な中、とりあえず携帯を正に「携帯」して過ごす1日。

 そんな日に限って、これまた忙しい日でした。

 しかし、定時くらいになって、お義母さんからのメールで即帰りました。

 メールには、良いペースで痛みが来ているとのこと。

 そうそう、12日(月)は本来の予定日です。

 なるほど、オンスケで来たわけね、ということでダッシュで帰りました。

 


 家に着くと、お義母さんが夕食を作っていてくれて助かりました。

 妻は痛みが6,7分ごとに来るので、大して食べることができず。

 結局、準備をして再度チャレンジすることになりました。



 2度目のチャレンジでは、どうにか門前払いを受けることはありませんでした。

 というわけで、めでたく(?)入院することに。

 分娩室に行くまでの間は、妻の希望で個室に入ることになりました。

 21時半くらいに病院に入りましたが、特にすることもなし。

 妻は痛みがある中、ベッドに入るだけでした。

 私も、椅子で寝ようと思いましたが、妻の横で寝ても良いという話をもらいました。

 そのため、1人用のベッドで狭いながらも横で寝ることになりました。






 妻は、痛みと不安からほぼ眠ることができず。

 私も、横で妻が痛みで起きるので、うつらうつらでほとんど眠ることができず。

 完全に睡眠不足のまま、ついに予定日が終わりました。




 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

待ち人まだ来たらず2

 夫です。

 まだ本格的な陣痛は始まっていません。

 10分間隔の痛みになってくると、本格的になってきます。

 そうなったら病院へGOです。





 が・・・・まだ来ていません。

 20分とか、30分とか、10分とか、不規則な間隔です。

 昨日は、90分間の散歩を3回とスクワットを100回。

 あまり家から離れると怖いので、同じところをぐるぐる回っていました。

 少し長めの坂があるんですが、そこは4回も通りました。

 (私たちの間では、「陣痛坂」と名付けました、笑)。

 交番にいたお巡りさんも、何度も私たちが通るので、訝しげな顔つきで見ます。

 サッカーシャツを着た2人が何度も通る。

 こりゃ確かに不審者ですよね。





 散歩の合間には、マッサージ。

 24時間テレビのマラソンって、こんな感じだったんでしょうか(笑)。

 「がんばれ徳さん」、と思っていましたが、今は「頑張れ、妻」です。





 金曜の夜も昨日の夜もそうでしたが、夜になると痛みの回数が増えます。

 こりゃいい間隔で刻んできてるよ、と期待を持ちます。

 が、昨日は夜中の2時頃に私がギブアップで朝まで寝てしまいました。

 妻は、ウトウトしながら起きていて、まだ20分か30分くらいの間隔でした。






 さっき朝食をとって、これからまた動こうかなと思います。

 予定日は明日なので、実はそれほど心配する必要はありません。

 ただ、週末に産まれてくれた方が仕事的には助かる、という私のエゴです・・・。

 でも、既におしるしも来ているので、いずれにせよ間もなく。

 (ちなみに、木曜のはおしるしではなく、検診による擦過傷のようなものでした。

 ホントのおしるしは、昨日の昼にきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち人まだ来ず

夫です。

まだ陣痛が来ていません。

木曜の夜におしるしがきて、緊張が高まりました。

が、よわ~い痛みが時々来るものの… 一応、痛みの間隔が分かるようにメモしています。

が、あまりに不定期。 もしかしたら、知らない間に始まるんじゃないかと。

病院の検診では、相当下がっているみたいです。

世楽も体勢を変えているようで、準備に入っているみたいなんです。

でも、まだ本格的な陣痛が来ていません。

というか、本格的な陣痛が何なのか分からず。 昨日は、会社を休みました。

が、結局、よわ~い痛みで終わりました。

夜は、2人で温野菜のしゃぶしゃぶへ。

体力をつけるために、しっかり食べました。

が、食べ過ぎて、妻より先に腹が痛くなりました。

そして、まさかの低血糖。 これからお父ちゃんになるのに、不始末続きでした(笑)。

スクワットを100回したけど、昨晩も来ず。

さて、この週末にくるかな。

この週末に産まれるとベストなんですけどねぇ。

とにもかくにも、妻のおなかはカチカチ。

近いことは確かです。

今日は暑いけど、2人で歩いてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

決戦のとき迫る!

 夫です。

 昨日、おしるしがきました。

 おぉ、そろそろか!

 ということで、(早くはないけど)仕事を片付けて、急ぎ帰宅しました。







 帰路で、コンビニで食料を調達。

 いざとなったときに長期戦になると、ご飯を食べられなくなる可能性があります。

 妻も体力が要るし、私も低血糖が怖いので。

 帰宅して、まずは大体の様子を聞きながら夕食。

 その後、風呂に入りました。

 (余裕があれば妊婦さんは風呂に入ったり、シャワーを浴びてくるそうです。)

 そして、持ち物を確認。

 既に用意は万端ですが、私も中身を確認しておきました。

 もしかしたら、私が中から取り出したりする場面があるかもしれないので。




 そうそう、風呂に入る前に、1度痛みが来たそうです。

 そのため、時間を測って、マッサージをしました。

 「いよいよ、くるか!?」というドキドキ感の下、妻の腰をさすりました。

 が、1度来ただけで、風呂に入ったら収まったみたいです。

 そして、着替えなどを用意して、最後の読み聞かせ。

 私も連日睡眠不足で限界だったので、バタリと寝ました。




 今日は、会社を休みました。

 妻は、おなかが張っているみたいです。

 さっき、1度痛くなったみたいですが、今は落ち着いています。

 私は、PCを持ち帰ってきたので、仕事をガシガシやっています。

 妻は、「おしるしからどれくらいで陣痛が始まるのか」をガシガシ調べています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み聞かせ(ちりつも)

 夫です。

 仕事は相変わらず忙しく、なかなか時間がありません。

 Many tasks, but no time

 あっという間に1日が終わっていきます。

 最近は、朝出社してから勉強ということもできなくなりました。








 でも、帰ってから2人で続けていることがあります。

 それは、読み聞かせ。

 昨日話をしていたら、5月から続けていることが分かりました。

 ざっと5ヶ月目に入りますね。

 365のストーリーがあるので、1日1話。

 塵も積もれば・・・というのはこういうことを言うんでしょうか。









 仕事の勉強ができていないので、仕事の部分で成長しているかは分かりません。

 でも、読み聞かせの部分では成長している気がします(笑)。

 そりゃもう、最初の頃は、妻にダメ出しをくらっていました。

 が、最近では大分きちんと読めるようになってきました。

 当然ですが、我が家ではガチンコで読みます。

 私の得意キャラクターは、「おじいさん」です。







 とはいえ、昨日は仕事を持ち帰ってやっていたので妻に交替。

 妻は時々読むので、「私、下手になっているかも。」と話していました。

 ショートストーリーなので、5分くらいで読めます。

 この前は、ぐうたら男が神様に最強のおならをもらったという話でした。

 おならが「ダレダ、ダレダ」という声に似た音がするというもの。

 それで泥棒を追い払って褒美をもらった、というくだらない話でした。

 時々そういう訳分からん話もあります(笑)。




 

 いずれにせよ、この365ストーリーは、世楽が生まれるといったんお休み。

 妻の入院→里帰りがあるためです。

 世楽が戻ってくるであろう1ヶ月後くらいから、またスタートします。

 まずは、世楽が生まれるまであと何日か、一生懸命読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクワット

 夫です。


 昨日から、スクワットを始めました。

 妻が、です。






 世楽がまだ下に来ていないので、運動するように言われています。

 最近は、3時間を目標に歩いているようですsunshoe

 でも、天気の悪い日もあります。

 そのため、家の中でもできる運動が必要になってきます。


 ※それにしても、妻は、音楽を聴いたりすることもなく、黙々と歩くそうです。

  黙々と3時間歩くって・・・(笑)coldsweats01






 というわけで、昨日からスクワットをするようになりました。

 ウォーキング3時間の他の方法として、スクワット100回もあるそうです。

 でも、スクワット100回って、これまた高いハードルです。

 妻は、私と違って、元から運動をする人間ではないですから。








 昨日は、私が家に帰ったのが22時。

 妻は、昼間に既に2時間歩いていたそうです。

 さっと夕食を済ませてから、テーブルをどかして、いざスクワット。

 向かい合って、お互いの肩に手を置いて、スクワットを始めました。

 ゆっくり、まっすぐに下ろしていきます。

 妻はおなかが大きいので、足を横に開いています。 

 私は、普通のスクワットなので、足を縦に並べて、普通のスクワットです。

 でも、またこれが辛いcrying

 30回で1度ブレイク。







 その後、また30回。

 そしてブレイク。

 妻は早々から汗をかいていますが、何となく100回いけそうな感じ。

 ブレイク中はストレッチをしながら呼吸を整えます。

 そして、また20回。

 ようやくゴールが見えてきました。

 妻が深く呼吸するんですが、私の目の前なので、モロに風を受けます(笑)。

 ラスト20回はせっかくだから、とビデオmovieをセット。

 そして、ラストの20回。









 結局、10分程度で100回できました。

 いやぁ、短時間でできて良かった、と思ったら、妻は既にグロッキーでした。

 小鹿みたいに足がガクガクしていますdown

 逆に、私はテンションが上がって、5kgダンベルを引っ張り出してきました。







 寝る前に、足をマッサージ。

 いつもと違い、妻が読み聞かせの本を世楽に読んでいました。

 「わたし、下手になってきている・・・。」と、セリフ読みに不安を覚えながらdown

 とにもかくにも、予定日まで1週間を切りました。

 スクワット100回を出産のその日まで続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3時間の旅

 夫です。

 今日は、妻と一緒に散歩してきました。

 マタニティヨガにて、妻は「3時間歩くと胎児が下がってくる」と言われたそうです。

 その次の日から、妻は歩くようにしています。

 それまで病院では1時間程度の散歩で良いと言われていたそうです。

 1時間歩くのと3時間歩くのでは、ずいぶんと違いますよね(笑)。




 というわけで、今日は休みということもあり、一緒に歩きました。

 最初は、昼ご飯を食べに少し遠い店まで歩こう、くらいの軽いスタートでした。

 が、昼ご飯を食べている途中で計画変更。

 少し足をのばして、白金辺りを歩くことになりました。

 電車で品川まで行ってから白金へ。

 散歩くらいの軽い格好で出てきたので、白金には似つかわしくない2人。

 ちょっと休憩のため入った店では、申し訳程度にランチデザートを注文。

 昼食直後で腹も減ってないのに、1個700円のデザートを2人で半分ずつ。

 あとは、ドリンクをそれぞれ頼みました。

 ここまででまだ合計1時間40分。

 帰りはこれまた歩きです。




 白金からなら歩けるよね、ということで後半戦がスタート。

 普段、運動不足の妻は、結構グロッキーです。

 運動不足のうえに、妊娠のために体重も増加しているんだから、そりゃそうです。

 しかし、汗だくになりながら歩きます。

 白金から品川に抜けて、まだ家に向かって歩きます。

 途中、ようやく3時間になりました。

 いや、でも、ここまで来たから、と買い出しもすることになりました。

 が、スーパーの前まで来て、2度目の休憩。

 既に、妻の黒いTシャツは汗で白いラインが付いていました。




 とどめを刺すように、重い買い物袋を持ちながら、やっと帰路へ。

 家の近くまで来ると、雨が降ってきました。

 丁度いいタイミングと思いながら、ようやく終了。

 計3時間半歩きました。




 いやー、これを毎日というのは大変です。

 妊娠後期(ラストスパートの時期)の女性は、こうやって準備するんですね。

 歩く他にも、スクワットや階段上りや、乗り物に揺られる人も。

 色々方法はありますが、体も重い中での運動は大変です。

 それでも出産に備えて、妊婦さんは頑張っているんですね。





 歩きながら、妻とこの妊娠ライフを振り返る話をしました。

 妻はこの10カ月をおおむね楽しんできたようです。

 でも、自分たちがこの10カ月を過ごしてきて分かった事も沢山あります。

 自分たちの親も、同じように10カ月の準備期間を過ごしてきたんですね。

 どれだけ焦っても、その時期にならないと会えないものです。

 悩みながら、待ちながら、色々あったと思います。

 そういうことを考えると、子供が生まれるって凄いだなぁと改めて感じます。

 




 予定日まで、あと8日。

 最後の準備をして、世楽と会えるのを待ちます。




※ 妻が、「乳酸たまったかも。」と言っています。

  それって、散歩のレベルではないような・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧