WEDDING

古民家パーティー(2)

 夫です。

 古民家でのAさん夫妻の結婚パーティー(後編)です。


=============================

 妻の司会により、中庭で結婚パーティーが始まりました。

 まずは、「みんなで作る」ウェディングケーキです。

 ゲストそれぞれの名前が入ったクッキーをケーキに並べ、その他飾り付けも。

 セラも含め、子供はこういうのって大好きですよね。

 クッキーを並べたり、スプレーを散りばめたり、ベリーを乗っけたり。
 わいわい言いながら作っていました。

20151128_3







 スタートはAさん夫婦の挨拶から。

 そして、ここで突然の「人前結婚式」の敢行!

 (Aさん夫妻は、先に北海道で挙式をしていますが、改めてお披露目も含めて)

20151128_5

 そこでもAさんのスピーチは、とても熱く愛情あふれるものでした。

 普段は飄々と見えるAさんからすると情熱的で、私も感動しました。

 セラはまだよく分かっていませんでしたが・・・(そりゃそうか)。


20151128_6
 そして、ウェディングケーキに入刀。

 その後は、もちろん、ファーストバイトをしました。








 中庭でのイベントが終わると、座敷に入って食事スタートです。

 トップバッターは乾杯の音頭で、私の出番でした。

 セラの手を引いて、いそいそと前へ。
 「どうも、司会のつまばっじおから紹介いただきましたほしばっじおです。
 えぇ、司会は私の妻です。」
 どかーん。

 よし、とりあえず、最初の笑いは取れた(笑)。

 あとは、流れのままに喋りました。

 前職でのAさんの姿、フットサルでのAさんの活躍・・・。

 最後に、セラにバトンタッチ。
 「それでは、みなさん、グラスをお持ちくだしゃい。」

 (声が小さすぎて、何故かブリッコの喋り方になってる・・・・)
 ま、ともかく、乾杯の音頭はつつがなく終了しました。








 セラには、お子様用の弁当の形で食事を用意していただきました。

 緊張が解けたのか、腹が減っていたのか、セラはハイペースで食べ始めました。

 私の前にはウメッシが座り、隣は新婦側の大学友人。

 サプライズのブツを配布しきれていなくて、ウメッシに任せていました。

 古民家とあってか和食中心で、どれも美味い!

 が、ウメッシはサプライズ担当のため、あまりビールを飲めず、でした。

 台本を今頭に入れるというので、プレッシャーをかけ続けていました。

20151128_14









 友人インタビューのトップバッターは、ブリキマンのIさん。

 妻のフリは「足元は苦手だけど、トークのスキルは超一流のIさん!」
 フットサルチームなのに、足元苦手って・・・(笑)。

 しかし、そのフリどおりに、流れるようなトークで「とりとめなく」喋るIさん。
 さすが。

 そして、妻の締めは、「Iさん、可愛いお嫁さんを見つけてくださいね!」
 どかーん。

 会場大爆笑で、妻の方が一枚上手でした。







 その後、Aさん夫妻は各卓を回りながら、歓談タイム。

 衣装替えがないので、常にAさん夫妻は会場にいるスタイルです。

 サプライズの準備を卓上でやっている人がいたりで、ハラハラドキドキ。

 目の前のウメッシは、何度も台本を確認していました。

 セラは、ひとしきり食べると「おなかいっぱい」と言い、プレゼントされたシール遊び。

 向こうの卓では、ブリキマン組が女性陣と楽しくトークしていました。

 あぁ、ワインも頼み始めちゃったよ(笑)。







 面白かったのは、プロフィール紹介です。

 各フェーズで呼ばれた友人にコメントをもらいながら、新郎新婦の歴史を辿るもの。

 司会(妻)は、冗長にならないようにさばきが難しいと話していました。

 が、各友人のコメントも多種多様で味があり、全く退屈しませんでした。

20151128_7
 







 終盤には、Aさんからのサプライズで、新婦母→新婦への手紙。

 「こういうの僕ダメなんですよねぇ。」
 と、のっけから目頭が熱くなるウメッシ。

 おいおい、この後サプライズだから泣いてる場合じゃないぞ。

 という私も、手紙の内容に目頭が熱くなってしまいました。








 が、ここからが出番。

 手紙の後にAさんが最後の挨拶をしたところで、司会(妻)からのアイコンタクト。

 「行け」

 よーし、ここで空気を変えるぞ。

 「ちょっと待った――――!!」

 ブリキマンのメンバで手を上げて、ガラリと空気が変わりました。

 「おーっと、ちょっと待ったコールが来ました!」

 司会(妻)が煽ります。

 そこでウメッシが満を持して前に突入。

 「代表の皆さん、プレゼントを前に持ってきてください!」
 なんだなんだ、の騒然とした中で、10人が前に集合。

 次々とAさん夫妻にプレゼントを渡して、ササッと撤収。

 「Aさん、これが何か分かりますか?」

 ここから元営業マンのウメッシの(結局アドリブ)トークがさく裂します。

 「これは子供の誕生日ケーキのときに挿すキャンドルとメッセージです。

 10年分あるので、10歳の誕生の時まで使えます。

 いいですかぁ、いっぺんに使わないで下さいよ。

 1年ずつですからね!」

 おぉー、というどよめきと共に、拍手の嵐。

 ウメッシ、うまくまとめました。

20151128_12
 (実は、ウメッシの結婚式で10年ボトルという似たサプライズをやっていました。

 そのため、このサプライズの趣旨を最も理解していたのがウメッシでした。)










 というわけで、Aさん夫妻の結婚パーティーも無事に終了。

 あちこちで、「あの司会はすごい、プロみたいだ」との声をいただきました。
 ま、プロなんですが(笑)。
 妻本人は、反省点も多々あったようです。

 それでも、Aさん夫妻も喜んでくれたのが何よりでした。




20151128_8

 最後は、ブリキマンでパチリ。

20151128_11

 家族でパチリ。

20151128_13

 Aさん夫妻も入って、オールメンバでパチリ。

 ブリキマン大活躍で、皆さんおつかれさまでした。
 そして、Aさん夫妻、ホントにおめでとう!!

20151128_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古民家パーティー(1)

 夫です。

 昨日は、私の前職での同僚Aさんの結婚パーティーでした。

 場所は、何と世田谷の古民家。

 The Salon 上用賀名主邸
 元は写真スタジオらしいのですが、初の結婚パーティー開催だったそうです。

 何ともAさんらしいセレクトです。

 私たちも初めてなので、楽しみにしていました。







 もっとも、ただ楽しみというわけではなく。

 というのも、妻は久しぶりの司会業を頼まれていました。

 Aさんは私にとって戦友とも言うべき仲間なので、私からもお願いしていました。

 育休中とはいえ、仕事となれば本気モードになる妻。

 ここ数日は、朝5時起きで台本を作ったりと準備をしていました。








 そして、待ちに待った本番。

 13時受付開始ですが、司会があるため、私たちは12時に会場入り。

 間違えて裏口から入ってしまい、舞台裏を見てしまいました(笑)。
 正面玄関に回ると、結婚式の定番曲「ROSE」の音が聴こえてきました。

 グッと身が引き締まります。

 とはいえ、入口で記念撮影。
20151128_15







 記念撮影をしているときに、入口付近でAさん夫婦と遭遇しました。

 お二人とも和服でビシッと決めていました。

 聞けば、双方の祖父母から借りた着物だそうで、古民家に調和しています。

 (私、蝶ネクタイで来てしまいましたけど・・・)

 中に入ってみると、緑も多く、古き良き日本の風景で、さすが写真スタジオです。

 妻が準備をしている間、私はセラと写真を撮りながら散策していました。

20151128_18

20151128_17


 セラは、私が乾杯の音頭をとるときに一緒に前に出ようと声掛けしています。

 そのためか、えらく緊張していたようです。

 カメラで色々撮って良いよというと、少し気が紛れたようでした。

20151128_19





 13時が近づいてくると、だんだんとゲストが集まってきました。
 ここで私のもう1つの仕事があります。

 「当然」サプライズを用意しており、そのためのゲストへの仕込みです。

 ブリキマンのウメッシも到着して、一緒に仕込みをしていました。

 とはいえ、今回のパーティーは、主役が最初から常駐という変わったスタイル。

 Aさん夫妻が迎えておもてなすため、常にポジションを確認。
 Aさん夫妻に分からないように、ゲストに説明し、ブツを渡す。

 実際はニアミスも何度かあり、少しバレてしまったんじゃないかな・・・。









 そんな中、ブリキマンのキャプテンとゴレイロは受付担当。

 妻は、中庭でマイクを握って、ゲストにアナウンスしていました。

 皆がそれぞれ仕事をしながら、ついに!パーティーがスタートです。

20151128_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚3周年

 夫です。

 今日は、私たちの3回目の結婚記念日

 NO残業デーでしたが、子会社の役員会のために帰宅が遅くなりました。

 会社を出たのは、既に20時半になった頃。

 どこかでケーキでも・・・と思って閃いたのは、東京駅のエキュート。

 おぉ、そうか、その手があったか!と。

 というわけで、急いでケーキbirthdayを買いました。







 が、外はあいにくの雨rain

 最寄駅から徒歩25分では、さすがに紙袋も雨で濡れてしまいます。

 最終的には紙袋が破けてしまいました。

 が、箱は無事だったので、なんとか家まで持って帰ることができました。







 ケーキは適当に選んだんですが、思いのほか旨かったです。

 カシス味かな、甘さと酸味で不思議な感じでした。

20130424

 昨日からセラの調子が悪く、咳と熱で寝付きも悪く、すぐに起きますcrying

 そのため、あまりゆっくりすることはできませんでした。

 風呂に入ろうとしたとき、妻が、「あ!シャンパン買ったんだった!」

 ・・・もう食べ終わって、これから風呂なんですけどshock

 シャンパンは明日のお楽しみということで。

 (スクールに行くので、明日も飲めるか微妙・・・)








 とまぁ、相変わらずの2人ですが、無事に3周年を迎える事ができました。

 この1年間は、引越しをして、妻も仕事復帰しました。

 3年前のこの日は、朝から表参道に両家の親と一緒に乗り込んだっけ。

 そういえば、この日も夜から雨が降りました。

 あっという間ですね。

 昨夜は、私1人で結婚式の時の写真を見て懐かしんでいました。








 4年目に向けて、妻は寝っ転がったまま「よろしく」と握手を求めてきました。

 リラックスしすぎ(笑)。

 でも、私たちなりのスタイルで楽しく過ごしていますgood

 皆様、4年目の私たちをどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの2次会

 夫です。

 先日7日は、Hさんの結婚式でした。

 Hさんは、私たちの結婚式のプランナーさん。

 また、妻とは公私ともに仲良くしてもらい、妻にとっても大事な友人です。

 というわけで、妻は、Hさんの結婚式&披露宴の司会をしてきました。






 私と世楽は、昼から留守番。

 そして、2次会に家族で参加するため、18時半に家を出発しました。

 









 外苑前駅に着いたのは、19時45分。

 妻と合流して、まずは近くのスタバで世楽の夕食です。

 終わってから急いで会場に向かいました。

 (それにしても、蝶ネクタイでエルゴ抱っこって・・・・)










 会場では、既に披露宴参加者が集まっていました。

 妻のウェディング仲間もいて、世楽を抱っこしたままひとしきり挨拶。

 まだテーブルに置かれているケーキをちょろっともらい・・・・・っておいおい。

 そうこうしているうちに、新郎新婦の登場になりました。

20121007_3

20121007_4

 
20121007_5










 入場のときから私たちには気づいてくれて、Hさんが横を通るときに「世楽ちゃん!」

 が、最近の世楽は、いつも無表情です(ごめんなさい)。

 私と妻は、「おめでとー!」としっかり声を出していました(これ基本です)。

 乾杯のときには、世楽の口にもシャンパングラスを近づけて怒られたり。

 即席写真館みたいなところで、何枚も写真を撮ったり。

 とにかく世楽には野菜とかイチゴを食べさせたり。

20121007_7

 
20121007_6










 そして、ウェディングケーキの入刀&ファーストバイト。

 何だか盛り上がって最前列でワイワイやっていた我が家。

20121007_8

 そのまま、宝探しゲームに流れていきました。

 「小さな星型のローソクを見つけた人にプレゼントがありまーす!!」

 ん??

 私の目線の先に、オレンジの星型のローソクが!!

 妻に、肘でチョイチョイとつついて、アイコンタクト。

 (はっ・・・・!!)

 妻もビックリして、もう手元のすぐ先にあるローソクに気づきました。

 妻がHさんと目が合って確認。

 (それ、一番いいプレゼントです!!)

 そーなんですか!

 今まで二次会でそんなにイイものは当たったことがありません!

 いーんですか!






 ドキドキしながらプレゼントの発表を待つ我が家。

 ディズニーチケットとか当たってるよ、みんな!おいおい!

 オレンジの賞品は何ですかー?

 「オレンジの賞品は、何と!!!!」

 はいはい、なんと!

 「SLAMDUNK全巻でーす!」

 おー!

 先生、おれバスケがしたいですー!

 (世楽の顎をタプタプしながら。)

 あ・・・・。

 妻が呆気に取られてる。

 やばーい、妻はSLAMDUNKを全然知らんかった!

 どうすればいいんだよー、ルカワー!










 というわけで、全巻持ち帰りは無理ということで、自宅に送ってもらうことに。

 パネルだけ持って帰ることにしました。

20121007_9

 パネルでゴリを指す世楽。

 絶対分かってないんだろうな・・・。

 ちなみに、妻は、登場人物を1人も知らないそうです。

 いやいや、全巻読んで泣かせてもらいますよ!











 ということで、スタートが遅かったので、私たちは早退しました。

 でも、私たちがお世話になったHさんの晴れ姿を見ることができて満足でした。

 世楽にとっても、初めての2次会でした。

 これからまた違った形でのお付き合いが続けられれば良いなと思います。

 Hさん、末永くお幸せに!

20121007_10

 (妻が作ったウェルカムボードもまた、渾身の一作でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幹事おつかれ会

 夫です。

 今日は、ぐっさんの結婚式2次会の幹事おつかれ会でした。

 集まったのは、五反田。

 ふたご本店です。 http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13110750/





 今回は、実質的に企画をしていた妻も一緒に参加です(もちろん世楽も)。

 世楽と会うのが初めてというメンバーもいました。









 いやー、しかし、ここの肉は美味かったです。

 何が美味いって、やはり店員さんが焼いてくれること。

 それは、「口に持っていくまでがサービス」という店のスタイルからでしょうか。

 妻が「うまーーい!」と言うと、どんどん肉が運ばれてきます。

 そして、ホントに美味かったんです。

 (みのがあんなに軽く噛み切れるというのも良かったです。)

Img_0113

Img_0107

 主役のぐっさん夫妻は、新婚らしく仲睦まじい様子でした。

 見ていて安心です。

Img_0121

 MCも参加して、久しぶりに色々と話ができて良かったです。

 妻も同じ業界の人ということで、話が盛り上がっていました。

 会社の同僚もいましたが、まぁ盛り上がっていました。

Img_0119


 世楽は、子供イスがなかったということもあり、あまり機嫌がよくありませんでした。

 ま、それは仕方ないんですけどね・・・。

Img_0117


 というわけで、ひとまずこれで2次会幹事もお休みです。

 また次にやるときのために、アイデアがいつでも出せるように溜めておこう。

Img_0129

Img_0127


 そういえば、世楽のハットを落としてしまったため、探していました。

 そうしたら・・・・ありました(笑)。

 誰か分かりませんが、拾ってくれた人、ありがとうございます。

Img_1789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっさん2次会3

 どうも。夫です。

 またサボっていました。ごめんなさい。

 というわけで、2次会幹事編、ラストです。






 


 2度目の歓談が終わると、そろそろ結びの時間。

 ということで、新郎新婦が中央ステージに出てきました。

 そして、2人からの謝辞かと思いきや・・・・

 「ここで1通のビデオが届いております。」

 キターーー!(≧∇≦)

 サプライズですよ、お待ちかね。

 驚く新婦、にやにやする新郎catface

 更ににやにやする舞台袖のワタシcatface

 










 今回は、新郎が花を摘んで、それで花時計を作り、新婦に届けに行く。

 そんな全体ストーリーですが、皆が出てきてダンスをします。

 ちょっと「モテキ」風です。

 ま、もちろん今回も妻の構想で、私が作業者です。

 でも、思ったより上手くいったので、非常にいい出来でした。

 会場の反応も上々。

 新郎が花を摘みに歩き始めると、「オオー!」happy02と歓声が。

 そして、ダンスをする場面では、皆から笑い声も出ました。

 曲調がさわやかなミドルテンポだったので、明るく仕上げました。

 ただ・・・・・新婦の弟さんが号泣していましたcrying(笑)。















 そして、ビデオ終わりで、その花時計を皆に見せてから、新婦にプレゼント。

 更に、その花時計に電池を入れますgood

 「2人の時をスタートさせる」

 そんな形を皆の前で見せるためです。

 針が動き出すのは遠くからは見えにくいですが、それでも意味のあるものです。

 皆からは拍手が起きました。













 そこからは、本当のラスト。

 新婦→新郎の順で、サンキューメッセージ。

 そして、皆でアーチを作って新郎新婦の退場です。

 最後はバタバタしたけど、上手くまとまったラストになりました。

 新婦の弟さんは、相変わらず号泣していましたcrying(笑)。




















 今回の幹事チームは、とてもやりやすいメンバーでした。

 が、途中でメンバーが抜けたり、そもそもスタートが遅かったり。

 私も3月末のパーティーが終わったばかりで、休みがありませんでした。

 でも、新郎新婦の喜ぶ顔を見ることができて良かったです。

 私自身も、今回の幹事を楽しむことができました。














 さて、これから少し休みに入ろうと思います。

 12月、3月、5月とコンスタントにやってきたので、少しゆっくりしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっさん2次会2

 夫です。

 2次会の続きから。

 歓談中は、とにかく幹事で次のイベントの準備です。

 音楽の音量が小さくて注意しに行ったり、景品を確認したり。

 MCと話をしたり、キャプテンと話をしたり。

 あっという間に歓談も終わりました。

 歓談が明けると、HIPHOPダンスのパフォーマンス。

 本格的なHIPHOPダンスで、皆が唖然としていました。

 が、後半は全身タイツの天使が登場してきて、一気に盛り上がりました。

 この辺りはさすがインストラクター。

 更に、ダンス続き(?)で、南京玉すだれショー。

 ホントの南京玉すだれを見るのは初めての人が多かったですね。

 あの竹みたいなものがどんどん形を変えていきました。

 しかも、マイクなし・音楽なしでパフォーマンスをするとは。

 最後は大きなハート形にして、新郎新婦のところまで持って行きました。

 

 ここからはゲームです。

 事前に皆に配ってあったメッセージカードを集めて箱に入れておきました。

 それをくじのように引きながら、当たった人にプレゼント。

 このやりくりが幹事にとっては大変で、いかに効率良く目立たずやるか。

 正にそのチームワークが腕の見せ所です。

 そして、そのメッセージカードを細長いビンに入れて、蓋をして。

 ステージに引っ張り出してきた台の上にある太いキャンドルに入れます。

 そして、ビンの上にロウを潰したものをさらさらとかけておきます。

 火をつけたトーチを2人で持って、ロウソクに火を灯します。

 ロウが溶けると、硬い蓋にになって10年後まで開けられないようになります。

 これがタイムカプセルになるんですね。

 皆、「おーーー」と感心していました。

 そして、ふたたび歓談に入って、これからラストです。

                                         つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっさん2次会1

 夫です。

 少しさかのぼりますが、日曜日の話。

 結婚式が終わった後は、2次会です。

 このパーティーは、私も幹事に入っていました。

 MCとカメラマンは、本人が引っ張ってきた人たちです。 

 その二人と幹事チームが事前にカフェで本番前最終MTG。

 そのカフェでは1ドリンク制でしたが、ゴネて3人分だけにしてもらいました。










 どれだけ用意をしていても、本番はあっという間に過ぎます。

 最初、新郎が入口から入場してきました。

 ゲストは2列(実際はグチャグチャ)になり、花を持っています。

 その花を新郎がどんどんもらっていき、中央ステージへ。

 新郎だけの入場です。











 さて、次は新婦の入場です。

 皆が入口に注目すると、なんとスポットライトが動きます。

 テラスのカーテンが開き、そこには新婦の姿が。

 新婦がどうしてもやりたいと言っていたサプライズ入場です。

 新郎は黒子の私に花を渡し、新譜を迎えに行きます。

 改めて新郎新婦揃っての入場です。












 その間、私は幹事コッシーと一緒に花を束ねていました。

 焦る、焦る。

 新郎新婦が戻ってくるまでに仕上げないと。

 ようやく間に合いました。















 中央ステージに来た新郎新婦は、さっきの花を使います。

 ブーケブートニアの習わしに従って、プロポーズの儀式です。

 新郎が、ブーケになった花を渡しながら、新婦にプロポーズをします。

 皆が冷やかす中、新婦はブーケから1輪だけ抜いて、新郎の胸に挿します。

 ここでみんなからの拍手があがります。
















 次に、ケーキカットに代わる共同作業ということで、「誓いの言葉」。

 みんなの前で、二人の結婚を誓います。

 これからの結婚生活で気をつけることを5個誓ってくれました。

 いやー、こういう言質の取り方は良い(笑)。














 実は、誓いの言葉には続きがありました。

 新婦から新郎に誓って欲しいこと5つの発表です。

 (新郎にとってはサプライズで、きょとんとしていました。)

 しかも、内容がどうであれ、新郎は「誓います!」と返さなければならない。

 そんなルールです。

 「さとぴーと呼んでも無視しない。」

 「誕生日にはレストランで食事を」

 など、心温まるものばかりだったので、新郎も楽しんでいました。

 そのまま新郎からウェルカムメッセージ。

 曲は、depapepeの「wedding march」です。

 若干長くなりがちながらも、無事に終了。

 その後に乾杯があり、ようやく歓談スタートです。

                                            つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっさん結婚式

 夫です。

 昨日は、会社で同じセクションの同僚の結婚式でした。

 自分の直ラインの結婚式というのは初めてです。

 そのため、身近で見てきた人ということもあって、感激もひとしおです。












 行く前には、毎度のことながらチーフやネクタイで迷いました。

 バタバタと出て、時間ギリギリに着くような感じで電車に飛び乗りました。

 電車を降りたら走っていかなきゃと思っていたら、おばあちゃんに道を聞かれ・・・

 こういうときに限って道を聞かれるもんなんですね。

 結局、同じ方面だったので、改札を出てからも一緒に歩くことになりました。

 










 ようやく会場(八芳園)に滑り込んで、すぐに式へ。

 神前式には久しぶりの参加でしたが、この厳かな感じもまた良し。

 最近はずっとキリスト教式だったので、とても新鮮でした。

 その後は、「八芳園といえば庭での記念撮影」です。

 天気も良くて、正に庭園での撮影にはもってこいでした。

201205141














 披露宴も少し変わっていて、新郎新婦が中央に座りました。

 いわゆる高砂ではなく、みんなが中央に集まってくるようなイメージです。

 料理も、2人の出身地(札幌、名古屋)の食材を使ったりと大満足の内容。

 焼きケーキの実演という面白いイベントもあって、飽きることなく時間が過ぎました。

201205142

 









 最後、私が涙をこらえきれなくなったのは、意外なシーンでした。

 二人が両親に感謝の気持ちを込めて花束をプレゼントするシーン。

 新婦の父親が口をへの字にして、涙をこらえている姿でした。

 私も娘を持つようになり、いつかこんな日が来るんだろうな、と思いが重なり・・・

 今まさに娘を手放そうとする父親。

 そこには、生まれてから今までの想い出が一気に巡っているんだろうな、と。

 何だか新婦のお父さんの気持ちが少し分かるような気になりました。










 新郎新婦がお互いをとても大事にして今まで進んできたことがわかりました。

 また、それぞれ大切に育てられたことも分かって、幸せな気持ちになりました。

 良いパワーをもらえた結婚式でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キレた、久々にキレた

 夫です。

 日曜日に会社同僚の結婚式2次会パーティーがあります。

 懲りもせず、また幹事をやっています。

 というわけで、一昨日、会場打ち合わせに行ってきました。

 場所は、白金台の八芳園。

 いわずと知れた超有名な式場です。








 当日は、私だけで会場に行ってきました。

 会場に着くと、すぐに係の人(Aさん)に通されて挨拶。

 とても感じの良い男性です。








 実際の会場は一度下見していますが、色々作ってみて最後の確認です。

 受付の場所や映像、ステージなど、1つ1つチェックしました。

 Aさんも丁寧に説明してくれました。








 そして、最後に、幹事の入りの時間を確認。

 18:15受付/18:45スタートなので、17:30くらいに入れると嬉しいところ。

 が、予想していない答えが返ってきました。

 「18:15受付は大丈夫ですが、扉は閉めたままで幹事のみが入れます。

 ゲストの皆さんが入れるのは、18:45です。」

 おいおい、皆は外で30分間も待たされるんかい。

 しかも、18:45に入ってこれるって、スタートは19:00になってしまうじゃん。

 「実は、17:30まで前の披露宴が入っています。」

 おいおい、披露宴なんて普通30分くらい押しますけど。

 「なので、送賓のお客様が残っていると思います。

 会場のチェンジをやりながら、幹事の皆さんに入っていただきます。」

 おいおい、バタバタすぎでしょ。

 話にならん。

 しかも、終わりの時間が21:00と思っていたのに20:45だと。

 おいおい、全体の時間をどれくらいで考えてんのよ。

 話にならん、まったく。

 










 というわけで、キレました。

 「話にならん。バタバタすぎだし、これじゃ全部組み直しになるじゃないですか。

 今持っているスケジュール表は捨ててください。

 間に合うかわからないけど、ゼロから考えないといけないので。」











 あまりの雰囲気にビックリしたのか、Aさんもあわあわしながら対応しました。

 「できるかぎり早めにオープンしますから。」

 いやいや、そういうことじゃないって・・・。












 というわけで、もう話すことはないんだけど、幾つか確認ということで席へ。

 何点か些細な点を確認していて、料金の話になりました。

 そういえば、この料理についても、幹事としては交渉していました。

 誰も食べない(飲まない)ものは外して、少し金額が下がらないかと。

 予算が厳しいのと、値下げ分を他に回して充実させたいからです。

 が、ここでも予想していなかった答えが返ってきました。

 「パッケージ料金なので下がらないんですよ。」

 おいおい、ただでさえ他よりも高い料金設定で、一蹴するんですか。











 で、キレました。

 「誰も食べない(飲まない)ものでも出して、その分お金をとるんですか?

 皆が満足できるようにこちらは一生懸命考えているのに、おかしくないですか。」

 が、Aさんはここは引き下がりませんでした。

 「お客様のご意見は今後の参考として承っておきますので・・・。」

 いやいや、今後のことなんて僕ら関係ありませんから。

 「あのぉ、僕らもサービス業に関わっているんですが、おかしくないですか?

 皆が要らないものを出してお金とって終われば良かった良かった、ですか?

 それって『顧客満足』をどう考えてますか、会社として。

 今までやってきた会場では、こんなことはなかったですよ。

 もっと僕らと一緒に良いパーティーを作ろうって考えてくれていましたよ。」

 そうなんです。

 今までの会場のスタッフは、もっと一生懸命でした。

 形式だけで良いパーティーなんて作れるわけないですから。










 結局、Aさんは料金については下げず、プロジェクター代のみ無料になりました。

 (もっとも、このプロジェクターが有償であることも後で聞いたんですが)

 何だか納得のいかない打ち合わせでした。









 もしかしたら、たかだか2次会でそんなに真面目になる必要はないのかも。

 でも、一生に一度の舞台じゃないですか。

 多くの人が新郎新婦のために集まって祝う。

 そんな場だから、感動させたいじゃないですか。

 僕はそう思います。

 そのために、関わる人が皆少しずつ無理して本気で作っていく。

 会場は沢山の数をこなしているかもしれないけど、その心意気を持ってほしい。

 そこがズレていると、どうしてもしっくりきません。








 久しぶりに大人げなくキレてしまったけど、とにかくゴールまで最後の詰めです。

 良いパーティーにしたいです。

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)